「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新潟,考


 親愛なる黒中柔道部が全国大会にいくことになった。まずはめでたい。
e0034554_14464689.jpg

   
 いつまでも鳥獣保護区の新潟県。スポーツ後進県。
 厳しい冬と向き合って暮らしている割には「のっぺり・おっとり」である。おれもか・・・・

 さて,柔道部の活躍が新聞に載って,「一本背負い」に見せられてひさびさ図書館で「柔道部物語」を借りてきた。黒埼出身,姉の同級生,小林まことの作品である。
 1988年の作品だけどおもしろい。登場人物の苗字が新潟県人,それも黒埼系が多い。監督は五十嵐・柔道部には鷲尾・村井,対戦する高校には,下山田高校,木場工,新商の別名葦原高校など。風景描写も海岸がある新潟市になんか似ている。
 いま,三冊読んだところ。あと七冊ぐらいある。楽しみ。
 8月19日から,高知県で中学校柔道の全国大会が行われるとのこと。行ってみたいなよその国。

 新潟考
 漫画,新潟ローカル,意外といい。
 ウインドの上手な人たちが,セイルに「402LOCO」新潟っていれてた。
 木場の若手農家の会「ZEGO」が南小の学校田管理をまかってる。
 オレンジウェーブ,アルビなんかもその1つ。

 こう考えてみると,独自文化が十分育ってて,東京通信一辺倒でない顔が見えてくる。
 道州制って議論出てきたけども,どうも属さないし,属したくない。

 おれ自身,新潟の自然,人,好き。ただし冬はいただけない。やっぱり,冬場はマウイ暮らしをあきらめず,夢追っている。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-07-28 14:47 | 越後の国のこと

駅前留学の君へ

e0034554_1511612.jpg


e0034554_1514841.jpg

 (新潟駅前,台北駅前 イーストアジア)
 
 新潟の駅前まで夏季講習に通い始めた,麟太郎。どんどん縄張り広げてけー。

 いつまでも,うちでたらたらしてても,らちあかない。
 馬鹿は,塾にでもいかんと人についていけない。
 勉強しても馬鹿だったら,お父さんはあきらめる。
 標準・一般的・低価格な高校にいってくれ。
 そうすれば,その先が開ける

 駅前だろうが早稲田だろうが台湾だろうが,どこへでも,こっちから押しからがしてやる。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-07-27 12:20 | 家や家族のこと

わが,悪しき血統

e0034554_14275757.jpg

 正午過ぎ,手術は無事終了。

 我が家は,先祖代々「だっちょう」持ちである。
 先代の芳男,先々代の芳忠,私もこれに悩まされた,純粋なるだっちょうサラブレッドである。
 妻いわく,大迷惑な遺伝子とのこと,わが母も,私が小さいころは,しょっちゅうだっちょうがでると大野の医者に走ったらしい。
 脱腸という病気は,力入れたり踏ん張ると腸が下にさがって出てくる。泣くと余計ふんばるので,始末に終えない。ちんちんの袋が腸が下がると,たこの頭のようになる。

 麟太郎もいろはも手術した。
 まさかと思ったが朱鷺子も遺伝してた。
 医師いわく,「昔は大人になると腸が発達すると下に下がることはなくなる」といわれてたが,今回の医者は,「先天性だからさっさと切ります」だと。

・・・・・・・ということで市民病院で本日手術実施。

 十数年前,青白い顔の麟太郎を思い出す。泣かさないようにって1才になるまで我慢してさ。

 妻も母もいらん苦労を経験している,正真正銘,「悪しき血統」である。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-07-26 17:33 | 家や家族のこと

PTA行事あり,雑感。

この休み,ひさびさ梅雨休みで仕事たんまり。土曜日は田んぼの草刈,日曜日は,中学校の庭木選定作業といろはのバスケット部保護者交流行事があって,体ばらばら状態。
e0034554_10144425.jpg


 庭木の剪定教室での一枚。いい写真が撮れたとおもっています。講師のまなざしと,見入る観衆が,新潟日報ぐらいのレベルと自己満足。
 自分がかかわっている環境整備部の事業だったので,盛況無事に終わったことに感謝。記事がきをPTAブログにしておきました。

 さて,おれのブログに書きたいことは,現代人,同世代を含めて,どんなに小さい庭でも,また隣地との間にも,一本も木が植えられていないのだろうか,庭木の手入れ必要なしなんだろうかっていう疑問。
 長尺剪定ばさみで,松をきのこの傘のように平らにしても,松っていうやつは,びっしり込んでしまって翌年ひどい目にあうんだよ,皆さん。(職員玄関前の松,来年見ごろです)
 カイヅカイブキは刈り込み過ぎると,はげますよっていうこと。

 さて,おれの庭木との関わりはこう。

 父親は農業一生懸命で庭の剪定はプロにまかせっきり。松をいっぱい植えたのも父親。ちなみにその先代は,草取りはするけど木の手入れはしなかった。
 おれの代になって,庭師の支出17万円が毎年出て行くことにどうも納得がいかない。裏のだめ松で練習したり,公民館事業で松の木剪定講座を企画して,自分で学んだ。だめにした松は自分で切りたおした。今は,自分で剪定して気に入った木だけ残して手入れしている。
 だから皆さんにも木や庭を愛してほしい,日本の庭園を理解してほしいなと思っている。

 年寄りになって,自分で手入れができなくなると木を切ってしまう年寄を見る。その次の代は,そこをコンクリートにして草も生えないようにしてしまう。その次の世代は,木や庭のないマンションに住んで,窓からの景色をお金で買うだけ。

 「新潟県・みどりの100年物語」・・・・笑っちゃうほど程遠いぜ。

 おれは,家を見ると同時に庭を見る。苦労がわかる。風格,品格が見える。成金は字のごとく,成金の庭には立派な木は生えてないし,アンバランスなでっかい灯篭があったりして,偽者っていのがよくわかるのさ。

  得意のぐちが出ないうちに,この辺で。オブリガード。

e0034554_13522188.jpg

 こんな雑誌に踊らされてさー家つくる人多くてサー,虫が出てきたらさー,逃げ出すやから。
 自然に憧れながら快適なエアコン生活夢見るやから・・・
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-07-24 07:50 | 家や家族のこと

7/19は山岡鉄舟の命日

 今日は,山岡鉄舟の命日にして,一九会道場命名の日でもある。

 詳しくは,一九会のホームページを見ていただきたい。

 この一九会の修行,おいらの中では,今まで生きてきた中で,もっとも忘れがたい,苦しい修行体験だった。
 
 20歳,大学の合気道部に所属。体力には自身あり。
 初学修行の内容は,3泊4日で泊り込み,朝から晩まで3日間,正座のまま背中,ひざ,ほっぺた,全身殴られっぱなし。全身腫れだらけ,歩行困難,朝昼晩に麦飯の食事,寝るまで横になること禁止。大声で呪文を繰り返す。

 1日目,はたきがいがあると思ったのか,見込まれたのか,引退したOBまでおれの背中たたきに来た。1日目の午前中で小豆色の血尿が始まった。声がつぶれた。

 2日目に背中から出血,赤紫の鎧をまとった昆虫のようになる。1日目の途中にすでに脱走者あり。玄関に鍵がかかっていて,貴重品衣服一切を道場に預けたまま,どこに逃げたのか。前の日,寝言でうなされている大人だった。
 過去に,警察に駆け込んだ人もいる。殺されかけたと訴訟を起こした人もいた。
 一回目の修行で逃げて,二回目受けた先輩がいた。

 わが合気道部は,この修行を終えないとOBになれないのである。

 2日目の途中に,一緒に入った亜細亜大学合気道部の男が,休憩時間にぽろぽろ泣いていた。強力に殴られて,くやしくて泣いている。おれにはもう,悔し涙も出なくなっていた。
 
 無我夢中で,3日目を迎えた。痛みは限界を超えると,どうでもよくなる。
 あと半日,おれは持つのだろうか,自問自答で数時間が過ぎる。
 おれ,皮かぶってるだけ,体全部べちゃってもいいや,と思った。
 心だけ,強く持つことだ,頭狂わんでいれば,かた輪になってもいいやと思った。

 そしたら,3日目の夕方,修行途中に肩たたかれて,別室に呼ばれた。
 初学修得、修行の終わりを長(おさ)から告げられた。
一度脱ぎ捨てた体を、また着たいと思った。

 このときは,うれし涙が出た。

 その後,初学修行が終わったもの全員で,直会(なおらい)でお神酒を飲む。
 鬼のような,おれをいじめてた連中が,がんばったとねぎらってくれた。

 道場から解放される瞬間。
 玄関の鍵が開いた。星空だった。自分の足で歩ける自由を喜んだ。笑っても殴られない喜びを感じた。しゃべっても叱られない自由を感じた。

  人間,どってことないは,ここで、少し学んだ。おれ20歳。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-07-19 17:10 | 自分のこと

梅雨どきの焼き鳥

e0034554_848778.jpg

 同じ,やきとりでも,盛り付けでこんなに変わるものかと感心し,写真に収めた。
 梅雨時のじめじめ・むしむしはやっぱり,焼き鳥に生ビール。


e0034554_8485282.jpg
きゅうり漬けを20枚ぐらいにして切ってくれと頼んだら,ぴったり20枚。
さすが,村さ来の現場と奥の息,ぴったり。


e0034554_8481722.jpg

梅雨時,雨上がりの朝。また次の雨雲がやってくる。田んぼに肥やしやる間がないじゃないか。
 いつもの年なら,毎日クーラーの部屋に逃げ込んで,ビールは1日2本やっつけて,シャツは朝昼晩着替えてるんだけど。
 つくづく思う。新潟の梅雨は7月からで,バケツに入れてまとめてやってくる。

  おてんとさん,連日のバケツリレーはね,庶民の消費が伸びないんだよ。
  すいかも尻がくされるんだよ。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-07-18 07:49 | どうでもいいこと

風景写真もいい

e0034554_14415651.jpg

 風景写真のような心の状態で,本日,課長および人事課あてに,異動希望を提出した。

 今度で3回目のチャレンジ,特技の欄に「農業園芸全般」と追加しておいた。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-07-14 14:41 | どうでもいいこと

戦国の歴史と金子君を訪ねて「京・近江路」

e0034554_9303222.jpg

京五条の橋の上にて,金子君と再会を果たす。

 7月8.9日,実際は7日夜出発の2泊3日のツーリング。旅のテーマは,京都上洛,戦国の歴史,焼き物の里「信楽」へ。

 
<以下旅の概要>
 7日夜,歴史にゆっくりと触れるには,できるだけ早く滋賀県に行かねばと,仕事を終えてすぐに高速道路を飛ばす。
 午後11時,賤ヶ岳手前で土砂降りに遭遇。逃げ込んだサービスエリアの軒下,でテントを張る。この日のおそい夕食は,豪華枝豆漬物セット。飲み物は焼酎のお湯割り。お湯は,売店のお茶サービスコーナーから,ふんだんに活用させていただく。
 同行の山本は,ワンカップを立て続けに数本飲み干してる。かれの愛妻からの差し入れ,巨大焼肉をほうばる。

 8日朝,トラックがうるさく,やはり寝ていられない。この日,意外とピーカン。
 5時に出発,一路賤ヶ岳古戦場の麓にむかう。登頂後,今度は小谷城へ。その後,長浜の街を散策。昼食は長浜ラーメン,とんこつ味大盛550円なり。彦根に移動し,国宝天守閣に,登山賃500円を納付する。汗引く間もなく,こんどは安土町に到着,信長の城塁あとを登って,汗噴出しっぱなし。

 次のテーマ,焼き物の里,信楽へ。山本,窯元で焼き物談義。おれ,瓦町並み見学。山本は盃を1つ買いこんでた。
 「自分には高い品物だが,世間一般で,この品物にしてこの価格は,ほんと安いのよ」と納得している。いろんな盃集めてる。
 一路,宇治市から24号を北上。7時過ぎ,京都にたどり着く。宿屋はオウムのアジトのようなところ。とまとげハウス。すべて,なしなしなしでエアコンのみありの部屋。(眠るまでに虫は出てこなかったのが不思議)

 近くの銭湯に行った後,仕事を終えた金子君と待ち合わせ。手には缶ビールをもって・・・・・(上の写真に至る)

 金子君と,彼の後輩(※かれらは板前)の店「天」にて,さしもりをご馳走になる。
 京といえば,「はも」「とうふ」「あまだい」など,我々がうんちくを呪文のようにつぶやくと,出てくるんです。これが。ほんと,おいしくいただきました。
 あとは焼き鳥屋にいって宿に帰宅する。全員ちどらー。金子君,終電タイムをおおはばに過ぎているため,同泊する事に・・・・ところが,
 夜中,金子君トイレに向かうも朝まで帰ってこない。恐る恐る,翌朝電話したら,部屋がわからなくなったとのこと。確かに,午前1時37分前後に着信が3回残っていた。しかたなく,タクシーで伏見まで戻ったとのこと,無事でよかった。しかし,相変わらずである。

 9日,猛暑の中,北野天満宮を参拝し,学問向けお守りを買う。
 京都をでて,高速に乗る。長い長い帰路である。

 福井県北部,武生市あたりで,バケツひっくりかえって,土砂降り。これ以降,ただ,しがみついているだけ。いつもいつもの7月第二のツーリング,雨の物語でしめくくりとなった。
 

(写真,小さくしたので見たけりゃ,クリック)

e0034554_17142037.jpg
羽柴秀吉,柴田勝家の戦い,賤ヶ岳登頂。ご存知,加藤清正ほか賤ヶ岳七本槍。その残党めらが,おれのひじと首,刺しやがった。・・・・・・・うー,かゆー,やぶ蚊のやろー




e0034554_1712098.jpg
小谷城あと。浅井長政居城。車止めから本丸跡まで10分。歩かず景色眺めて勘弁する。遠くは琵琶湖。





e0034554_9504697.jpg徳川四天王の一人,伊井万吉から幕末の大老伊井直正の居城。
彦根の二人。結構の石垣のぼってやっとのこと登頂。天守閣自体はたいしたことないけど,石垣はみごと。写真は彦根ボランティアガイドの娘さん。




e0034554_9535211.jpg
織田信長の夢のあと,安土城にのぼる。石垣だけが残っている。途中にあった鬼瓦を写す。約10分程度ののぼりで,金比羅様にたとえると,半分ぐらいというところ。今年の秋から,ここが有料になるとのこと。どうでもいいです,もう登ったし。二度も登らないから。ただ,願わくば,えげつない観光客よせにしないでほしいと願う。



<写真のつめあわせ1>
e0034554_1741523.jpg

・長浜の町並み。観光バスの観光客ガ多い。NHKが一豊・千代ブームだから

・宿屋の表玄関。京都にして素泊まり2,800円。中国人,ドイツ人の先客に,越後人2名が加わる。

・彦根とぽかり。汗拭きっぱなし。中身はとっくに無くなって水である。

・北野天満宮の中学生。やっぱりお受験の神様は強い。バスだらけ


<写真のつめあわせ2>
e0034554_175384.jpg

・信楽で見た置物,PTAの仕事やってるから妙に関心。

・さしもり。板前の世界では,先輩が後輩の料理を食べてやる(味見してやる)のだから,ただなんだと。おれたちまでもが・・・・ありがたい。

・翌日の朝食250円弁当店にて。中国人店員が,「まいど,おおきにー」っていうの,変じゃない?

・ガクアジサイ。賤ヶ岳登山道に山ほどさいてた。


 こうして,今年のバイクイベント,夏のツーリングは終わりました。
   秋もいけたらいいなあ。

[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-07-10 17:05 | 茶がらけ日記

やっと梅雨らしくなりました


 降ってきましたね。やはり。

 もうすぐ,ツーリングなのに・・・・・

 
e0034554_1610287.jpg

[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-07-07 18:22 | 越後の国のこと

躍動3点


 とき・ いろ・りん・・・・3点セットで,てぶれ全快。

e0034554_13364493.jpg

e0034554_13365681.jpg

e0034554_1337756.jpg

[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-07-06 20:34 | 家や家族のこと