カテゴリ:木場のこと( 188 )

風景があとあと、何かの手がかりに。





 木場の村。

  風景があとあと、何かの手がかりに・・・・と、なるかも、知れないので。


  定点写真撮っておく。



 
e0034554_220566.jpg


 上組、山際さんねんの前。下水道工事の魔の手が、ここまできている。

 


 
e0034554_221883.jpg


 割烹勇吉の前。おいらが結婚式をしたところ。

 当時、すでに割烹などで祝言するのは×一ぐらいしかいないので、先代のおやじさんに、

 「うちでいいんですかーほんとに」

 と言われた。




 
e0034554_2212634.jpg



 永井床屋さんまえ。てつきん、こんくの3階建て。




 
e0034554_2214045.jpg


 ご存じ、木場銀座、コンビニ前。

 ここで、よく、ノンダクレル。


 
e0034554_2215850.jpg


 
 長屋商店前。むかし、学校の隣で文房具屋さんと、駄菓子屋さんしてた。

 しらんろっ。


 
e0034554_2221097.jpg



  ご存じ、廃校になった小学校跡地。

  いわゆる、廃墟。

  名ばかりのバス停が残っている。



 
e0034554_2222050.jpg


 新田部落入口付近。

 もとの屋号、さんぼうやのあたり。

 すけみもいなくなったし。



 
e0034554_2223221.jpg



 最後は、わたなべネジ工場のあたり。

 たまに、くまがでる。


 動画で撮れば簡単なんすけど。





.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2015-07-02 22:12 | 木場のこと

亀倉プロジェクト・・・取材


  亀倉家にこれまでの報告と、写真を探しに出かけてきた。


   会長の大谷さん、つる五十嵐さん。おいら。


 
e0034554_14375992.jpg


 パネルになっていたものがあった。

 町で企画した時、前に使ったものだと思う。

 お借りします。


 
e0034554_14392484.jpg



  古いアルバムから、バシバシ撮る。


 亀倉家の人々のこと。

 越佐工芸協会の設立。

 芸術家としての親族の生き方。


 亀倉家長男の奥さんからお話をいただいた。

 

  次回は。

 その縁で、見附のお寺様に嫁いだ娘さんのところに行くことになり。

 その縁で、東京で写真家したり、出雲崎で陶芸された人のギャラリーが大月の山中にあることを知り。

 探索のネタは尽きない。

  
e0034554_14444480.jpg



  「ヘイユー マッテテネー」


 展示会場の囲炉裏にて、カギ付けがそう申しておりました。

 (以前の記事はこちら)


e0034554_14482237.jpg






.

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2015-06-27 14:46 | 木場のこと

亀倉プロジェクト



 
e0034554_648872.jpg


木場小百周年記念誌 木場小学校百周年実行委員会 昭和47年

越後木場城 青木宏 昭和39年

越後木場の郷土誌 木場の郷土誌編集委員会 昭和50年

閉校記念誌木場もん  新潟市立木場小学校閉校記念事業実行委員会 平成16年

蒲原平野に生かされて 青木きい 平成16年

木場の四季 富所侃 平成21年

黒埼地名考 大谷一男 平成26年

木場、みずつち亀倉プロジェクトにあわせて、読んでおくべきもの。

  町歩き案内人ガイドとして・・・・・・・・・・
[PR]
by kbmn37gnkds | 2015-06-24 06:48 | 木場のこと

満行寺、鐘門落慶、先代の3年忌法要

   
e0034554_7441036.jpg



   
e0034554_7442518.jpg



   
e0034554_7452466.jpg


  満行寺、鐘門の落慶法要が営まれる。

  村びと、信者が5000円の会費を持っておときにつく。


  
e0034554_7564874.jpg

 

   続いて本堂では3年忌法要。

   京都でのお勤めとおんなじように、両脇にお勤めの僧が座る。

   座るときは、京都とおんなじように、扇子をパタンと投げ落とす。

   門徒には、門徒らしいところがあって、焼香は2回投げ込むだけとか、村人こぞりて飲むとか、変なところがある。

 変なところついでに、

 「おやっ、まさかあー」

 役僧に、新たな人が入られたと聞いていたが、あのHさん。

 不動産の営業活動が長く、黒埼や白根で大層働かれた御仁であった。

 「退職を機に、お寺様の資格を取得して・・・・」

 Hさん。

 「60ちかくになっても、お経って覚えられるんですかー」

 おいら。

 「小さい時、母親に連れられてお寺に行ってたから、しょうしんげぐらいは覚えてた」

 とのこと。

 ははあ、おみそれそらしどー。



 おまけ。


 
e0034554_757323.jpg



  足がいうことをきかず。

  それでも参列してくれて。

  ごぜんのおとうさん。

  石に腰かけて法要に参加する。




.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2015-06-15 07:54 | 木場のこと

水土プロジェクト、会合あり

  
e0034554_6451312.jpg



 ポイント1

 この木場に暮らした亀倉という彫金家・作品を通じて、どうやって木場村像を見せていくか。

 水と土と潟と泥の歴史の中で、古い地図、米軍航空写真を使って、どんなふうにして郷土を知る機会とするか。


 ポイント2

 村の人に、関心をもってもらわなければ、なんだあいつらになるとうこと。

 水土芸術祭というもの自体が無駄という風潮に対して、この村の企画は自らの発掘作業でありたい。

 台湾とか、なんとか大学の建築家という奇抜なオブジェ、いわば「よそものの芸術祭」と違うこと。



 そのために、古民家を使って「村の財産」「村の様子」を知らしめ、かつ町歩きの村版、村あるきを企画し、訪れる人を土くさく招きいれること。

 そんな打ち合わせが昨日あったということだ。

 8月のお盆過ぎから9月のシルバーウィークまでの1月半。

 おいらは、村歩きの案内人の役目と、古民家の番人を買って出る。




.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2015-06-12 06:47 | 木場のこと

村の運動会2015

  2015年のむらの運動会が終わった。

  役員の特権で、写真を撮る仕事。

  あっちでぷーら、こつちでぷーら。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  じゃん。

  
e0034554_18584922.jpg





 
  けん。

  
e0034554_18591317.jpg




  ぽん。

  
e0034554_18594094.jpg



  という、とくに道具もいらない競技とかが、あり。





   ばかすか走ってきて、バイアスロンのような、息止めて的を撃つような大豆拾い。


  
e0034554_190469.jpg




  
e0034554_191022.jpg



 
  
e0034554_1912226.jpg




  
e0034554_1921049.jpg



  手の震えを止めてみたり。鉛筆もちをしてみたり。


  笑いを止めてみたり、茶化されたり。


  


  
e0034554_1942735.jpg



  
e0034554_1944195.jpg



  思わず力が入る、親子で綱を引く単純な競技があり。



 単純に走ればよいのだが。



 シーン1


 
e0034554_196877.jpg



 シーン2


 
e0034554_196263.jpg


 

 シーン3


 
e0034554_1965075.jpg
 


  動画ではすぐばれてしまう、人間がよろけて、転んで復帰するまでの動きを見たり。







 
e0034554_198173.jpg
 

  びんたてを、また下からのぞき見て。




 
e0034554_1982292.jpg


 ぽいん。


 
e0034554_1991334.jpg



 ぽいんぽいんと玉の静止画を撮影したり。
  



 
e0034554_1994097.jpg



  おいらは、こんなスタイルであった。


  

 2015付記事項


 いまいちだったのは、主催者側、防災組織が用意した消火器のちょろり。

 若者のション便のごとく、どひゃーっと放水しない、ちょろりタラタラではだめだろっ。

 水消火器整備不良。

 
e0034554_19133597.jpg




 
 おまけの雑感。

 お昼の飲酒をやめて、アルコールフリーにしたあたり。

 慰労会のテンヤモノの音波零度、酒の燗沸騰にも驚いている。

 時代は進化?しているなあ。

  (去年の様子)


 (もひとつこちら)



.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2015-05-18 19:15 | 木場のこと

村の運動会2015



 とりあえず、1枚だけ、のつけとく。

 
e0034554_16132919.jpg



  なんたって、これから慰労会。

  だし。

  帰宅後は、グテングテンだろうからね。



.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2015-05-17 16:14 | 木場のこと

亀倉プロジェクト・・・探索編



  
e0034554_1228550.jpg



  
  
e0034554_12282015.jpg



  見つーけた。

  亀倉作品、昭和50年版。


 村に、こうした工芸がどのくらいあるのだろう。

 探索していく作業が始まった。




.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2015-04-11 19:27 | 木場のこと

亀倉プロジェクトあり

  
e0034554_13395022.jpg


  かつて村にいた亀倉蒲舟さん(かめくらほしゅう、経歴はネツト参照のこと)の彫金を発掘するため、あるプロジェクトが動いている。

  和菓子屋さんの社長が、4年に一度の「水土」予算をつけてくれたので、木場の村と、戦前・戦中・戦後の時代背景と、金属工芸・農家の道楽などをテーマに、村のすべてを探りたいと考えている。

 このプロジェクトを進めるにあたって、村に亀倉作品が、何点眠っているか、どの時代のものがあるか、などなどを調査すする必要があり、先日村の役員会にて、このプロジェクトのプレゼンした矢先、区長さんがいうには、

 「うちにあるのは、宇吉だと思う」

 というので、五十嵐善松氏と区長さんのところに、さっそくでかけてきた。

 ちなみに区長さん宅は、お寺とも親戚で、土蔵が2つあるぐらいのおおやけである。

 「宇吉発見!」

 めでたいモチーフ、鶴が彫ってある。

 「昭和10年代、戦前だと思いますね」

 五十嵐氏。

 「金屏風もあるぞ」

 区長さん。

 まあそれは、次会ということで。

 さわりとしては、宇吉第一号発見で幸先よいスタート。




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 その後、氏と我が家によって、次回のプロジェクト展開を検討する。

 その前に、我が家ののは・・・・

 座敷に脚立を持ってきて、ほこりまみれの額をはずしてみると、

 「ああー、宇吉だっ」

 亀倉蒲舟は、雅号蒲舟を名乗る前は宇吉だった。

 

 ということは、我が家のものも、もしかすると・・・・・・・

 第2号発見!




 
e0034554_13533785.jpg

 

 はやくも急展開。

 木場の村の歴史、木場の村に住んだ芸術家。

 その価値を認めていた農家、村人。

 土着農耕種族にあって、洒落をも楽しむことができる村を形成していたと考えると、おいらは、わくわくするのである。


 

  ちなみに我が家の参考出品

 
e0034554_13585093.jpg


 
e0034554_1401192.jpg



 硯。

 ふたの表は小川英鳳、中身は山口県赤間石の硯、手仕事は寺尾さん。

 うちの先々代は、記録としていろいろと書きこむことが好きな人で、こういった骨董の発掘作業には文字という足跡を残してくれていて、けだし大助かりである。

e0034554_1441911.jpg



  コツコツと書きためたもの、おいらのブログも、是非次の時代に役立ってほしいものであるが。

 
 無理かあー・・・・・・・




  ちなみに。
  
  旗本盗掘男の素顔はこうだ。

 
e0034554_1452378.jpg



  ※今回の写真は、すべてくだんの五十嵐善松氏からいただいたものである。

    最後の1枚も、けして自分撮りではありません。

    作家風の濃淡写真、レンブラント風になっていて、気にいっている。

 (くどいけど我が家の歴史








.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2015-04-05 18:13 | 木場のこと

農活開始!

 
  
e0034554_17333486.jpg



  泥の長靴、作業着。


  トラックの荷台。



 
e0034554_17342594.jpg



  村のねずみの毒まきがはじまった。


  (去年はこちら


 
e0034554_17351896.jpg



 
e0034554_17353031.jpg




 今年は天気がよくて、いかったな。

 2.3日前は、こんな状態だったのがウソのような、ピーカンだった。


 こちら。


 
e0034554_1738163.jpg


 なごり雪、3月12日の様子。



 今日のピーカン天気と大地のオブジェ。

 どうでー。

 
e0034554_1759462.jpg


.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2015-03-15 17:39 | 木場のこと