<   2008年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

火事あり


 
e0034554_19581181.jpg


  土曜日未明の火事。
  木場地内、上組、T宅。

  不審火だと。

  私の家の近くでも。
  同日同時刻、不審な消防車のサイレンを聞く。
  我が家前を、逆のほうに走っていく消防車。
  火災現場を特定しないでサイレンを鳴らしているから、みな火事はどこってなってしまう。

  真夜中の出来事であり、あわてるのも無理はないが。
  夜中に邪魔になるような車は、そんなにいないだろうから、風林火山のごとく、お願いしたい ものだ。

  記録として、載せておく。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-11-30 20:04 | 木場のこと

海岸散歩


 
e0034554_14333844.jpg

 
 まずは、柳田國男と並び称される、宮本常一という民俗学の先生の話から。

  上京の祭、父からもらった言葉より

  「民俗学の旅」

①汽車へ乗ったら窓から外をよく見よ、田や畑に何が植えられているか、育ちがよいかわるいか、村の家が大きいか小さいか、瓦屋根か草葺か、そういうこともよく見ることだ。駅へついたら人の乗りおりに注意せよ、そしてどういう服装をしているかに気をつけよ。また、駅の荷置場にどういう荷がおかれているかをよく見よ。そういうことでその土地が富んでいるか貧しいか、よく働くところかそうでないところかよくわかる。

②村でも町でも新しくたずねていったところはかならず高いところへ上ってみよ、そして方向を知り、目立つものを見よ。峠の上で村を見下ろすようなことがあったら、お宮も森やお寺や目につくものをまず見、家のあり方や田畑のあり方を見、周囲の山々を見ておけ、そして山の上で目をひいたものがあったら、そこへはかならずいって見ることだ。高いところでよく見ておいたら道にまようようなことはほとんどない。

③金があったら、その土地の名物や料理はたべておくのがよい。その土地の暮らしの高さがわかるものだ。

④時間のゆとりがあったら、できるだけ歩いてみることだ。いろいろのことを教えられる。

⑤金というものはもうけるのはそんなにむずかしくない。しかし使うのがむずかしい。それだけは忘れぬように。

⑥私はおまえを思うように勉強させてやることができない。だからおまえには何も注文しない。すきなようにやってくれ。三十歳まではおまえを勘当したつもりでいる。しかし三十すぎたら親のあることを思い出せ。

⑦ただし病気になったり、自分で解決のつかないようなことがあったら、郷里へ戻ってこい、親はいつまでも待っている。

⑧これからさきは子が親に孝行する時代ではない。親が子に孝行する時代だ。そうしないと世の中はよくならぬ。

⑨自分でよいと思ったことはやってみよ、それで失敗したからといって、親は責めはしない。

⑩人の見残したものを見るようにせよ。その中にいつも大事なものがあるはずだ。あせることはない。自分のえらんだ道をしっかり歩いていくことだ。

「民俗学の旅」にのっている教訓は以上であるが、『家郷の訓』・・・・・

 そもそも宮本の父は、貧農であり学歴もなかったが、旅を多くし、人格や知恵に優れた人物であったという。
当時は農作業が一段落すると、年に数回、行き先も告げずに一~二週間一人で旅に出かける人だったらしい。その多くの旅で得た知恵が・・・(以下略)


 ということで、ひとり海岸を散歩に出かけた。

 
e0034554_1434353.jpg

       橙色・・・・熟した柿


 
e0034554_14342511.jpg

       黄色・・・・朝鮮の劇物


 
e0034554_14344339.jpg

       水色・・・台湾のペットボトル


 
e0034554_14371187.jpg

       くさった橙色・・・・冷蔵庫の死骸


 
e0034554_1435154.jpg

       黒・・・・・・・・・・・・モアイ 

 
 
e0034554_14351063.jpg

       白・・・・・・・・・・・・大根のこん


  カシオのデジタルデジタルデジタリアン的色彩も、たまにはいい。

  散歩では、孤独なギタリストと大根を掘る農家に出会った。

  明治生まれの宮本常一は有名だが、その父親がまたいい。


  まつたくもつて、旅の10か条を実践したいものである。

  今日は5時から隣組の忘年会だ。
  だから、まつぴるまから、ブログなどを書いた。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-11-29 14:13 | 自分のこと

久々のカシオ


 カメラ、衣替え。ってんで、数年前のカシオ500万画素。エリクシウム。

 久々、カシオ取り出した。 払い下げてたのを。

 初日。

 夕方の宴会でバッテリーが切れた、・・・不覚にも。

 こんなもん。
 
e0034554_23087.jpg


 昨日の阿賀野川河口。今日は雨。
 こんなもん。
 
e0034554_2311531.jpg


 初心に帰り、写り具合を見直しながらステップアップに向かう・・・・・・
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-11-28 23:01 | どうでもいいこと

11月27日、カメラの話

  まずは、お昼のメール、往復書簡です。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
 
  1.ひさびさに来たメール、N女史から。

 お元気ですかー
 ( 陽水風で )

 すっかりご無沙汰してますが,なじですか?

 残業続きの今日この頃,たまには出雲大社しませう!
 いつでもOKですよ。
 東区も明日,忘年会のようですね。会場は何処でしょうか?
 我が区は伊勢丹7階の中華屋です。ちょいと想像できませんが。

 金鶴の生しぼり・・・というか「にごり」は冬の風物詩です。
 限定ものらしいのですが,飲み友のお兄様が毎年飲ませてくれます♪

  天神湯は「あっちぇすぎるっ!!」    

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○       
   2.そんでもって送ったメール、おいらから。

 おおつかれさん。

出雲大社って,いつでも退社ってことだったねえ。いつでも飲みに出れるってことだった。
すっかり忘れていた。はて、出雲のご神体は何だったかなあなどと考え込んでしまった。
「いつでも大蛇」ってのがぱっと浮かんできて,からみついてくるーなんて勝手に想像したり・・・

 実は,お昼に決まったのだが,向かいの新人さん、カメラ壊れたっていうんで、俺の譲ることになって,でも、買い替えするのに,新しいカメラがなんと5万円で,なんだかんだの差額が4万円。
 これを捻出するために,5回飲み会を断ることにしたんだ。それであちこちから飲み会にさそってくれと言いふらし始めたんだが,さっそくきたなあ。・・・と思っている。
 
 年内に、往復の交通費も含めて8000円クラスの飲み会を、5回断ると,あのキャノンがおれの物に。

 ああ,考えただけでわくわくする。

 今日,さっき誓ったばかりなのである。 したがって,飲み会は断る!

 断固として,原価でしか酒は飲まない。原価でしか料理は食べない。


  ー気の弱い、火吹男よりー

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 この夜のこと、帰宅途中。
 
 塾の迎えに行くと。
 長女いろは。

 「塾の年末合宿、先生から定員枠を分けてもらって、行けることになったよー」
 「何ー!」
 「いくらだったっけ」
 「6万円!」
 「2泊3日で6万てことは、1日2万円だよ」
 「温泉でドンちゃん騒ぎだよ」・・・・・・・・・・心の中で。

 帰宅後。
 その金あれば、ハワイ行けるよーってセールスすると、白い目の発言あり。
 「せっかくやる気になっているのに!」・・・・トド妻。

 明るい笑顔で、カメラ買い換えることにしたとはならなかった。

 
e0034554_2224324.jpg

  ニコンクールピクス、最後の写真。
  しばらくは、昔のカシオにて我慢します。

  写真は、放尿ついでに、水鳥を写しに行って、しっかり逃げられるという今日の写真である。

 くれぐれも、原価なら飲む!
 公園のベンチで飲む!
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-11-27 21:59 | どうでもいいこと

ほんと、どうでもいいこと


 
e0034554_2138161.jpg


  晩に、ニュースに出ていた和泉田県知事46歳。
  おれと同じ年。

  拉致被害者全国組織うんぬんの座長だそうだ。
  おいらも、お昼休みに、めぐみさんの映画上映に向けて、チラシの裏面を構成した。

  とにかく、横田滋さんに、早紀江さんの手助けがしたい。
  おいら、感情が入ってくると、涙腺が緩んでくる。
  怒りに対しても感情が高ぶって、涙腺が緩む。

  しかし。 
  見境のないころ、小学校のころのように、石を投げたり、はたきつけたりできず。
  もどかしく。
  あの国に、国民の多くの犠牲があったとしても、早急に解体しなければ。
  中国・ロシアも含めて、経済的な国防体制をとらなければならない。

   人道的に米を送るなんてのは、ジャンキーに葉っぱさ。


  本当に、世間ではどうでもいいこと。
  おいらにとっては、子どもさらわれたままっていう、どうでもいいことではない。 
  
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-11-26 21:59 | どうでもいいこと

柏崎、中越沖地震の、その後を見に行く


 月曜日。連休の最後。

 朝6時30分、布団の中で。 3人集まれば、悪だくみ。

 朱鷺子、トド妻がフリーとなり3人家族が集まったので、どうするーって。

 「温泉」
 「読書と勉強」
 「大広間つき、日帰り温泉」
 「安いとこ」
 「お湯がいいとこ」
 「お昼は」
 「おにき゜りか」
 「柏崎に大盛の、ラーメン屋さんがあるある」

 よし。 テーマは、
 「復興の柏崎と湯の浜温泉、日帰り旅行」
  「決定!」
 

 実は、柏崎。
 地震の応援業務で、都合10日間ほど滞在し、食にお世話になった。
 さて。
 あの、被災地はどうなっているだろうか。

 見てきました。
 
e0034554_19395188.jpg


  あのとき、お世話になった食堂にて。

 (当時の様子はこちら)
 (もういっちょこちら)


 実際の復興は、商店街は更地駐車場に。
 また、住宅地は大手耐震系コンセプト住宅が、目立って建っていました。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-11-24 19:49 | 越後の国のこと

ノー天気、ノー電気


 
e0034554_1312674.jpg


 せっかくの、11月最後の三連休。

 日中、雨嵐のノー天気。
 夜、この日の締めくくりは、落雷による停電。


 1日目が終わり、いま2日目のお昼。
 やはり、雨。

 
e0034554_13232744.jpg


 元気だしていこー、新潟。

 電気だしていこー、我が家。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-11-23 13:14 | どうでもいいこと

どうでもいいですよ


 
e0034554_20415180.jpg
   
 
e0034554_20423973.jpg


  
   映画館なら、こんな風になるのだろう。

  学校の集まりで、子どもの修学旅行のスライドを見せてもらった。

  修学旅行に出かけたい。

  新潟の、みぞれこがらしブリザードから、脱出したい。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-11-22 20:42 | どうでもいいこと

新潟の冬は。


 しばらく、写真も撮りたくないような、どんよりが続いている。

 仕事も変化なく、残業体制に入っている。

 朱鷺子が、そろばんで、ようやく8級から7級になった。

 姉ちゃんは、高校受験に向かっているのだが、この成績だと、中には受かった人もいたけどという具合に赤信号。
 けれども。今現在、迂回路は勧めないし、戻り道もしない。

 にいちゃんは、はて、アヘン窟にいるようなゴミだらけの部屋にいて、バイトを一瞬だけして、試験のために一瞬勉強して暮らしているようだ。

 ばあちゃんは、最近、部屋でテレビを見ながら眠りに入ることが多いようだ。

 とど妻はあいかわらず、「鈍」に徹している。


 新潟の冬に向かって、みな準備している。

 
e0034554_2355631.jpg


 みんな。

 たらたらしてっと、金とっぞー!
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-11-20 23:02 | どうでもいいこと

ライフワーク、横田めぐみさんの映写会


 来年1月に予定している、横田めぐみさんの映写会。

 「よその国に人さらわれて、平気で暮らしている平和ボケ野郎ども」に憤っているおいら。

  最初は、中学校のPTAのひとつの部で、家庭教育をテーマに考えてみたとき、めぐみさんの映画をやらないかと強引に持ちかけたのが始まりで。
 
 地区の公民館がの共催してくれて、映写する費用と会場使用料を無料にしてくれた。
 青少年育成団体が、チラシ印刷の費用を捻出してくれた。
 県の拉致問題対策担当部局が、拉致に関するパネル展を、上映にあわせて行うことになった。
 
 地元の成人式復活と、この事業をもって、小学校からPTAにかかわってきたお礼と、いままでの集大成としたい。

 
 雨、寒波襲来。 
 火曜日、朝6時30分。

 犬がほえている。散歩に出かけてくる。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-11-18 06:37 | 自分のこと