<   2010年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

おいらの遊び場、五か浜の昔


 あぽんな・たいむ・・・・ 父の写真より


 
e0034554_20161414.jpg


  昭和30年ころ。
  巻町五ケ浜。

  いまだシーサイドラインという有料道路が通っていない時代。
  この浜に行くには、船か、波を逃げるようにして岩場を伝ってゆくか、はたまた五ケ峠の山越えでしか行くことができなかった。

  感覚的にいうと、ハワイホノルルのハナウマ湾。
  


 


  
  
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-06-30 20:23 | あぽんな・たいむ(写真スキャン)

ばざーるでござーる


 
e0034554_21385380.jpg


 おおくしょんで。

 こいつら、売れました。


 15年ほど前のマウイ島サーフイン合宿で。
 「こどもたち、申し訳ない、お父さんは楽しかったー」
 
 罪滅ぼしで買ってきた2着。
 ヤフーで買い取られることになりました。


 ま、手間はかかるね、おおくしょん。
 初めて、希望どおりの落札で、安堵するおいらであった。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-06-28 21:42 | どうでもいいこと

父親と牛


 あぽんな・たいむ昭和20年代。

 
e0034554_16593481.jpg



  親父と牛。

  アルバムには、昭和27年のお盆、牛の15才記念とある。

  この時父は19歳。

  父から聞いた話では、頭のいい牛で、水路をわたるときの、幅30センチ程度の板の橋を、一気にかけ抜けたという。
 その後。
 耕運機が導入されて売られていくときは、目から涙を流したという。
 つられておやじももらい泣きしたという。

 牛は売られていった。父もすでに骨になった。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-06-27 17:05 | あぽんな・たいむ(写真スキャン)

梅雨どきの土日


 
e0034554_12145256.jpg


 
e0034554_12151823.jpg


 土曜日。もやもやの蒸す日。
 1年分のモズクを冷蔵しておくために、日本海に漂う。
 前庭の剪定を終える。


 日曜日。
 ねぐらにしているサーファーたちの溜まり場を、掃除しに行く。
 図書館で本を借りる。
 
 チャーハンを作って食べる。
 ただいま12時半。

 たぶんこれからは。
 農機具の修理か、旅番組を見ているか。
 ただ、これからの楽しみは、4時ぐらいから風呂に入り、6時から龍馬伝を見ることである。


  
e0034554_122640100.jpg

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-06-27 12:23 | どうでもいいこと

持ち場持ち場で、みな頑張ればよい


 
e0034554_6414475.jpg


  ワールドカップ予選にて。
  日本は決勝トーナメントに進出。
  茶髪でもよい、ひげはやしてもよい、足が手のような人たちが、庶民を勇気づけてくれる。

.
.
.
.
  この日の朝、午前7時半。

 
e0034554_6455542.jpg


 
e0034554_646823.jpg


 
e0034554_6462031.jpg


  大陸からの材木が届く。
  積荷がおろされる。
  タグボートが押してゆく。
  人々がいかだを組む。
  貯木場に曳航されてゆく。

.
.
.
.
  そのあと、午前8時。

 
e0034554_649149.jpg


 
e0034554_6491527.jpg


  掃海艇から乗員がおりて整列する。
  ラッパ手が、朝の笛を吹く。
  艦長らしき人が訓示を垂れる。
  しばしののち、緊張が解ける。

.
.
.
.
   午前8時10分。

   北海道フェリーターミナルに向かう。
   北に向かうライダーをかまいに行く。

   「ピツピッ!」
   「バイクの乗船はこっちー」
   誘導員が駐輪場に引き込もうとする。

  おいらが、あまりにも無防備とはいえ、 
  大きなかごのついたスクーターとはいえ、
  ワイシャツ着て、黒くつ履いた北海道行きのライダーはいないと思う。


   それそれの朝。

   それぞれが、なにがしか営んで生きている。

   かくゆうおいらも、仕事場に向かう。  

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-06-26 06:57 | どうでもいいこと

大和沈没、もとい大和デパート閉店


 
e0034554_206509.jpg


  ・・・・・・した。


 新潟市古町一等地にある老舗デパートが、近々閉店になる。

 閉店になるというと、人は集まるものだ・・・という、おいらもなのだが。

 60歳以上のご婦人が、わさわさうしゃうしゃ、いらっしゃいました。  


 
e0034554_203252.jpg


  エスカレーターも油切れかあ。

  あこがれの職業、大和のエレベーターガールもいなくなってしまうのかあ。

 
e0034554_2071222.jpg


  去りゆく人たちの足取り、うなだれ・・・そんなことはないかあ。


 
e0034554_20322854.jpg


  おやっ。
  このディスプレイには、見覚えがある。(こちらをくりつく)


 横田めぐみさんの特別企画でも(こちらをくりつく)

 陶芸展でも(こちらをくりつく)



  長年のご愛顧、ありがとうございま・・・・した。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-06-24 20:11 | 越後の国のこと

あぽんな・たいむ・・・わが家


 
e0034554_75238.jpg


 明治初期、中蒲原郡俵柳村から移築。  
 昭和55年解体。
 
 昔のわが家である。

 今、思い出は語るまい。



 ※スキャナープリンターを買い、昔の写真を載せることができるようになりました。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-06-24 07:09 | あぽんな・たいむ(写真スキャン)

意見広告:多額の税金の豆乳に関して思う


  
e0034554_21251054.jpg


  タイトルの豆乳は別として。

 毎日の元気スポットにあたらしい箱モノがつくられている。
 みなと・にぎわい・施設・・・だそうだ。
 先日のこと。
 それにも飽き足らず、となりに新たな地鎮祭。
 仮設的なバザール的施設、行政が試験的にやってみる施設・・・とのこと。
 いずれも、新潟漁港、朱鷺メッセ、万代地区のテコ入れのための税金投入だ。


 ガレージセール・・・・
 ヤフオク・・・・・
 バッタもの・・・・

  この3点に共通なのは、もったいないし、リサイクル。


 金太郎あめの服屋さん・・・油に黒とか
 顔が見える買い物・・・心配ないから
 対面販売・・・・・ショップとバイヤーとの人間同士の会話、駆け引き、特別な情報の共有
 地産地消・・・・当り前さ、ない物はないからさ。


  この4アイテムに共通なのは、人間たちの営み、つながり。
 


 だれが新潟市内までやってくるか・・・・
 サッカーで、いまもJ1で盛り上がってるか・・・
 新潟でしか食えないローカルなうまいもの、3つ以上あるか・・・
 そんな店が、2.30軒残っているかー・・・・
 一生に一度でも、絶対に見ておかないとならんもの、またはそれに準ずるモノ・ことがあるか・・・

  このキーワードに共通なのは、オリジナル、オリジンである。

 さて。

 新潟市古町に、昔のような活気がほしいということで、投入された税金のことが、NHKの報道に出ていて、ごく当たり前に思った。 
 マーケティングだよ。
 君たち、ノスタルジックやしがらみで、税金使うなよ。



  (参 考)
  
e0034554_21253025.jpg


  わが家の近所、税金投入施設。
  野球場付き公園は、田んぼの埋め立てによって、つくられている。
  写真のここが、バックスクリーンになるようだ。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-06-22 22:03 | 越後の国のこと

父の日


 平成22年の父の日。
 午前中に庭木の剪定、のち海へ。
 夕方にまた、松の木を剪定し、何食わぬ顔で、近所のげんこつ亭で5時からビールを飲んで、6時から龍馬伝を見て、しこたま酔って寝る。

 そんな、昨日であった。


  海では。
  遊びが多様化してきているね。

 
e0034554_21341533.jpg


 
e0034554_213434100.jpg


  おいらは。

  彼らと異なる道にゆく。
  漁師に近い営み、海のうまいものを求めてゆく。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
e0034554_21345346.jpg


  父の日に、いただきました。
  サラダホープのフレッシュパック。
  娘たちから、ばあちゃんから。2袋になりました。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-06-21 21:42 | 自分のこと

ハイターの加減を知ろう


 
e0034554_85215.jpg

 
 2.3日前のトピックス

 新潟市の水族館で魚8000匹が大量死!
原因は、塩素系の漂白剤ハイターを入れたため。ちなみにイルカのプールには日常的に入れていたそうだ。
 これにより入場料はしばらく無料だ。

 わが家でも、小魚金魚ザリガニ、カラス貝をまとめて飼っている。
 うっすらとハイターも入れてやると、水が濁らずミドリ藻の繁殖が遅い。
 
 アクアリウムという、ごくごく自然に近い人工の水槽飼育が流行している。
 マニアの間では、エビや魚、希少な水生生物が高価な相場で取引されているようだ。
 バーチャルな物事に、お金をかける人が多いと思う。
 これは、わが家とは違うことを先に書いておく。

 わが家の水槽は、魚たちを安寧に暮らさせないようにザリガニを入れ、水質浄化のためハイターと、泥水から養分を吸い取るカラス貝がいて、川にいるタナゴとふなっこを入れている。
 色合いに、コメリ価格で5匹140円の金魚が入っている。
 それでも半年に一度は、水槽の魚たちが交代する。
 気を許した小魚がザリに食べられる。脱皮の間にザリがザリにやられる。
 今回の水の入れ替えでも、身重のタナゴがザリにやられた。原因はおれの不注意だ。

 たまたま。
 半年に一度の、水槽の水入れ替えとニュースが重なった。
 人がやることだから、間違いはある、予期せぬことはある。
 学習し、訓練を積み重ねてこそ、人は育つ。

 どうか、お手柔らかにお願いしたい。
 
  拝啓 世間の目一同 様

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
e0034554_853846.jpg


  魚の補充に川まででかけた。
 
  産卵前なのか、小さい魚がいない。
  昔なら、見かけなかったヘラブナがいて。(最初の写真)
  死んだまごじじが見たら、おいらの頭をなでてくれるような、手頃の鯉がいて。(上の写真)

  水槽には入らないし、胃袋に入れるには水質に不安がある。

  また、網を持って出かけることにしよう。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-06-20 08:10 | どうでもいいこと