もと、郡都、巻で飲む

  
e0034554_6121741.jpg



 金曜日の夜、巻で飲んだ。

 というのは、和菓子屋わがせくしょんとおんなじ仕事をしているグループで「N痴呆研究会」というものがあり、年2回、各区輪番制で催されるものである。

 ということで、おいら初参加。

 平均年齢が高い。

 このせくしょん。

 しかし、そこそこ個性もあっておもしろいのではないか。

 さて、仕事の話はそこそこにして。

 「田舎って、やっぱり、こんな店が主流なんだー」

 
 砂付その1


 
e0034554_6231160.jpg



 砂付その2


 
e0034554_6242081.jpg



  「こういう店、いってないなあー」

  「そこそこの、こぎれいなレディーがいるのかなあー」

  「名前の由来が聞きたいなあー」

  「隣どおしにある2つのお店、表通りから中が見えないようになっていて、どんな喋喋が飛んでいるのかわからないしー」

  「喋喋どころか、毒ガや毒グモが巣張ってるのかもしれないしー」

 しかしながら、この地で飲むと、我が家に帰宅するすべがなく、そんなわくわく体験も叶わないと思う。

 ということで、まずは電車に乗り、内野駅に行き。

 せっかくなので、ホルモン焼き屋によって馬刺しとホルモンを食べて、無事帰宅したのであった。


 
e0034554_6293128.jpg



 不思議な郡都、巻放浪記。



.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2015-07-05 06:20 | どうでもいいこと
<< 幸福を実現するには 風景があとあと、何かの手がかりに。 >>