「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

飛鳥2,来寇

e0034554_15553354.jpg

 仕事の関係で,港近辺を通ることが多い中,いつも北海道行きのフェリーをうらやましいと思いいつ,道路には,飛鳥Ⅱ来港との看板。
 近くに行くと,白い巨体がありました。ちょうど,万代太鼓の出航式典の最中,午後からウラジオにむけて,4日間のクルーズだそうです。
 船旅のよさは,なんたってゆっくり流れる時間です。なんにもすることがないので,しょうがなく遊ぶです。ただし,こういった企画ものクルーズは,ショウやご馳走や参加型イベントが盛りだくさんだそうで,あれよあれよの感激続きなんだそうです。・・よくわかりませんが。


e0034554_14504984.jpgこっちは貨客船の「ゆうかり」北海道行きです。倍率がわからんでしょうが,飛鳥は,相当引いてます。


 ヨーロッパ大好き人間だったころ,イギリスの南東部プリマスから,フランスのブルターニュ半島,サン・マロまで,船旅をしたことがあります。残念なことに,予約していなかったため,ベットルームがとれず,客室イスを横一列たおしてのつらい夜でした。
 あのとき,同行の前山さんは冷えすぎによる「痔」がでてしまい,私は持病の腰痛が出てしまいました。そんな寝方をしていたのは,恥ずかしながら我々日本人2名と,イギリスに出稼ぎに出ている黒人(たぶんフランス系植民地の人)の人たち。週末の往復に慣れている黒人の一人が毛布を余計に持ってきてくれたのも覚えています。
 「どうして,佐渡汽船のような雑魚寝2等室がないんだろう」「カーペットでも敷いてあればー」とつくづく思いました。
 一方,デッキ上部甲板では,白人たちがカジノやバーで一晩中騒いでいます。グッチやシャネルを売っているブティックもあって,小さな町になっています。翌朝,がっくり二人組の日本人は,とにかく温かい味噌汁のみたいってんで,ブュッフェでお湯をもらい,永谷園をいただきました。
 周りの人が,味噌のにおいに,過剰反応していたのは言うまでもありません。

 「これさ,これ,温まるうー」旅していることを実感する瞬間です。

 飛鳥のなかでも,羽振りのいい人とか,子どものプレゼントで,初めて外国行ってみるなんて人や,社交ダンスの帝王とかもいるわけで,お金のことを気にせず,時間も気にせず楽しめたらいいだろうなーと思いました。
 それにしても,暇人がいっぱいきてる。(乗客の身内かなあ)
 

e0034554_1559865.jpgこっちは空の港,新潟空港。

 今月,ブログ書きすぎ。ただ今記事数19件。はずかし・・・・
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-08-29 18:02 | どうでもいいこと

夏の終わり2

e0034554_10172792.jpg


 昨晩は,妻何を思ったかバーベキューがしたいとのことで,山本夫妻を呼んで,裏で飲みました。ホスト役の長男は,携帯電話を持つことになって,機嫌がよく,友人がもってきたガニを,うまいうまいと食べていました。
 夏のおわり,酒を飲まないと夜風も冷たく感じられ,蚊の襲来もなく,なんとなく,また秋を感じてしまいました。
 若いころ,夏の土日は,風待ちで必ずバーベキューしていて,車のトランクには,サラダ油と鉄板が常駐していたころが懐かしいです。年をとると,めんどくさいが先に出がちです。

e0034554_10165720.jpg

 お盆ころに近所の子どもと花火してた写真。
 手振れで,花火もぱっとせずお蔵入りの予定でしたが,朱鷺子は朱鷺子なりのつきあいがあって,花火のさそいの電話をするということも,何か妻の行動と似ていると感じた次第です。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-08-28 12:23 | どうでもいいこと

お宮の草取り

e0034554_12225965.jpg


 朝6時集合。木場地区の子ども会と,村の新田八割組合同の草取りが,おこなわれました。
 午前7時には,すべて終わり各自にジュースが配られました。(上の写真)
 この草取りは,今年で3回目になりました。村役からは,子ども会が入ってくれて大助かりと,好評のようです。高齢者組織しかない村には,子どもをだしに使って,怠け者の親を引き出す大事なことです。


e0034554_12231858.jpg 庄屋山際家から,先祖代々宮のもりをつとめる山際善平さん(右)
 このお宮は,上越新幹線と北陸自動車道がもっとも接近するところにあって,お宮と山際さんの家が,唯一はさまれて建っているところです。
 この間,約100メートルもないところですから,当然騒音もうるさく,生活の本拠地上空に新幹線や自動車が,山ほど走っているのですから大変です。

 当時,昭和50年代前後の,いわゆる田中角栄さんの日本列島改造論が実現した,二つの国家的プロジェクトにたいして,先代の宮守は,周りの皆さんが移転しても,宮守の役目があるとして,移転しませんでした。これは,すごいことだと感心しています。



e0034554_12442166.jpg 文政年間に寄進された灯篭です。だいたい200年は昔のもの。・・・などと感慨ぶかく,眺めていると,屋根の隙間から光がー。

 はつきりいって,ぞっとしています。どうか寄付金集めなどないように。村の特別会計で間に合ってほしい。どうやら,屋根地を張り替えないといけない時期になっています。屋根板がくさって瓦がずれていますから。

 ここで,エピソード1です。
 死んだ父が,村の副区長しているとき,役場が補助金で造成してくれるという,宮の森公園整備計画に対して反対を唱えたことがあります。
 (いちがいこきですから,しょうがないですが・・・)
 お宮と公園の一体感を出すために,お宮のささやぶを倒すということについて,それはだめだといった唯一の村役です。大方の村役と宮のもりさんの意見に対して父の論は,
 「風雨に耐えるために笹薮は必要」
 「風が強い地域でも屋敷森があるから,冬囲いがいらないで済んでいる」でした。
 道具好きで,なんでも自分で管理していた父の生き方を,今振り返ってみると,もしかすると「適」だったのかも知れません。


 さて,今年も,去年も,子ども会の役員ではない私に,山際宮のもりさんは,
 「ありがとう,今年もいいとこ終わったんで,解散してもいいですよ」っていうことは,

 おれを,宮のもりにしたいんだろうか・・・・・・・・・・・・?
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-08-27 12:52

秋味ちがい

e0034554_11461931.jpg


 昨晩,黒中のP行事で夜回りを実施。
 ごくろうちんで,板井の育成部奥様方から,ビールの差し入れをいただきました。

 すでに食卓では,だだ茶豆(この辺ではあまちゃまめ),北海道産の秋刀魚,沖縄産のもずく,鳥から,アジからなどが用意されておりました。
 私こと,44歳ということで,ささやかな妻の料理ですが,いつもよりは,彼女なりにがんばったほうだと思っています。感謝。

 さて,左右の秋向け商品。右がキリン秋味,麦芽3割増しの優れもの。左は,それを真似した,燦鳥の秋生。似すぎている。・・・・ただし外見のみ。

 ということで,板井の皆さんからの頂き物ですから,妻の胃袋に,しっかり流し込まれていきました。ちなみに,キリン秋味のビンタイプは,本日8月25日発売です。酒屋さんからは,先行して缶が届きましたが,本日夕方にはビン2ケースが届いていることでしょう。
 この秋味がでると,一気に稲刈りムードに入ります。

e0034554_11465055.jpg

[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-08-25 11:46 | どうでもいいこと

よく行く南会津,玉梨あたり

e0034554_13192211.jpg

 とうふ,なくなったぞー・・・との看板。以前は豆腐屋さんの看板など出ていませんでしたが,こちらの昭和村でも,看板を出したら,売れてきて,そしたら,お客さんになくなったっていうのが面倒になって,このての看板作ったんでしょうね。

 素朴な南會津の,金山町・昭和村。
 土曜日に,いてもたってもいられず,會津田島の底冷え町民プールの帰り道,いつものノスタルジック街道(私の一存)を抜けてきました。
 上の写真の豆腐屋さんがはやるのは,一番最初,玉梨にある別の店,「幻の青ばと豆腐」がヒットしたからなんだと思います。

e0034554_13345444.jpg

 玉梨の豆腐店

 この,幻の青ばと豆腐の出会い,20年も前のことになります。
 熱い夏の昼間。バイクで小休止したところが,この豆腐屋さん。当時は,都会からの林間学校民宿と,地元の豆腐屋さんだった。
 「とっからきたねー」と世間話。
 「いま一枚揚げてやるから」と,豆腐を油の中にどぶづけ・・・・
 しばらくすると,かりかりのとうふ厚揚げが出てきた。

 「うまい・うまい・うまい!」「エスト・エスト・エスト!」



e0034554_1319376.jpg
 こちらは近くにある玉梨の風呂です。村人の共同風呂です。
 湯温は45度に近くて,ありったけのたらいに水をためて,一気にぶち込んで,風呂に突入するといった具合です。猫舌,猫風呂のような,なみの人間は入れませんよ。この風呂との出会いも20年近くになります。

 この南會津,秋がまたよい。

 山間に煙たなびく,稲がハザカケされる,ススキが揺れる,耕運機が歩く,車なんかのいらない音がなくなる。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-08-23 18:27 | 自分のこと

くろさき祭り・その2

e0034554_1647367.jpg

 黒中応援団の面々。新潟ふるさと村お祭りステージに初参加。
 カメラをもって観客席に陣取ると,高橋団長が,こっちに向かって空手チョップしている。「おれかっ?」って自分の鼻を指差すと,うんうんと空手チョップ,「あぽー」。おれも空手チョップをかえして,カメラを向けると,この笑顔にありつく。
 
  いい野郎どもだー。


e0034554_16553173.jpg
 団員たちの背中。昔の男に比べると,今の男は恥ずかしがらない。こういう,しり込みしない面々は,好きだなおれ。



e0034554_16481737.jpg
 やかた竿灯のみなさん。巻のグループだったかな,女乗せてなくてよかった。こういう竿灯好きだなおれ。

 上に載るのは,鬼,悪霊で,最後には,みこしから振り落とされて,罪・とがが消え失せるっていうのが,神輿のシナリオだからさー。

昔,大学の学園祭で武道部連合で神輿一騎出してて,担がされた。上に乗る人命がけ,担ぐ人命がけだったから。担ぐ人1.2年。一生懸命かついでも,へこたれてても,着合いいれろって蹴られるわけさ。だから,ナヨっぽいのは嫌いなのである。
 一度に3人のったら,神輿もけっこうつらいぜー。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-08-22 08:31 | どうでもいいこと

くろさき祭り・その1

e0034554_16141372.jpg

 黒埼祭り,花火。
 編集してなんとか雰囲気を出した,へたくそな写真。鷲ノ木の大通川水門ごしに写す。

 この花火にも,裏方のみなさんの汗と力,そして寄付をお願いするオーナーあってのものです。でもいい花火です。土手という観客席,町の真ん中,幹線国道のすぐわきで,ずどんですから。
 ・花火のがらが落ちても,文句言われない場所
 ・新幹線の営業を妨げないところ
 ・黒埼に住むみんなが見れる場所(とくに北部の人たちへ)
 ・不発弾が出ても大騒ぎしない場所
 ・交通規制が楽な場所

 こうした中で,当時黒埼地内で,中洲の先端が黒埼になっててコンパスで○書いたら,尺玉上げられる場所が生まれたのです。


e0034554_16384630.jpg
 打ち上げ場所の写真です。8月10日に行われた,萱場の草刈風景です。くそ暑い中,スポーツ飲料に塩混ぜてがんばっていられました。


e0034554_16151837.jpg

 大野商店街で行われる民謡流しの一枚。 役場のもと娘さんたち。
 少しだけ編集を試みたが,「ありのまま」を伝えることが報道の基本ということで,一歩引いた構図で載せました。
 来年,支所から10人程度の連絡所に縮小される,わがもと職場。踊り子さんたちも,めっきり減ってしまいました。いつもは踊る課長さんクラスも,みな警備員になってしまって,男の踊り子さんはいません。とほほです。もと娘さんたちからは,
 「ブログ期待してますよ」といわれたものの,気に入らないカオになっていたらごめんなさいです。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-08-21 17:19 | どうでもいいこと

暑い,熱い,厚い

e0034554_15383451.jpg


 冷たい,ツメタイ,つめたい
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-08-18 15:38 | どうでもいいこと

晩夏

e0034554_8463437.jpg

 昨日も今日も,35度。もうすぐおれの平熱だ。羽虫大発生。きのうの夕方,田んぼに,殺虫剤まいた。お盆も無事終わった。今週,昼休みプール,通いづめ。屋外プールもぬる湯だ。
 
 知人が村松の川行ってきたと。いかったと。
 今年は,めずらしく福島の南会津に行ってない。
 昭和村の玉川渓谷,藤八の滝にいってスイカ。はたまた田島の町民底冷えプール。
 駒止湿原,峠の茶屋で岩魚とサイダー。玉梨の厚揚げとうふ,会津本名のさび湯で,真昼の混浴・・・・・・。いいとこだらけ。

 時,すでに晩夏。コメリ・ムサシでは秋の収穫商品がチラシに出た。あごひも締めなおすまで,あと半月,
 遊びが足りないと,仕事・勉強にも影響が出やすい。
 息はしっかり吐ききらないと,新しい空気が吸えない。

 ということで,会津も今しかないな,いってこよー。

                    

e0034554_11322456.jpg

 マウイ,自然の学校から写真をお借りしました。
 富士山より高い山「ハエアカラ」
 ここから見る風景は感動的。 この山を思うと,寒さでからだが震えてきます。麓から車で1時間少々,たちまちフリーズ状態。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-08-17 08:12 | どうでもいいこと

同級生の生き方

 8月15日,今日の新聞に,小学校時代の同級生の死が報じられた。

 ちょろけたやつ,見せ掛けの虚勢,高校中退したあと,三条のほうでやくざになった。気性は明るかった。
 美人の奥さんと,娘が三人いた。
 同級会では,出来が悪い親父に似ず,大学に行かせるといっていた。

 同じ木場の同級生に金貸して,そいつの家を取り上げたらしい。同級生の親子は,アパート暮らしになった。
 古町であったとき,ベンツのドア越しから携帯で,取立ての催促していた。相手は息のかかった店らしい。
 「いい女のいる店は紹介してもいいけど,高いよ」と真顔だった。

 おれらが小学校のとき,大将が児童会長に立候補しようとして,先生に止められた。おれが,責任者になって応援演説をしてやった。大将は児童会長になった。

 暴力団組織の中での権力争い,金の貸し借りが,殺された原因らしい。群馬の県境に投げ捨てられたらしい。

  肩で風きって生きる暮らしも厳しい。
e0034554_13472997.jpg

 とくに,葬儀に行くつもりはないが,ばじめての同年の,少し身近な人間の死にあった。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2006-08-15 13:29 | 自分のこと