なちょなる・なちゅらる


 
e0034554_2371675.jpg

  なちょなる

 古いとべちゃられるんだよ
 ならなくなりゃー当然粗大ごみだよ
 日にち間違えると、収集車も持ってかないよ

 仕事の途中に見つけた、なちょなるラヂオ。津島屋のごみ捨てーしょん前。

 しかし、味のある刻印だねえー
 こいつで、玉音放送聞いたのかなー
 君の名はかじりついてたのかなー

 「輪廻・年輪」

 
e0034554_2323322.jpg

  なちゅらる

 この、くまんばち。
 幼少のころ、おいらはハチという生き物が刺すということを知らされておらず、そーっと近づき両方の手でパクッ。
 捕まえたーの同時に激痛、二度と忘れまじ。(万葉風言い回し)

 もひとつ。
 幼中のころ、カブトムシを取りに行くと、よくこの先客にでくわした。般若の面をかぶったスズメバチだ。あのアルビカラーに黒いストライプはいただけない。
 朝方の4時、木に登って電気を照らすとハンニャだもん。
 こうわぇー あいねばー ふぁがっとうん!(映画のセリフ風言い回し)

 なちょなる・なちゅらる。どちらも語源は一緒、自然から。だから土人原住民はねいてぃぶさ。

 
 たらたらと 花金なのに台所 泡盛あおり メイルながめる (575.77にぴったりだ)

 四十肩 五十肩とも 言い切れず われ四十五の たより近しき・・・・ こいつも短歌にぴったり

 ・・・・今日のおれ なにやってんだろ もぐれたげ 明日は知らんぜ 寝るわ12時


 こいつもぴったりだ。 あー しばらく休肝しよかな
[PR]
by kbmn37gnkds | 2007-06-22 23:59 | どうでもいいこと
<< 6月23日 豊穣の海 6月21日、早朝の雨 >>