憂郷シリーズ「村の発展を考える」



e0034554_1343342.jpg


ふた昔前の年寄りの会話


 高速道路が通るんてぃやー   ひゃあー
 
 新幹線が走るんてぃやー    ひゃひゃー

 勇吉がシミズフードになったれ べんがいいなんねー
 

 ひと昔前の年寄りの会話


 かたのじんげばのとこ、プールができるんていやー  へえー

 子ろもが少ねて、木場の学校がねなるんてやー なーしたよー

 パーキング広がるんと、一号用水の先まで、田んぼかかるげられー
   あたったら、いーれもなー

 辰之助のかどに、コンビにができるんてぃや、板井もん(いてもん)が店だすげられー

新田にげんこつ亭ができた、としよりのアパートが川前(こーめ)にできた、愛一二三が歌手になった・・・・・

 
 ちょっと先の村人の会話

 小学校のあとね、でっけ歴史資料館がくるんてぃやー、  へえーどんげの
 はんぱねなってるガラクタ、あっちべたこっちぺたから集めてくるげられー
 ろくろべえの屋敷も、緒立からまた、もってくるんとー

 板井(いて)の釈迦堂(しゃかんど)あたりからこっちてに、野球場ができるれー
 
 板井(いて)の学校、ぼっこさんかったの、あれ野菜の直売所になんてぃやー、人も泊まられるよになるんてんでー

 おー、愛一二三の歌がうれったてぃやー ひゃー
 山岸先生、やっとあてたなー・・・やっぱブルースらか
 

   このコンテンツの結論にはどうなる、乞う、ご期待




e0034554_13435237.jpg


高速道路通った、万歳、新幹線が走った万歳、実際は高速と新幹線が通り過ぎる村になった。(高速は現在、試験的に出入り可)
店がふえて、買い物も楽になって、食堂もあって、田んぼも売れて、末期の宿も心配なくなって、百姓でなんぎしねたって、いーなっていう村自体がなくなって、
  
 ホントニクラシガヨクナルノカ・オウトウセヨキバモン

 

得意の番外編
e0034554_13443310.jpg

 中華のカトウ、ラーメン350円。市内の一等地にあって手打ち、味の素なし昼に麺玉がなくなり次第終了。かたくな。
e0034554_13444991.jpg

 古町の質屋「おくらや」老舗の看板である蔵づくりの屋根を残す。かたくな


   頑な(か・た・く・な)
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-02-03 13:45 | 木場のこと
<< 松の会、佐藤君を訪ねて母畑温泉に行く やたら若い命・・・ >>