<   2010年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

学校に行くということ


 
e0034554_19562325.jpg


 今日は、朱鷺子、マラソン大会。

 順列がつけられるから、不安そうに、朝食を食べている。

 「マラソンといえばバナナ、あややー、ないなあ」

 「苦しかったら、息吐けよー」

 「すーすーハーハー」って。

 「苦しかったら、楽しいこと考えなー、エグザイルよ」歌うたえーって。

 結果。
 ばあちゃんが応援しているところで、3人抜いたそうだ。

 よしよし。 努力と結果。

 終わって、走り終えて、楽しく帰ってきたようだ。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 「
e0034554_19563611.jpg

  
  朝、集団登校の集合場所で。

  たちまち遊びになる。

.
.
.
.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-09-29 20:07 | どうでもいいこと

小学校グランドの芝生化


 
e0034554_8165787.jpg


 学校のグランド芝生化の会議、勉強会があった。

 立場上は、地域の人代表、PTA役員OB。

 すでに、芝生化計画の一味に加わっていて、 おいらの頭の中では、もう芝生が貼られている、完成している。

 なので、会議では隣近所にあめを配り、気を配る。

 毒を吐きそうなところ、団体をやわらげる。これを懐柔という。

 

  前々から、おいらは会議の前に、会議は終えておくことにしている。



 
e0034554_817924.jpg



 会議を概略的にまとめると。

 ア.
 なんと参議院議員的な発言が多いことか。
 できあがっている法案のことを、あーだこーだといいたがる。

 イ.
 クリエイティブでないのはなぜなのよ。
 概して、現場、場かずの踏み方が少ない。 わからないことは調べる、やったことのないことは実験してみることだ。

 最初から
 Whith way choose
てはなくてさ、
 How many way ,そんで do you likeさ。

 ウ.
 役所が金出して芝生を貼ってくれるというのに、虫嫌い、かえる嫌い、何でめんどう嫌いというの。
 
 忙しいが口癖の人は、概して要領が悪いとおもう。
 大きな話題が終わると、人々は重箱のすみをつつき始めたがる。

 芝生になったらラインが引けないと、カエルの話と、出るか出ないかわからんお化けのたとえ話で、なんとか、積極的前向きで会議の方向が決まった。
 7時から9時まで、2時間かかった。
 
 ※こういう記事はどうでもいいのだが、サクマドロップ缶がいい味出していたので載せておく。
 ちなみに、最初に缶から出てきたあめは「スカ」だった。
 

  スカとは、ハッカあめのことで、甘いイメージがいっぺんに散るのである。
  そういいながらも、しかたないのでなめたのであるが・・・・。



.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-09-28 08:43 | 木場のこと

新米をいただく


 
e0034554_830895.jpg



  新米をいただく。

  うまし。

  ハンドメイド、 わたしの、  マイ マイン マイン

  手づくり、うマイ うマイン うマイン



 
e0034554_8302373.jpg


  新潟県産コシヒカリ、一等米比率16パーセント
  県内の農協では、農家への支払い60キロ当たりの仮渡金10800円に、追加払いを検討中
  (今朝の新聞より)

  初めて父親から農業収入の切り盛りを任されたとき、
  60キロ当たり24000円。
  江戸時代から続いていたコメの値段が消費物価を作る時代が終わった。

  おとなり中国が、傍若無人に経済を左右することになるようだ。
  (今朝の新聞、尖閣諸島問題より)


  NHK教育の野菜作り番組に、大学の加藤先輩が出ていた。
  西條秀樹のパートナー、野菜ソムリエ、練馬区百匁の里園主という肩書がついていた。
  わたしもかつて、仕事で市民農園担当をしていたんですよ。
  (日曜日8時からのテレビより)
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-09-26 08:41 | どうでもいいこと

よその稲刈り


 
e0034554_1836871.jpg


 武田ろくろべい、51歳。

 クボタの新型480万円を操る。

 連日の雨で田んぼがニュルニュルだ。

 一昔も前なら。
 こんな地盤が悪い稲刈になると、
 コンバインが曲がる角角に、コンパネを敷いてえぐれる泥を避けて刈ったものだ。
 当然、補助の付人がその仕事をするわけで、完全看護付きっきり、いたれりつくせりの、いわば
人間が機械の下働きをしていたものだ。

 武田氏の稲刈りを見ていると、昔の父の姿にえらく似ている。
 元々、先代の武田ろくろべいとうちの親父はまぶだちで、竹馬の悪ふざけ仲間であり、かつ稲作農家としては先進的であった。

 農家の立ち居振る舞いとは。
 落ち穂のないように。一穂でもあれば、きちんと鎌で刈り取る。
 けっして稲は踏まない。罰が当たるというしつけが徹底されている。
 少しでも機械に負担がかかるようであれば、慎重に手刈りする。
 すべて手作業で稲刈りをしていた時代を経験した人たちの姿である。

 昔はすべて手刈りして、田んぼから運び出し、ハザ木にかけて天日干しをした。
 落ち穂があろうものなら、厳罰ものなのである。

 おいらはというと。
 米価下落で、いささか米に対する感謝の念、粗末にしてはいけないという心、
 雨土御代の御恵み、あめつちみよのおんめぐみを忘れているようだ。

 武田氏の稲刈りの姿を見て、
   食にかかわるということは、自然への感謝という原点に還らなければと思った。


  
e0034554_199139.jpg


(彼の活躍はこちらにも)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 のせ忘れていました。
 昨日の夕暮れ、空が火事です。
 
e0034554_18362914.jpg


 天空を見る時間、余裕がでてきました。

 しばらくおいて。

 またたびに出ます。

 宮本常一の父になります。

.
.
.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-09-25 19:12 | 木場のこと

大蛇が3匹


 平成15年撮影

 木場地区上空、北側から写す。 

 
e0034554_847157.jpg



 高度経済成長によって、

 田中角栄氏によって、

 わが村は大きく変動した。

 当時を知る村役場の開発担当OBは、大蛇がほうずると表現した。

 集落が分断される山田地区は、むしろ旗で反対運動を起こす寸前だった。 


  写真左は、うねうねの暴れん坊川、中の口川
  写真中央は、上越新幹線。その右隣が北陸自動車道だ。

  首都圏から新潟を結ぶ、2つの交通網が、一番くっついているところが木場である。
  この真ん中に挟まれたところに、木場八幡様がある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
e0034554_8513365.jpg

 
 同じく、南側から撮影する。

 上の写真とも、木場小学校の閉校記念に撮影されたものである。


 (思い出)
 中学の卒業式を終えて数日後。
 開通前の高速道路の上で、スプライトのサントリーホワイト割り(逆かあ)で酒盛りを始めた。

 その後どうなったかっていうと、
 気分良く飲んでいるところに、道路パトロールがやってきて、
 「何やってんだー。、おりれー」

 閉店前に居酒屋を出されたお客のようだった。

 たしか昭和54年だったと思う。15才の春である。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-09-23 08:57 | あぽんな・たいむ(写真スキャン)

巻の佐藤家から、酒が届く。


 うまい。


 いしちゃんならば、まいうう。


 
e0034554_21453457.jpg


 中学時代の恩師、佐藤さんが、酒を届けてくれた。

 25年に一度の仕込み、限定予約の吟醸原酒「久保田」だ。
 農機具のクボタではない。朝日山の久保田だ。

 あいにく農作業で留守にしていたので、電話を入れる。

 「いやどうも、ごちそうさまです」

 「いや、なんの、ちょっとだけ珍しい酒でね」

 「じつは来月、大人の修学旅行といって、中学の同窓が集まる企画があるんですよー」

 「へー、それはよい」

 「ところで、まだ飲んでいないのですが、原酒ということは度数がかなり高いでしょうかねえー」
 ・・・・おいら。
 「んーん、20度まではないと思うが、それなりに強いと思うよ」

 「この酒、大人の修学旅行に、今持っていこうと閃いたんですが、だめですねー」

 「んーん、ワイワイ飲むときは、どちらかというと、月桂冠あたりでも盛り上がるからねえー」
 …佐藤さん。
 「みんな、腰抜かすと悪いし、我が家でちびちび、やりますわー」


  ということで、折角の酒、まことにせっかくなのだが、自家消費に決めた。

  本日のこと。

  晩酌の酒がないぞ、さがせさがせ。

  ない。

  焼酎、ビール、梅酒山ほどあり、だけども酒がない。


  ・・・・・・あえなく開封。


  至福の時。うまし。

 つまみは、しずこたらのこ、おはぎ、えだまめ、シソ味噌。


  この酒も おいらの腹に 弟子入りか
         

  ・・・・・・・・・・・・・・・(575)に整いましたね。

  
e0034554_2220368.jpg



  もしかすると、かなり値段が張るのかもしれません。

 
  
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-09-22 22:21 | 自分のこと

よその稲刈風景


 
e0034554_18514193.jpg


  ヤンマーの4条刈りを操る、ごいみのおかあさん。


 
e0034554_18535464.jpg


  クボタのキャビン付きで稲刈する隣村。

 いいなあ。あこがれの4条刈り。
 2の2倍だもの。

 我が家の農業形態でいうと。
 腰の曲がったばあちゃんが、一番役に立つのだが、親を酷使する息子もダメと言われかねないので、一人で稲刈やっている。
 また、工場地帯の自転車屋からやってきた◎◎妻では、農家の動きなどさっぱり読めず、先々の仕事を心配することもなく、コンバインなど乗せようものなら、あー!といいながら、田んぼの外に転落するのが関の山である。
 
 我が家のコンバインは2条刈りである。
 いまどきの農家としては、非力である。
 ただ、我が家は、これが精一杯である。
 
 かつて農業部門の仕事についていて、従業員に給料が出るモデル農家をシュミレーションしたことがあった。従業員とは、事業主の農家夫婦が雇われていると考えてである。
 結果。水稲単作では経費が多くて給料が出ないことが分かった。
 
 方策としては。
 国から設備投資の補助金を、永遠に半分づつもらいつづければ、やや成り立つ。
 つぎに。
 機械をほしがらず、工業高校に入った気になって、よくよく整備して長持ちさせることである。
 さらに。
 人を使わずに、自分が2倍動けばよいのである。

 ただし。
 方策の3番目は、えらく疲れるのである。

 (コンバインが来た日のこと)

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-09-20 19:17 | どうでもいいこと

フィールド競技終了


 
e0034554_1736515.jpg


 
 稲刈りの部、終了。

 だから、ビールを持って散歩に出たさ。

 残るは、小屋仕事、順調にいってあと3日だな。

 しかし、今年の猛暑、今頃になっての雨はまいった。

 プロのコンバインオペレーターでも、悪戦苦闘。

 おいらでさえも、軍手4枚。泥にうまっていく機械との格闘がありましたよ。


 ・・・・だから。

 無事に終えて、ビールがうまいのさ。


 
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-09-19 17:43 | 自分のこと

稲刈など、あってね。


 
 いそがしいと、なかなか写真の余裕ない。

 今年の前半は。
 愛用のG10も、畑しことしながら写真撮ってて、土がレンズに入って傷つけて。
 今でも、逆光の写真ではボケが出る。
 6月頃新調した水中デジカメラも、山ほど撮影しようと思ったところ、2週間ぐらい使って、ボタンに違和感があって、パッと解体したところで壊してしまい・・・。
 

 なので、埃の多い農業、特に稲刈しながらの写真ってのも大変で。
 とくに、今、戦争中、田んぼでは、さながらセンカクワン、なわけです。


e0034554_20165655.jpg
 

 携帯から、隣の田んぼを写す。
  
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-09-18 19:59 | どうでもいいこと

予告通り、朝の風景


 
e0034554_623462.jpg


 新潟漁港。
 朝の風景。

 昨日の予告通り、巻き網漁船マルハが、ブリをつかまえてきた。

 なので写真は、これ。

 船のいけすから、たもですくってベルトコンベアに移されるところだ。


 新潟県地方、朝晩は寒くなってきた。
 秋雨前線がへらへらしている。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて。

 10月17日(日)

 計画中の大人の修学旅行、会津の旅コンセプトが進んできた。

 車中で放映するマル秘映像が仕上がってきた。

 25年前、結婚する友人のために作成したビデオテープを、DVD編集したものである。

インタビューに登場する友人たち、ざっと30人。

 みんな、ぶったまげるぞー!

e0034554_6372420.jpg


.

.

.

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2010-09-16 06:31 | どうでもいいこと