<   2008年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ダブル青木の枝豆植え


 
e0034554_12504157.jpg


   連休。

   青木さんたちの枝豆植え。


 
e0034554_12512831.jpg


  やすらき堤を散歩する知らないアベックも、枝豆を植えている夫婦も、

   歩くリズムは一定で、のどかだ。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-04-28 12:51 | 木場のこと

静かに一点を見ていることが多かったな、本日


 
e0034554_22343141.jpg


  どうも気になっていた、苗の円形脱毛症。(写真)
  毎朝育苗ハウスに水を与えに行くのだが、確実にその枚数が増えている。

  ウィルス感染か、原因不明。
 農協の小林BMW営農普及員にお昼ごろやっと電話が通じた。

  「原因不明の籾殻病原菌です」
  ・ビニールを張り替えた年に出やすい、光線透過率が高くて高温障害になりやすい。
  ・ロックウールマットは、土と違って急激に温度が上がりやすく蒸れやすい。
  ・・・・なるほど。
 「いまのところ、対処する農薬もなく、とりあえず隔離しておくでしょう」

  本日1回目。午前中のマクロ的思案、苗の写真、インターネット検索など限りなく理科植物の勉強をしたのであった。


 
e0034554_22422150.jpg


  午後から、カーブドッチまでプレゼントワインを受け取りに。
  敷地が広くなり、今年は温泉掘削まで成功したというので、1口50万円のオーナーを募集している。
 なかなか、結婚式場とレストランと本業のワインづくりと多角経営である。

 昨晩から大人数の宴会で、いささか人間を見すぎた感があるところにくわえて、カーブドッチも大入り。
 
 本日2回目、午後からカールベンクス氏設計のドイツ風古民家にてたたずむ。トド妻、朱鷺子を追わずにいすに腰掛けること一瞬。

 
e0034554_22484636.jpg


  カメラが変わると、撮りたいが増えていて、今回マクロにはまっている。
  ファーブルかメンデルか、いささか最近、会議とか飲み会とかの人間を見すぎているとそちらに目が向いてしまうようだ。
 お昼はいすに座ったまま寝てしまっていたぐらい、なんかお疲れ。



  天道虫を撮っていたら、もっと小さいやつが横断していく姿を見た。

         
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-04-27 22:51 | どうでもいいこと

連休初日、チューリップ畑にて

 
e0034554_130531.jpg

 黒埼町大字木場字大南。

 新潟市になる前のこの場所のことである。

 地元の渡辺さん夫妻が花摘みをしていた。

 朱鷺子はそれをブーケにしてもらい、写真を撮った。

  春先、花が多い。

  花農家には、

  「灯油代が高けてがんね、球代にもならん、こんげな花なんかやめた」というタイプと、

  上記のごとく、花を摘んでくれる、少し心に余裕のある人と2とうりである。



 
e0034554_1352688.jpg


  さて。

  今夜は、昔の会社でお世話になった、小林GUNの退職を祝う会である。 

  
  風がやめば、3時ごろから雨だろう。しっぽりとがっちりとやってくるか。




  
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-04-26 13:00 | どうでもいいこと

連休前夜・カメラ、ニコンになりました。


 カラダも頭も、なんかお祭りモード。連休の前夜祭。

 会議2連投も終わり、よもやまの仕事・プライベート手配もいいとこ終わり、晩酌がゆっくりできていた。
 
 ところが。

 トド妻、バスの手配を勘違いして、いろはの部活遠征の送迎バスが出ないことになり、真っ青。タクシー8台か。

 旧知の新潟D観光バスに夜分に電話。なんとか事なきを得た。

 「うちの嫁の不手際で、社長にまたまた借りができたね」

 「そんなわたしこそ、何かとお世話になってましたから」

 ありがたいことである。

 
e0034554_2143356.jpg

  800万画素。
  青が発色が抑えられた感じ、さすがはニコンである。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-04-25 21:43 | どうでもいいこと

うどが食べごろ


 
e0034554_23204533.jpg


  一雨ごとに伸びる延びる。

 うどはうどなりに、成長していくだろう。

  「しん」があろうとなかろうと、おいらも息するために、また家族ほか誰かを養うために伸びていく。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・つもりだ。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-04-23 23:21 | どうでもいいこと

こいつだけは知らん


 
e0034554_2255263.jpg


  この戦士した人だけ、ようわからん。

  会津の旧道にて。

  (ここまでは日曜日のことのつづき)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

  本日。たわいもないことだが、またまたちらかり会議。村の仕事。

  全体を見通して、1時間なら1時間その倍ならばそれなりに、 シナリオを書く人書ける人がいない。

 末席にいると、どうぞ前のほうにっていうので、 「文句山ほどいうていいんかね」と念を押すと、「ええ」という人あり。
  「会議の趣旨・筋道と反省点を出し合ってから次に向けた会議を開始せよ」ってかいつまんで切り出す。
  
  そして、いろいろと毒が出てきた会議になった。

 主語述語目的語固有名詞がかけているが、おいらの日記としては、十分わかっていることなのでこのままにしておく。

  30人も会議に参加して、去年の資料をもっているのはおいらを含めて2.3人。
  この日の会議録、紙に控えている人いるのかな。
  
 ましてや説明する会議の中心人物が、何も持っていないのには唖然とする。
 
 
          オイラハ、ショッタレガキライダ。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-04-22 23:43 | どうでもいいこと

やっとこさ、1日逃げ出してきた。


 
e0034554_20545380.jpg


  日曜日。ひさびさの脱出、バイク。

山手の桜。鹿瀬の桜。

  山菜取り、お昼はおにぎり2こ。

  この日得たもの、ノビル、たらの目、こごみ、ふき。

  この日、夜12時までの訪問客と大方胃袋の中におさめた。




e0034554_20554384.jpg
 にゃんこ先生。めつきが悪いし挑戦的。
 みけっていう種別は、ねこの中でも特に態度が悪いと思う。



e0034554_2056516.jpg
 旧道の国道49号線の標識。
 古い集落の4メートル道路に、こんなのがあるとわくわくしていられない。
 こんなところを大型車両が通っていたという時代を思い浮かべて・・・・・。


e0034554_20565242.jpg
 山の中の優先通行はそちら。
 いつものおいらなら、そく乗っかってやるが、金になるものかどうか見極めてからということで、しばらく横断を楽しんだ。
青大将、ブルーマーシャルでは二束三文、手がくさくなるだけである。



e0034554_21572651.jpg

  昼食ポイント。

  正真正銘、道路がなくなってしまった先の棚田である。


  カワズなき、ホトトギスほととぐ、おいら寝転ぶ。
  
  うとうとする間に、目の前に羽虫集まる。

  ここでも休みはないのかあ。

  せっかく見つけた農道、それも1.5/10ぐらいの程よい傾斜付きなのに。 

  たらの芽とりとり下山する。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-04-21 20:57 | 自分のこと

4月19日 今朝の木場


 
e0034554_11145366.jpg
 
          今朝の木場。うちの裏から、弥彦角田を見る。
 


e0034554_11151371.jpg

   あわせて140歳、

   「 働く ハタラク 畑楽」 


e0034554_1116734.jpg

  いつまで寝てんだー
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-04-19 11:19 | 木場のこと

散りたきゃ、散ればー


 昨日今日と、散らかった会議に2本立てで出てみると、

 さくらの花びら散るまでにーっていうよりも、勝手に散らかれ!って思う。

  
  おいら。

  咲き誇る桜は、嫌いだ。

  人につられて咲く桜は、もっと嫌いだ。

  咲き際の勇気、散り際の潔さにこそ、桜たれ。

 
e0034554_083919.jpg


  みて見れ! この苗すがた。

 
e0034554_095047.jpg


  じのいろ変えるぐらい、散ってみれ!



   写真2点で、えにもう なっすいんぐせいうぃずあうと。

   

  

  
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-04-18 00:13 | どうでもいいこと

桜散り行く、人去り行く・・・そうかな

 
e0034554_23492229.jpg

 

   信濃川河口。やすらぎ堤の桜。

   ローアングル。

   桜散り行く、人去り行く・・・・娑婆はなかなかそうでもないらしい。


  昨日のこと。
  前々からうわさに出ていたわがお寺の役僧、M様のこと。

  どうもまた戻ってきてお寺の仕事をするらしい・・・・
 
  昨年の今頃だったと思う。
  もう一度、俗に戻って仏教・自分を見てみたいといってお別れ会があった。
  お寺をやめ、衣を脱いで東京で、一人暮らしをするという。

  しばらくして。
  今度のニュースは、なんとそのM様、今度は苗字を変えて村人になったとのこと。
  ということは、婿入りっていうことで村の娘と結婚、愛児宿る。

  「なんでまた」
  「早くも、出戻り、またまた不可思議」

  よくよくきくと、お寺の裏まで犬の散歩にきていた村の娘と交際があったらしく、東京の一人暮らしの間にも交際が続いていたという。

  まずが話、檀家としてはめでたいことであり、お祝いしたいわけである。

 ということで、昨日前田商店から仕入れた〆張鶴「月」シリーズを、さっそくお祝いにと、お寺まで持参したわけである。
  
e0034554_01397.jpg


  みやこまで 犬の散歩に 行く娘

        よくぞ出かした 村人ゲット!
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-04-16 23:37 | どうでもいいこと