「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

いや、仕事した。


 農業したした。

 
e0034554_2316337.jpg


 緊急景気対策で、農業機械もハイブリットしていいなら、考えるよ。

 まいクボタ、グランデル338。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2009-04-30 23:17 | 自分のこと

みどりの日


 
e0034554_20121556.jpg


 緑の日。
 苗。・・・緑色そのもの。
 元気そのもの。・・・今日の出だし、水をかけました。

 
e0034554_20132019.jpg


 働くトラクター。
 景観なんちゃらかんちゃらで、菜の花が昨今咲いている農業用排水路の風景。午後3時過ぎ。

 
e0034554_20145821.jpg


 日没近し。
 おいらのトラクターも、燃料切れ。
 
 親戚や、ばあちゃんに、しろかき仕事が汚いといわれ、今年は念入りにやる。
 ・・・だから今年は、燃料もけっこう使う。
 おんなじ地ならし仕事、2回やるんだからね・・・・・・・・・・・・・

 
e0034554_20154029.jpg


 本日終了。退場します。

 明日は、目覚め一番に田んぼに向かいます。
 休み、とりましたから、ゆっくりと、春の農業、勝負しますよ。

 ..................................................................................
 2年前の我が家では。
 (こちらをクリツク、みんなで田植えだ) 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2009-04-29 20:16 | どうでもいいこと

インスタントラーメンが届くまで


 
e0034554_2263543.jpg


 出だし。

 
e0034554_2265681.jpg


 ねぎ投入。

 
e0034554_2272416.jpg


 味見

 
e0034554_2274110.jpg


 うつしかえ。

 
e0034554_2282070.jpg


 運搬。

 
e0034554_2284535.jpg


 トッピングで完成。

 .................................................................
 今、晩酌を終えて。
 鶴瓶を見て通常の月曜日。
 昨日のうそのような大風を、何とかしのいで、やっとこさ、安寧の晩酌を迎える。

 昨日はまいった。
 風もあるし、雨だし、田んぼ行けないし。
 本屋にでも行こうと出かけ間際、ビニールハウスの紐が1本切れた。見ている眼の前で、立て続けに、パツパツパツと切れた。見る見るうちに、我が家のビニールハウスが、まるでパラグライダーの傘のようになりふわふわして、あわや、カモとりごんべいかという事態。
 風速20メートルの中、部屋でこもっている兄ちゃんを呼んで、必死の応急作業を試みる。
 雨と風と、足場はぬかるみの中、2時間・・・・・・・・・・

 それに比べて。
 今晩の安寧なこと、この上ない。
 なんとか、無事にすんだ。苗もそのまま元気だ。

 ありがたい・・・・・・・

.........................................................................

 
 「ラーメン煮てくれちゃったりしてー」
 風呂上りの朱鷺子にお願いすると、
 「いいよ、ちょっと寝る準備してからねー」

 ラッキー。

 おいら、写真を撮る係。彼女、煮る係。

 さきほど、食べ終えて、メタボになって今、キーボードをたたいている。

 だいたい、これが、月曜日の午後10時ごろの出来事でした。


 今しがた、トド妻帰宅。家族が自宅におさまった。午後10時30分。


 レポート的なみたいな、ブロク゜書きおえて、明日の朝仕事に向かうため・・・寝る。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2009-04-27 22:07 | 家や家族のこと

御免・断絶・東へ西へ・闇夜の国から・・・40年


 
e0034554_9173581.jpg


  4月25日。県民会館。

  井上陽水先生のコンサート。

  ナンヤカンヤ、アンドレカンドレから40年。

  古典フォークからニューミュージックまで多芸なり。

 おいら。
 15の中3、キャンディーズ解散巡業コンサート以来、コンサートというものに縁がなく、はや30年が過ぎた。
 今回、同行した板井のN井さん(手配はNさんの奥さん)も、高校2年ごろに、当時の新潟市体育館で陽水を見に行って以来の3回目。そんときはパイプイスだったそうだ。
 
 ことの発端はこうだ。
 「陽水が来るんだって、新潟に」・・・Nさんの奥さん。
 「陽水のコンサートだったら、行ってもいいよ」・・・Nさんが奥さんに答えた。

 Nさんの奥さんは、毎月1000円づつ積立して1年に1回、そんな「生」の音楽を聞く機会を大事にしている人。さっそく奥さんは、仲のいい友人夫妻4人でいこうと、県民会館10列目の席を4つとった。
 ところが、その友人夫妻の都合が悪くなって、はてと思い、

 「陽水のコンサートなんだけど、かくかくしかじか・・・」と、友人の山本に話が行き、
 「陽水だったら、是非行かさせてください・・・・」となり、一つ返事でオーケー。
 「陽水のコンサートで、チケットに空きが出て、一緒にどうだ・・・」と、山本からおいらに話がきて、
 「へー、コンサートなんて30年もいってねえよ、いいね、いくよ」となった。

 おいらなりに。
 コンサートで、何が何でも、みんなが拍手しているところや。
 みんなが、自発的にか隣につられてか、踊らされてかわからんが、総立ちになっているところがいやで、つまり自分なりに感動することが一番いいタイプなので、敬遠していたのであるが。

 山本に。
 「みんな、席たっちゃうのかなあ」・・・おいら。
 「フアンだって、みんな年寄りになってるから、立たねさ~立たんと思うよー」・・山本。
 「杖ついてでも、立つんじゃねーかー」・・・おいら。
 
 「服装、これでいいかなあ」・・・おいら。
 「服装って、いつもの、こんなもんだろ」・・・山本。
 「井上陽水大先生に会うんだから、ネクタイとかスーツとじゃないとだめなんじゃねーか」

 コンサートは。
 あれこれ、30年ぶり、コンサート初心者の気苦労もなく、古典から、ニューミュから少年時代まで、実に多彩な音をいただいた。
  席を立ったのは、「夢の中へ」1曲だけだった。
  妙齢の夫婦、おばさんたちが、やはり多かった、服装は、みなショボかったのでよかった。

 おいらは、おもった。
 これからは、詩人になろう。
 風呂に入る時も、酒飲むときも、歩いている時も、仕事してる時も、空を見て暮らそうと。

...........................................................
♪思ったよりも夜露は冷たく・・・

 僕は君を」と言いかけた時、 街の灯が消えましたー
  もう星は帰ろうとしてる、 帰れない二人を残してー

 陽水と忌のキヨちゃんがつくった、「帰れない二人」という曲の情景です。

 もう星は帰ろうとしている・・なんてことは、空を見てないと出てこない。夜明けの、瞬間の情景です。

 

  おいらは、空を見ながら旅をする「ボヤッキスト」になります。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2009-04-26 09:18 | 自分のこと

UKOGI-BU-


e0034554_1030991.jpg


職場のT越さんから、写真メールが届きました。
 彼女んちの、生垣のうこぎが、本日挿し木になりました。

 我が家への嫁入り準備です。
 
 これに成功すれば、彼女はりっぱな、

  ウコギブリーダーです。

  略して、UKOGI-BU-です。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2009-04-25 10:31 | どうでもいいこと

旬魚


e0034554_20323684.jpg


 水曜日。友人宅のイトヨ。北海道産。
 
 水曜日の午前10時頃の携帯交信。
 「本日は、仕事の一区切り、イトヨ発見情報があったら報告ください」・・・おいらから友人の山本へ。
 しばらくして。 
 「イトヨ発見、飲むか!」・・・・山本から。
 「はい、飲む飲む、ぜひ飲まさせてください!」・・・おいら。
 
 この間、約5分。
 山本は、おいらの送信を受け、即、奥さんにメール。
 「かくかくしかじか」
 「今、ウオエイで買い物してたところ、イトヨがあってさ、買おうかと迷ってたところ」・・・奥さんからのメールが山本に届いた。

   つーと言えばくあー だな。

 
e0034554_20325338.jpg


 金曜日。我が家のイトヨ。北海道産。

  夕方のおいら。
  今日もイトヨが食べたいなあ!

 シミフ、ウオエイをまわり、最後にフジミに顔を出すと、
 「いたいたいたー! 敵艦発見」
  買おうとしたら、ラップにシールあり。
 「揚げ物用」・・・何これ。

 諦めて自宅に帰るとばあちゃんが、
 「おかあさんがイトヨ買ってきてたんだ、あぶろかー」
 「あぶれ・あぶれ」

 ツーと言えばかあーだよ。つくづく。

(以前のイトヨはこちら)

(もうひとつはコチラ)
[PR]
by kbmn37gnkds | 2009-04-24 20:40 | どうでもいいこと

都会への一歩(開店報告)


e0034554_19563526.jpg


  2009年4月。高速道路、黒埼パーキング下りにて。

 我が家から徒歩10分以内の場所に、すたばができた。
 あこがれの都会生活に近づいた。・・・てか。

  東屋との間に、我が家の家並みが見える。

 将来。
 夕暮れの田んぼを見ながら、優雅に散歩。  
 休日は、早朝から犬を連れて散歩に行く。
 コーヒーを飲みながら新聞を読む。
 人間ウォッチングをする。
 「ばかたれどもが・・・・」とつぶやく。
 
 はたまた。
 ま、おいらのことだから、やっぱり、
 「もうぐれー」と、新聞記事に憤っているかな。
   
 いまのところ。
 朝の通勤客が、すたばでのんびりしている様子はない。

 ま、当たり前だ。
 コーヒーの単価、高いもん。

 以上、将来郷土の歴史文献になるかも知れないので、記しておく。


e0034554_19565270.jpg


  福島潟の菜っ葉。
  ほんと、おまけ。
  だって、焦点があってないもん、この写真。

  ついでにいわせてもらえば、この福島潟エリア。
  赤字の和風モーテル・公害の歴史PR館・ビジターセンター的的はずれ的円筒施設。

  つくづく。
  自然は、いじらない方がよい。
  都会は、徹底的にいじる方がよい。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2009-04-21 20:16 | 木場のこと

南会津、三島の山奥に。


 
e0034554_19481977.jpg

 
 4月19日、日曜日。家族のスケジュールがうまくあった。
 おいらも、農作業の準備も整い、おまけに右手の人差し指を機械ではさんではれていて、
 「こりゃ、山菜の会津しかない」
 ・・・・・・・・・・ということで、出かけたのであった。

 高速料金1,000円。
 県外ナンバーと暴走車両多し。

 こごみ、ノビル、ふきのとうをたらふく収穫、または収奪。
 もちろん、夕飯は山菜祭り。

 会津の、新しい道を発見したと意気込んで突き進むも、最後はトラ柵のえじき。
 4駆のオフロード車が退散してくるはめに。
 「この先は、雪の壁でした」という。

 しかたない。
 昭和村の温泉には到達できないなあ。
 結局、道路のどんづまり、残雪の中で、お昼ごはんとなった。

 
e0034554_19483260.jpg


 行楽客にあるまじきわれら。
 地元ではお金使わない。
 弁当持参、ラーメンを煮て食うわれら。

 しかし。
 田島の酒、「国権」をちゃんと買い込んでいるおいら。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 (おまけ)
e0034554_1949036.jpg


 近い将来。
 こんなふうに、介護される時がくるでしょう。
 不摂生な親を、どうかお許しください。

 実は。
 あんまり山の中で、車もいないワケで、子どもたちも暇なので、ローラースケート履かせたわけで、いろははアイスリンクのスケートならできるけど、こいつは勝手が違うってんで、杖持って手助けしているトド妻の姿である。
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2009-04-20 19:57 | 家や家族のこと

我が家の定額給付金はこれに決定!


e0034554_2033569.jpg

 
 あれこれと悩んだ末に決定した。
 定額給付金の使い道。
 考えて出した答え、重点ポイントは、家族の絆と個々の世帯員の気持ち。

 外食をしない我が家が、月に1度家族で出かけてうまいものを食べる企画、全10回シリーズ。

 賛否あれど、これが一番いいと思っている。

 おいらが運転して出かける。もちろん、ビールなどは飲まないから休肝日になり、主婦たちは、家事を月に1度休むことになる。

  ・・・・・どうでしょうか。

   (画像クリックで詳細が見えてきますよ)


( おまけ)

e0034554_10505272.jpg


かびハイターで風呂掃除をする2名の隊員。
731部隊級のフル装備である。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2009-04-17 20:38 | 家や家族のこと

山菜ステークスその2


 
e0034554_2092975.jpg


  昨日に続いて。
 本日は、調達してきた、ウドとタラの芽のテンプラ。
 そして、垣根から摘んできてもらった、職場の同僚T越宅のウコギ。

  この新芽つたら、

  萌えー・・・・・・

  香りよかー・・・・・

  うめー・・・・・

 かつて。
 米沢藩主、上杉鷹山公が庶民に根づかせたもの、ウコギの垣根。

 たちまちとりこになったよ。

 おいらも植えるよ。春、毎日が山菜料理になるように。


 
e0034554_2094719.jpg


  蛇足ながら、今年の桜。
  廃校のあとに、しっかりと咲いている木場小の桜。

 (去年の桜たちはこちら)
[PR]
by kbmn37gnkds | 2009-04-17 20:11 | どうでもいいこと