<   2008年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

福島に出かける・・ことにした。


 くだんのおじさんライダーと、仙台の新しいジャンルの人と3人で、奥羽越列藩同盟を確認するため、あや、出羽がいないし・・・
 ま、とにかく山小屋に集まって歓談することになった、吾妻サミット。

 この週末。とにかく出かける。


 
  サミット   寂人    寒人    趣味人    作務人

e0034554_237504.jpg


  
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-10-31 23:07 | 自分のこと

かき・餓鬼・ガキ


 
e0034554_7393241.jpg

 かんのじょう


 
e0034554_740141.jpg

 じすけ

 
e0034554_7402522.jpg

 よげん

 
e0034554_74059100.jpg

 いちべい

 
e0034554_7411810.jpg

 きんのじょう

 
e0034554_7414128.jpg

 しちさぶろう

 
e0034554_742456.jpg

 木場小でも

  さっと家の周りを散歩するだけで、豊富な食べ物があり、それぞれの家が、もしものために、飢饉のために備えている姿がある。
 廃校の小学校でさえ、飢えた鳥たちに、食べ物を提供している。

 我が家周辺、柿が、もぎあんべである。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-10-30 07:46 | 木場のこと

わらしべ・長者

 本日。

 家に帰ると、ばあちゃんが、
 「善平さんが、酒とおふだ、持ってきたよ」と。
 この前の、八幡様の注連縄用ワラの、お礼にということだ。
 お宮もりから、ただの村人に、大事なお守りふだと越乃寒梅1本は、ありがたい。

 (そん時の記事はこちら)
 そういえば、この前も、隣組の旅行のチラシをつくったら、幹事の那須野さんから、これまた越乃寒梅をいただいていて、我が家の酒蔵は、端麗系統の酒が2本にふえている。

 また。

 今日の職場では、休みだった徳永さんがひょっこりあらわれて、とうふ・厚揚げ・油揚げ・がんもを持ってきて、みんなにおすそ分けとなった。 
 徳永さんの実家は豆腐屋さんで、親父さんがやっているのだが、何かの理由であまったという・・・・のだが、
 まあ、そんなのは余談であって、おいらは、夏の終わりごろ秋ぐちに、村の門外不出の枝豆、ごんぱち豆をプレゼントしたこともあって、特に、じきじきに、豆腐屋にある商品のあらかたのものを、山盛りいただいた。
 (豆腐の記事はこちら)

 それでもってまた、その油揚げ厚揚げをさ。

 仕事場から、自宅にはまっすぐ帰らずに、成人の集いにかかわっている徳永君宅と、この前、釣りたての鯛をいただいた、くだんのまえた酒屋に持っていき、お礼にしたわけで、
 まさに、わらしべ・食物連鎖・金いらず社会なのである。
 
 まあ、最後の金要らず社会というのはおおげさか、日曜日からの3日間に、香典が3つ出たので、財布は比較的、軽いのである。
 これも、よくよく考えてみれば、以前にいただいていたご厚志を、そのままお返ししただけなので、わらしべといえばわらしべであるが。

  なんか、今日は、えらくくどい、藁しべ文になってしまった。

 
e0034554_2064379.jpg

[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-10-29 19:38 | どうでもいいこと

成人式の仕事、面白くなってきた。


 
e0034554_22113963.jpg


  今晩は、成人の集い実行委員会3回目、いや4回目か。

  野郎どもも集まりだしてきて、面白くなってきた。

  おいらのサイドワーク。

  次あたり、野郎どもと飲んでもいいかと思う。そして、おいらの胃袋の強さと肝臓の黒さをみせつけてやろうと思う。




(追伸)
 職場では、異動希望申告の時期が来たので、今年は、去年徒労に終わった上申書写真つきのやつを、少し手直しし、パワーアップさせて提出した。
 課長も代わったし、どうせ、その上は見てないし。
 ただ、思うところを述べることだけは怠るまいて・・・・・
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-10-27 22:32 | 自分のこと

今朝のモス


 
e0034554_8302857.jpg


 日曜日。どんより。寒むい。

 表のチューが、だいぶ前から、散歩の催促で吠え始めている。
 おかあさんが添乗仕事で、早々起きたために、寝る子をおこしたようなもんだ。

 朝7時。

 「ときこー、チューがほえてっぞー!」

  ときこが散歩連れてくれてってくれれば、寝てられるー・・・ひそかな期待。

 反応なし、かすかにむにゅむにゅが聞こえる。

  やろー、寝たふりしてんなー

 「ときこー、モスいくかーあーあ」・・・・(小さめの声で)

 そく反応あり、

 「モスねーいいよー」

  やろー、間違いなく耳はおきていた。

 
e0034554_8304271.jpg


  アメリカ背高泡立ち草が、何気なく飾られている店内に、少し休まる。

  休日。高速パーキングの朝。

  横の客も後ろの客も、どこかに出かける途中の客。

  おれたちは、裏口からやってくる客である。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-10-26 08:47 | 家や家族のこと

PTA、リクエストしてもらう喫茶店のこと


 
e0034554_2048730.jpg


  今日は、中学校の合唱コンクール。
  そこにおまけして、PTA合唱団の参加と、そこにやってきた人たちが休む場所、とっておき喫茶店の日です。

 もともと、3年前。
 PTAの活動を知らせる作品展示と、お茶のみの場所をつくろうといったのが始まり。
 とっておき一品展(店)・70人70色のとっておきですという、開店当時の紙に書いた看板を、とうとう3年間使いました。

 あっという間です。
 
 昔のレコードプレーヤーとスピーカーアンプを持ち込んで音楽を聞かせるという企画も3年たちました。
 今年は、いつもの土田さんに加えて、児玉さんがレコードを持ってきてくれました。そして、店番こと、喫茶店のマスターもお願いして、お客さんが聞きたいという歌手・曲をリクエストに答えて、レコードをかけるという手法もありました。

 児玉さん、ありがとうございました。

 昔の聴いた音楽なんて、こんなときでもなければ出せないよ。

 よなー、そうだよなー。

  耳から、ノスタルジックな感動・・・・・・・・・・・・・

 (こちらには、その広報部から)

 (こちらには過去の様子を) 
(そのまた過去)

 3年間使ったポスターも、今年で中学校の役員が終わるので、我が家に保管することなく、在校役員に手渡しました。
 また、スピーカーとプレーヤーとアンプは、土蔵の奥地に片付けます。これからの出番は、たぶん、ないと思います。
 
e0034554_20134143.jpg

[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-10-25 20:49 | 自分のこと

あ・わ・だ・ち


 
e0034554_21104470.jpg


  めつきり、寒くなってきた。

  でも、ちゅうは待っている。

  しかたなく、散歩にでる。

  この前なんかは二日酔い気味で、やや、起きられないので、寝たふりしてたら朱鷺子が散歩に行ってくれたし。

  でも、このところの越後は、日中風もなくピーカン続きで、とてもミッドウインターなぞ想像もできないほどの、いい秋である。


  もう一騒ぎ、しなくっっちゃあー。

  



 e0034554_2111237.jpg

  最近のチューバッカ。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-10-23 21:50 | どうでもいいこと

もう一つの10月19日、日曜日。


 
e0034554_21112048.jpg


  古代米の選別に、娘二人を狩り出し。

  それも山登りを終えたあと。

  かこくな親父だよ。 

 
e0034554_21114313.jpg


 昭和26年の年代もの、とうみ。 フル木造。

 タイトル、宣伝文句がすばらしい。

 けど、うまく使いこなせない。

 風の力が加減できず、実の入ったモミまで飛んでいった。

 今週末は、脱穀作業と精米作業を行う。

 向かいの家から借りてきて、どんなにうまく行くかと思いきや・・・・・

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-10-21 21:10 | 家や家族のこと

10月19日角田山にのぼるくん


 
e0034554_17101353.jpg


 陽気がいい、10月の日曜日。
 たしか、去年の今頃もでかけたような・・・・。
 ただ、部活まっ最中だったいろはは、いなかった。

 ただし、今年は違う。受験モードの中3になり、ほんとうなら勉強なんだろうが、こんないい日に、家でくすぶるなんて、できないさ。

 ということで、弁当もって角田山へ。
 小学校区ふれあい協議会の阿部さんから、笹だんごの差し入れもいただき、意気揚々。

 しかしししかし、半年ぶりか山登り、えらくバテバテ。


 
e0034554_1710503.jpg


  食材たち。えらくレトルト。
  この前のツーリングの残り物なり。

 
e0034554_17103284.jpg


  ラーメンは永遠なり。

去年の様子はコチラ)
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-10-20 07:40 | 家や家族のこと

米粉パン料理教室

 中学校PTAの食育料理教室に参加してきました。

 
e0034554_19381163.jpg


 
e0034554_19385866.jpg


  諸注意事項が多い料理教室。
  でも、わいわいがやがやの料理教室。

  米の粉を小麦に似せて、「ライスブレッド」と呼び、イースト菌を加える。
  バターを入れて練る。
  パンに似せたパンを作る。

  「ナンとパンのまんなかみたいな食感」
  こんなあたりで落ち着いた。

  私は思う。
 この手間は、朝食には向かない。・・ご飯を炊くほうが早いしあったかい。
 本物のパンに勝てるか・・・・・ お菓子としてなら、甘みを足して。
 酒のつまみになるか・・・ならない、食中酒のワインにはなんとか合う。


 韓国のトッポギ、秋田きりたんぽ、白玉だんご、伊勢赤福、青木餅屋・・・・・・
 古今東西、イースト菌が支配するよりも、味噌とか酒とかの麹菌が活躍するほうがいいと思う。

しかしししかし。

 米粉を使うということは、食育においては重要だし、我が家からも、生産者農家として必然的に出てくる「くず米」も、これがうまく行けばなくなるわけだ。

 そして、鬼無里の老夫婦が、当たり前だが、水のない山間でそばを作り、ブームだといって、無理してそばを作ることもあるまいし。ましてや、信州全体がそばそばそばになっているような時代も、おかしいわけだ。

 昔でいうと、米粒が割れて出荷できない米とかくず米は、加工食品としてまた保存食として、笹だんごにでもして、腹減りどきに食うように吊るしておけばよいわけで、うまく行ってたなあ、その時代ってつくづく思う。

 さらに、その時代。
 なおも豊作ならば、大野あたりまで芸者遊びに出かけ、山ほど飲んで、狭いなりの交流が進んだに違いない。


 まーいいか。

 天気のいい、秋。市民会館にて。
 日中に、電気をつけてブラインダーを閉めつつ行う料理教室に参加した。
 おいらは、今朝一番に、先週刈り取った古代米の干した藁を田んぼからとり込んで貯蔵し、古代米を天日干しにして出かけてきた。
 
(おまけ)
 
e0034554_20331916.jpg

  
 私の料理教室・チームメイトたち。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-10-18 19:46 | 自分のこと