<   2007年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

3月30日,年末年始

 
e0034554_8444982.jpg

 
 わび・さび

 年度末になりました。
 25日,ビニールハウス張り,種籾の準備。
 26日,小学校のP会計監査・中学校のP次年度事業調整。
 28日,満行寺伴僧の村上様,寺を辞して修行にでる送別会。
 29日,中学校のP会計調整会議。
 30日,役所早期退職の若林君送別会。

 能登輪島地震への職員派遣なども始まり,すこしバタバタ。
 新しい職場では,おれの机,年代物で廃棄処分。次の机(これも中古)がくるまでは,コックピットの配置もできず,道具も箱の中にまた,しまい込む。
 この土日に出る人が出あげて,来る荷物搬入あり次第整えに行く予定。

 たぶん,土日は雨。田んぼに草殺しまいて,真っ赤っかにしたいんだけど,そっちの作業は待ち状態。
 


 いずれにせよこの時期,仕事の整理,場所・物の整理,人づき合いの整理。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2007-03-30 08:28 | 自分のこと

大山の伝染病棟の話。


 昨日の記事ついで、昼ブラ会社界隈で、書き足しておきたいこと。
 
 病院山、大山台。
 今は公園と老人ホームになっているところ。実は、国立病院伝染病患者隔離病棟があったところなんです。

 
e0034554_21353100.jpg

 さて、この話の主人公は、おれの姉、雅子。
 死んだ孫ばあちゃんに抱きかかえられている人、姉本人。おれの生まれる前の写真。

 15歳で生き別れの実の姉、雅子である。

 ・・・・・ここまで書くと、さぞや悲しい別離の話と思いきや、おれ高校3年。 雅子大学生。
 姉が、この国立法定伝染病隔離病棟に収監されたときのことである。

 今から35年前。
 
 かいつまんでいうと、雅子、大学の夏休みに、友人二人でインド旅行に出かけ、1ヶ月。
 納屋に泊まり、川で泳ぎ、好きなもの食って我が家に帰省。いろいろ旅の話をしている日々。・・・・・・・やや?、下痢してる。止まらない。

 医者に行くと、「赤痢」。

 おれ、学校の授業の途中、先生に呼び出され、直ちに帰れとの指令。
 「赤痢って何?」
 「あのなー、イカのうち、赤痢になった人いたんていやー」
 「ヒソヒソー」完全に差別民。
 「やろー,ワシ鼻やろー、えらそうにーげんこつくれっろー」・・・(クラスにピンボケしている、わし鼻の男がいた、そのあだ名)

 それはいいとして、自宅に大急ぎで帰るにも、たまたまこの日は原付バイク、「ヤマハメイト」

 県道小須戸線を帰宅途中、なんと、国士舘出身体育教師,望月。高生徒指導部、体育教師の望月、当時のカローラリフトバックがバックミラーに映った。なんでこんなめぐり合わせ。・・・万事休す。

 精一杯のスロットルで50キロ。当時はノーヘルOKで,はげすっぴん状態。
 
 「バイク通学、どうか見つかりませんように!」・・・・南無八幡大菩薩。

 まっすぐ、正面を見たままやり過ごそうとしたら、横に並んで伴走車あり。
 もちのヤツ、しっかりと、目と目で愛コンタクト。

 「にゃーっ、見つけたぞーこらー、しめてやるー」って顔。現実的に万事休す。


  話は赤痢にもどる。

 家に帰ると、白衣の予防軍団。粉吹きかけてるー。
 家族全員外出禁止1週間。買い物もだめ。人との接触だめ。
 あらゆるところが白い粉だらけ、おれ、何にも悪くないのに自宅謹慎。
 
     これはひどい体験だった。

   その後。 ア、フュウ ウィーク レイター。


 しょぼんと、たった一人、隔離収監されている姉。
 いまどきの日本に、赤痢患者なんてだれもいないって。1ヶ月程度差し入れを運ぶ。

  あの時,
 家族ともみんな隔離といいながら、近所からけっこう食べ物運んでいだいていた。村とは温かいところである。

  「すっつらがん、おっかんねーわやー」
                   ・・・・・・当時の父。

 おれも、日常ワーク、普段どおりにパチンコに出かけていた。

 「あんつぁん、なんでも、おっかんねーてー」
                    ・・・・・・今のおれである。
                    ・・・・・・世の中甘く見がちである。

 もう1つの話。バイク通学してたこと。
 担任の先生と面談、

 「たまたまあの日、農作業があって、父に仕事頼まれてー」
 「いろいろ大変だ、」と、確か簡単に勘弁していただいた。ありがたい。
 バイクで免停、家庭裁判所で保護゙観察処分受けていて、まもなくのこと。毎月の反省文提出では、到底すまされないような危機であった。


 おまけ。
  その後、体育の望月が、保健の授業で脇にきて,おれの左手の人差し指見て、
 
 「そうとう、ヤニやけしてんなー」というので、
 「みかんの食べ過ぎでして、ほれ、皮が爪に挟まってるー」などといい、

 「にゃーつ」・・・例のアイコンタクトが出たー。

 当時、ショートホープ片手に、パチンコで、日々のかてを得ていたおれなので、指先がイソジン塗った状態にあったのだ。
 いわゆる,スモークフィンガー状態。

 
 木造校舎のような長ーい廊下のきしむ音、隔離病棟の一番奥、鮮明な記憶である。

e0034554_943283.jpg
 <最後に>
 姉本人は今3児の母。学習塾経営。
 山から滑落して、自衛隊へりに救助されても生きてるぐらいだから、赤痢なんぞは・・・・・・
[PR]
by kbmn37gnkds | 2007-03-27 21:36 | 家や家族のこと

3月27日、病院山まで昼ブラ


 今日も会社近辺を昼ブラ。
 ただし、大山にある妻実家まで仏壇まいりに行く用事もかねて・・・

 偶然というか、奇遇というか東新潟には、ナマラー縁があって、特に女つながりが強く、最後にもらった嫁も山ノ下の大山町。

 いつもの小路から、今でも松田聖子に似ていると思い込んでいる彼女の家を通り過ぎ、焼肉食堂「満腹」に到着。さっぱりうまそうな品物が思い浮かばなくて、思案しているおれ。

 「何にしましょ」
 「さーて、はてなー」 悩むおれ。
 「申し訳ない。さっぱり、腹が答えだしてくれない」と、腹をさすりながらしばらくして、
 「ワンタンメン」
 「はい、タンタンメン一丁」・・・・・・おい、違うってー。

  「未満腹」  「不満腹」  「肥満腹」


 さてその足で、疎遠になっている妻の実家に向かう。

 以前は。
 自転車やのおやじ(妻の実父)が生きているころは、なんだかんだ、連れて行かされ飲んだ。古びた自転車屋なりに、人情があって、お茶のみの常連がたむろしている店だった。


 嫁にもらうっていう初期のころ、あのじじ。おれ26歳か。

 「ビールは途中で注ぎ足されるの、でーっきれらて」と、タイミングよく断られ、
 「こんどこそ、どうぞ」といえば、
 「酒にする、酒燗せやー」などと、はぐらかされ・・・・。

 いま思えば、どんな不細工な娘でも、くれたくない、取り付く男は気にいらないと潜在的に思い込むものだなーと実感する。

 そんな時代も幾年月。めぐりめぐって山ノ下勤務。

 大山町に義母が一人住んでいる。
 
 「これからは、ぶらっとお茶飲みにくるからー」

 帰りは病院山を通り抜けて、坂を一気に下った。

 山の下という地名。本当は大山の下だからついたんだよこの名前。


  この病院山も昔話があるなあ!


   まいかー、次にしよっと。   クラシック・ヒガシック・・・・・・
e0034554_21161778.jpg


 追伸。
 妻の実家は自転車屋。
 北越製紙、日東紡績、新潟鉄工などの働き盛りのブルーカラーが、自転車に乗って通勤している時代。あの地区では一番の老舗だった。

 じじの死んだあと、自転車の店片付けるとき出てきた部品。
 「メイドインUSA、Okinawa」・・・・・・・・・すげー。

 じじが生前いってた口癖。

 「道が舗装されてしもて、さっぱ自転車がパンクしねー」

 「自転車屋なんか、何もうかろばー!」
[PR]
by kbmn37gnkds | 2007-03-27 20:59 | 家や家族のこと

雨と地震により,カウチポテト族になる

 日曜日,雨。
 午前9時過ぎ,地震発生。能登輪島付近。
 家にいたのは,りん,ばば,おれ。

 しばらく横揺れが続く。
 ずっと死んでた茶の間の柱時計のボンボンがなった。
 ゆれと振り子が同調したらしい。なにかオカルト的。胸騒ぎあり。

 出かけないほうがいいな,緊急呼び出しあるかな。

 確定申告しなきゃー。アダムスファイアー,もったいぶらずに最後読まなきゃー。
 パソコン環境直しておかなきゃー。くろぴーブログのPDFファイル作らなきゃー・・・などと。

 ひさびさ,カウチポテト族。温泉にも逃げず。

 たまにはいいかー。
e0034554_17141249.jpg




ひととおり,ポテトっぽい仕事終わった。所得税,38,200円追加納税いたします。お上どの。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2007-03-26 17:15 | どうでもいいこと

木場小学校最後の卒業生をもつ親の飲み会

e0034554_8431640.jpg


 大変長いタイトルになりましたが、参加呼びかけの案内もこんなでしたから・・・

 昨晩は飲み会。
 木場地区の中学3年生が無事卒業し、それぞれの道を進んでいく。親も疎遠になるだろう。子どもたちも変わっていくだろうってことで、そうならないように、飲み会を企画したのでした。

 司会進行 おれ。


 ①武井先生あいさつ
 「みなさん、卒業、おめでとう」・・・木場小学校時代から黒埼南へと、この地区では長い関わりとなりました。お世話になりました。

 ② 永井自衛隊員よりあいさつと1回目の乾杯
 「私こと、この4月から転勤になります、北朝鮮ではありません、高崎です」・・・笑いあり。

 ③ 佐野りょうたよりお礼のあいさつと2回目の乾杯 
 「これからもご指導ご鞭撻をおねがいします」・・・すばらしい。なみの大人よりまとまった前口上あり。

 ④ 歓談・・・だらだらと 
 おれの見た目、いまの女親はさっぱり動かん・・・ 先生に注ぎにこられる前にいけな。しゃべってばっかいねでさ。
 旗本のおやじが仲居さんがわりで、ビールが効率よく運搬された。・・・・ おかげで飲み代に足が出た。
 がきどもが、しばらく会場からいなくなった。・・・・勇吉のご馳走残して、店まで菓子買いに行ってたとは。このばかども。
 がきども、携帯のアドレス交換で下むきっぱ。・・・ということは、おれたち親は、きゃつらのメールのパケット代払うんだろう?
 
 ドコモのえさ、コドモのえじきー
 
 ⑤ 佐野おやじより一本締め 
 「長男の四十九んち終えて。みなさんの暖かい励まし、ほんとありがたかった」・・・しんみりと一同。でも最後はしっかり一本締め。

 ⑥ りんたろうの三三七拍子
  「よー、ちゃっちゃっちゃっ!」・・・・前ぶれなく、いきなりかよ、おい。

 ⑦ 記念撮影
 となりの宴会場ステージにて。次の日の法事のお膳をずらしてもらい、上の写真。
 ※写真ほしい人、ウェブ上から勝手にもってってください。また、大きいサイズの画像データが必要な方は、CDにおとしておきますので届けます。

 ⑧ 渡辺まいおやじの万歳
 あんまり、一同ゆつくりしているので、ほんじめの万歳をしてもらう。

 司会役として、一言。
 「この飲み会を、またやりたい。こんどは子どもたちが20歳になつたとき、コンパニオンを上げて、でんでんとやりたい!」・・・・大人から拍手をいただいた。

 あるお母さんから、 
 「コンパニオンなんて。わたしたちがいるでしょう。」
 
 「ババは、だめ」


e0034554_8363693.jpg 先生見送りの玄関にて。


e0034554_14124288.jpg りょうたのあいさつと乾杯。


(雑記)
武井先生、1万円の祝儀をつつんでくれた。気持ちをいただいた。紙に車代と書いて、おれ1万円つつんでお返しした。
飲み物代足が出た分、勇吉さんが半分にまけてくれた。

 ナントカ、助かった
[PR]
by kbmn37gnkds | 2007-03-25 08:38 | 木場のこと

3月23日,出港します。


e0034554_1416975.jpg
 
 午前八時,港から現場に向かうのであろう,作業船。

 久々の天気に,猫のごとく背伸びをする。

 山の下埠頭にて。

 となりには,車のドアを開けたままのはげロシア人男性。

 洋楽をガンガン鳴らしている。腰まわりがはだけている。車のブローカーか,磨き上げられたベンツである。

 「麻薬の取引かー」
 「少し,うさんくさいぞー」
 
 さて。

 もし,今の仕事以外に,就きたい・やりたいことといえば,こういったロシアや中国韓国などとの対岸貿易の仕事してみたいな。
 新聞には,東港のコンテナ輸送取引高があがっているとのこと。ロシア韓国新潟の三角貿易ルートが議論されている。こういう話,わくわくする。

 満蒙は日本の生命線っていっていた時代,新潟港は日本海側の拠点として,大賑わいだったって。

 貨物船で,向かい側に行ってみたいね。
 高速道路の下に捨てられる,洗濯機・テレビ・冷蔵庫持っていきたいね。その売れたお金で,一杯ひっかけて帰ってくるなんて,いいね。

 異国を感じる港に,出勤途中立ち寄る,本日の朝であった。


e0034554_14144293.jpg
 近くにある酒場の看板

 「しき」だって。看板の色あいだけはよく目立つ。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2007-03-23 12:36 | どうでもいいこと

3月22日,みかパン

e0034554_1533751.jpg


 仕事場近くのパン屋さん。
 今はちまたで有名になっている,なっとうコロッケパン。

 みかパンていう名前を知ってる人は少ないだろう。看板娘はいまどこに・・・

 さて,本日朝の通勤。
 高速道路利用により完璧。
 7.26自宅発-7.29ETC通過-7.38亀田IC-7.50栗木終点-7.53駐車場着-7.56着席。
 合計30分で余裕の動き。これさこれ。
 明日はあと10分,自宅発を遅らせてみる。


e0034554_1535919.jpg 
 こちらは持ち場の中にある稲荷様。
 あんまり挑戦的な狐顔に,レンズもひびり。
 
 「やろー,ガスよんでくっろー」
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2007-03-22 15:11 | どうでもいいこと

3月20日,転勤2日目

 
e0034554_13241583.jpg


  2日目の散策。やはり山の下市場へ。
 
  昨日と同じく,だんご屋で彼岸にちなんでおはぎを買う。100円。
  怪しげな食堂に入る。・・・やはり・・・・初老の女性2人の店。さっそく諜報活動開始。

  銭湯の定休日は火曜日。
  露天市場の休みは2のつく日。
  市場の店のシャッターが半分も閉まっているのは,廃業閉店状態とのこと。
  新潟鉄工がなくなってから,この辺はだめ。貨物船も東港に移ってからさっぱり。

  「転勤してきたので散策に来ました。」
  「そう,じゃあ○○所の人だね。」
  「するどーい」
  「転勤といえば,そんなもんでしょう」・・・さすが,でもあんたのところのラーメンに入ってるチャーシュー腐ってるよとは言えず,いろいろ教えてくれたから遠慮して,チャーシューとスープとねぎを少々浮かして残してきたよ。わかってほしいね。

  「鉄工所がここにあったときは活気あったよ,鉄工の診療所が遊び場だったよ」
  「鉄工丸っていう渡し舟がね,機雷に当たって沈没してねえ」
  

  2日目,人情にであうも,昼飯用いい店,いまだ発見できず。
  
  でも,少しづつながら,スリーサイズが見えてきた。


e0034554_13434785.jpg
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2007-03-20 17:33 | 自分のこと

3月19日,転勤初日


 
e0034554_11484463.jpg

 3月19日,新たな勤務地に初通勤。
 30分ほど早めについたので,車を止めてカメラを出す。
 ちょうど佐渡汽船が入港していて北海道行きのフェリーも停泊している。

 そう,この地域は船の港,空の港がある,旅情を掻き立てるロケーションなのだ。
 また,お昼の散策では,市場通りがあり,銭湯があり,本町に負けない風情がある。
 人情が残っている証拠に,だんご饅頭やさんが数軒あって,年寄りの信仰心,嗜好の違いが感じられる。
 当然ながら,初日にひとつ大福をいただいた。・・・おいしい。



e0034554_11533487.jpg

 ところが夕方・・・
 栗木バイパスにはまり,しんしんバイパスの数珠繋ぎにはまり,国道8号線でまたまた渋滞のわなにはまり,怒り心頭。
 渋滞と人ごみが大きらいなの,知ってんかー・・・っ。
 今度は行き帰り,高速道路使ってみるぞー。
 (初日終了,家族に乾杯みながら当然,深酒)
[PR]
by kbmn37gnkds | 2007-03-20 12:46 | 自分のこと

3月18日,寺泊散歩

e0034554_15231972.jpg

 中学校P役員の首荒いの儀式を計画し,寺泊までのプチ旅行とディナーに出かける。
 (写真左から,青木さん・前田さん・佐久間さん・と,おれ)

 良寛さまに縁のある寺泊の高台にて記念撮影。夕日の色,雲の白が気に入りました。ってんで,ひさびさ自分のブログ写真に自分が登場。

 この日,午前中は村の泥上げ普請で,吹雪の中の超ヘビーな仕事。
 しかし午後からは,昼風呂して,車の中でワンカップ2本のませてもらい,さらに寺町散歩,ご馳走をいただくといった,天国と地獄みたいな一日だった。

 泥上げ作業のあきれた様子は,昨年の記事と同じ状況なのでこちらを参照クリックのこと。
 去年との違いは,新たに近所の幼なじみ,宇佐の一春が増えたということ。親が隠居して代替わりってやつ。一人ふえるだけで会話も弾む,つらい仕事もぶーたれながらも,はかが行く。

 さて,話は戻る。
 今回,酒屋の前田さんがPTA引退っていうことで企画されたもの。
 呑んでたときの話。
 どっかの学校で,PTA会長と副会長がこの仕事が縁でできちゃって,ダブル不倫関係になって,PTA総会の当日にドタ欠だって。二人で妻子,夫を捨てて逃げたんだって。すげーっ。アンビリーバボーな話ってあるんだーと感心し,もしも,われらもそうなれば,一挙に2ペア・・・なんて考え出したら,大スキャンダラスになると,ひそかに思い,酒の肴になった次第。

 ありえないことはありえるという,統計学と確率論を論議する車中であった。
 「そういった,浮ついた野心が生じたならば,すぐに五十嵐まで報告するように・・・」


e0034554_15233873.jpg 
 帰りに間瀬漁港前の和食ダイニング「たくみ」さんにて,夕餉をとる。まーこれがメインか。
 お店自慢のしそジュース。


 同じ釜の飯をくうってこと,大事。
 3千円コースで一通り,先付け・お造り・焼き物・蒸し物・揚げ物・煮物・ご飯・汁・デザートつき。かに釜飯に変更した大食家2名あり。・・・・満足。
 寒梅の燗を頼んだら,これは冷で飲むんですよと呑み方を限定されてみたり。
 焼酎の割り方を聞かれないので,へんだと思い店の人にたずねると,酒にあった出し方でお出ししますといわれ。
 おいおい,おせっかい。腹と相談するのは,われわれだよ。呑み方まで指示されるのかよ。

 個人的判断では,酒の部・景観の部は不満足なり。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2007-03-19 15:24 | 自分のこと