2007年 06月 18日 ( 1 )

運動会、1位だってさ。


 
e0034554_21255419.jpg


  日曜日は、黒埼地区の運動会。

 広域合併の余波、小学校の統廃合のつけ、力量不足の自治会取りまとめ役(隣村など)、PTA系統の一部の文句たれにより、参加チームは12から8へ。

 もっとも、愚鈍・意固地なところが残ったというのが現状。

 さて、上の写真は祝賀ムードの木場地区公民館。なんと優勝、リレーそうなめの状態で喜んでいるのです。
 となり村の最強ライバルがいない中、おいらとしてはさびしい。好敵手なくして切磋琢磨はありえない。・・・と思っている。悪いが白けてしまう。

 地元に残った公共的な組織・団体はこの状況をしっかりと見てほしい。

 この行事のほかに、大人から子どもまで、1年に1回顔を合わせられる機会はない。
 もし、農家だらけの時代ならば、即水あらそいである。
 もし、力量不足の自治会長が出たならば、隣の地区はだめばっかりで、役所に言いつけてやるがはじまる。・・・とおもうのだが。

 枝豆の出荷もそうだが、お互いの目あわせは大事なのである。

 

 さて6月17日。まったく違う話題。
 運動会の裏番組、いろはの誕生日でもあるが。

 長年連れ添ったシロが、こっそりと息を引き取った。
 土曜日の散歩は、途中で歩けなくなった。ご飯も食べなかった。
 鎖をはずしてやる間もなく、こときれていた。

 思えば10余年前、命を拾われたんだよ、あんたは。
 メスに生まれた時点で薬殺だったところ、色白ゆえにオイラに拾われて、代わりにあんたの兄弟が西の国に行ってしまったんだよ。
 白いからシロと名づけたのはりんといろはだよ。

 それぞれが、犬という家族に別れを告げる。
 ばあちゃんは、お経をあげた。
 りんは帰宅後に、別れのあいさつに行った。
 朱鷺子といろはは、墓穴ほりを手伝ってくれた。
 朱鷺子は今朝、最後の土葬を見守ってくれた。

  「上に石乗っけていいの、重くないの?」
 
 そうだよなー、言葉がなくて目印といったけど、今分かった。

 「シロの上を、足で踏んづけることがない様にさー」
 e0034554_22143447.jpg
[PR]
by kbmn37gnkds | 2007-06-18 21:35 | 木場のこと