<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

急ぐ気持ちと待つ気持ちと・・・

 
 急ぐ組の道具たち。

 
e0034554_7181057.jpg


 娘の、中学校への通学自転車がやってきた。

 自転車小屋は、いまだ雪深し。

 新車を座敷に飾ってやり、お雛様とコラボさせる。

 出番を待つ、ぶりじすとんのロココグリーン。



 待ち組のものたち。

 
e0034554_7182693.jpg


 掘り起こされて、食卓にのるものか。

 トラクターによって、切り刻まれるのか。

 いずれにせよ。

 冬を越えただいこんは、そうとうのエネルギーを貯め込んでいる。


 2月28日朝7時、例年ならば月晦日だが、今年はオリムピツク。

 テレビでは、マラソン選手が自信のふがいなさで、みそぎがてら坊主になったとか、ボートの選手が選考方法に異議ありで提訴するとか、オセロ中島なんていう人が占い師に騙されているなんていう、くだらないニュースに喜んでいる。
 ちまたは、地震などということを、ケロリと忘れている。


.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-02-28 07:30 | どうでもいいこと

越後勢、京都に拠点をつくる


 
e0034554_19571571.jpg


 今回は、久々に、親子で登場させてもらう。

 2月25.26日と上海の次は、京都の宿探し旅行なのである。

 格安・安心安全・交通利便・居住性・日当たり・・・・

 4月から、京都の学生になるっていう娘のために、京に攻め入る。


 土曜日4時出発。
 運転手、笠原氏をピックアップ。
 ポンコツの不安カーゴで11時半、大学前に到着。
 宿探し開始。

 精根尽き果てての夕方、待望の物件発見。
 やったーやったー。

 宇多野ユースホステルにチェックイン後、不動産屋から紹介してもらった飲み屋さん、西院に繰り出す。

 カンパーイ!

で、この写真。

 
e0034554_20111725.jpg


  いろはの感想。

 「このあたり、開発しなくっちゃ」

 立ち飲みのお店で、おでんとから揚げと串あげを食べて。

 そのあと、まわらない鮨屋にいって、すしを食う。 


 今回は。
 運転手の笠原氏にはお世話になった。

 20年ほど前のイギリス旅行でも、運転手でお世話になり、今回も、急なお願いながら、ほとんどの行程で運転してもらった。
 実は前日、金曜日の晩に、わが社先輩のN田氏としこたまやっちゃって(・・・・中略)大ピンチのところを救ってもらった。

 ということで、渡月橋でスナップを1枚。

 
e0034554_20194248.jpg


 その後に。

 笠原氏の一派、浄土真宗西本願寺派の本山にお参りし、その足で、おいらのグループ東本願寺に行き、先祖のことやら今回のお陰さまなど、いろいろとお参りしてきた。
 娘には、京都に住むということは、数珠がいるっていうことで、門前町参道のお店で、数珠を買ってやった。

 京都は寺が多い。
 宗派にかかわらず、お参りすることは悪いことではない。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
e0034554_20284046.jpg


 おまけ。

 閑静なロケ地にあるユース。バスの往来がよく気に入った。

 広くてきれいで、桜が咲いたらもっといい。
 
 
 次は。

 いよいよ、引っ越しの準備だ。


 がんばれー・・・・・・・・おいらへ。
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-02-26 20:34 | 家や家族のこと

上海旅行・・・・相変わらずの国民性

 
e0034554_2029514.jpg


  二人乗りはいいとして、子どもを抱えていて、しかも子どもは寝ていて、首がたれていて、まったくもって危機意識なし。

 ちょっと進んでいる国ならば、児童虐待で逮捕。


 
e0034554_20292022.jpg


 観光地の入口で、フルーツを売りにきている若衆なのだが、こいつが始まると、もう止まらない。

 路上で、しかも1回づつ現金支払いをしている単純明朗な会計ながら、

 わが国では、賭博違反で検挙。

 

 
e0034554_20293711.jpg


 こんな布団などは、この倍以上積むはずなのだが、土木建築の世界でいう単位体積重量を計算してか、この国にしては控え目ではある。 

 道路交通法違反、過積載の手前でセーフ。

 おまけに、こんなのもある。

 
e0034554_20483755.jpg



  こういう光景に、人間の営みに、エネルギーを感じることはいうまでもない。

  感謝感謝の中国よ。

  
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-02-22 20:52 | 茶がらけ日記

上海旅行・・・・戻ってきて一言


 
e0034554_23292626.jpg


 家族4人、中国上海から帰ってきた。
 
 たとえば写真のように。

 娘たちを屋台に連れていって。

 やすーい・・・・
 でも、食事つくるっていう人で、目の前で痰吐きって、ありかあ・・・・・
 いい加減・・・・・・

 などを、単純にわかってもらうため、言い換えれば、観光学経済学国際学民俗学を、おしなべて中国の漠然とを、わかってもらうことをこの旅の目的として、遊んできた。

 屋台のラーメンは5元。
 コンビニの瓶ビール5元。
 ツアーの、食事での瓶ビール30元。

 おいら。
 100円以下の、ちいさな世界なのだが、大事にしたいところなんだ。

 
 ま。
 無事に一路平安。
 こんな中国に付き合ってくれてありがとう。

 文が長くなった。

 写真1枚、たしておこー。

 
e0034554_23511477.jpg


 バンドにて。

.

.
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-02-19 23:52 | 茶がらけ日記

中国こーんな5日間

 明日から旅に出る。 

 中国こーんな5日間
 もとい。
 中国江南5日間
 
 ツアーの概要 
 成田発着JAL、燃料サーチャージ込みおひとり様24,800円、全食付き杭州2泊、上海2泊。

 ・ウーロン茶工場に試飲ショッピング
 ・紹興酒工場に同上
 ・真珠専門店にご案内
 ・シルク専門店に同上
 ・工芸品店と寝具店に同情
 
   ・・・・・・・ほか、連れまわし

 ツアーのタイトル、勝手につけてみれば。

 「連れまわしちゃって、ごめんチャイナ」

 食事の概要はていうと。
 ・杭州料理
 ・折江料理
 ・無錫料理
 ・蘇州料理
 ・上海料理
 ・囚人料理(機内食2回)

 パンフにある食事のタイトルで、どの程度内容が違うのかわかりませんが、料理の写真撮ってきます。

 観光はていうと。
 西湖、太湖と2回も遊覧船に乗り、バスで十分移動してまどから風景を見て、寒山寺あたりをうろついて、上海電波塔と豫園を中心に連れまわされる。

 こういう旅行は、南の島で寝ているようなもんで、ある意味、何も考えずに時間が過ぎてゆく、癒しの旅行になる。

 少しの希望、願望でいえば。
 タクシーなどを使って。

 もしも娘が、上海外国語大学という選択肢に向いた場合の、中国とはをプレゼンする旅行であったため、その大学は、ぜひ見ておきたい。
 もしおいらが、大阪港を起点終点にした中国旅行を計画するなら、大陸側の玄関口となる鑑真号フェリーの発着場を見ておきたい。
 
 新潟は雪。
 上海ははれ。
 これが、なによりもよい。

 
e0034554_76123.jpg


 写真は、オアフ島西海岸にある、チャイナマンズハット。

 中国人の帽子っていう島の前で。長女と亡父。18年前の写真である。

 

 例によって。

 探さないでください。


(以前の、上海写真はこちら)
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-02-14 07:16 | どうでもいいこと

雪原で気がついた


 
e0034554_18262387.jpg



  大学生×2ということは。

  それも私立で県外で。

  経・費・節・減。

 何費を減らせばいいかって。

 自分でも、ようわかっちょる。

 言わずとも、ようわかっちょる。

  「50歳からの巣篭もり、冬眠のすすめ」

  いや。

  ネギでも1反つくってみっか。

  しかし。まったくノウハウはない。

 といいつつ、本日も飲んでしめくくる。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-02-12 18:47 | 自分のこと

ファーストランディング・・・・着地

 
e0034554_1073987.jpg


 このあと。

 「ストライク!」

 おいらは。

 遊んでいる二人を見つけ、車の窓を開け、「やあっー」といって、カメラを向けただけなのに。

 雪、親父の車に投げてきて。

 車の助手席に、すとん。

 「ばかーったれっ」

 写真のオブジェクトは、みごと助手席に・・・・・・・・着地

 そんなことよりも。


 
e0034554_1083028.jpg



  飛んだ。

  声が届いた。

  手が届いた。

  信念が実った。

  娘。

  京都の大学に合格した。

  着地成功。

  ま。
  
  おいらの夢は、第3子朱鷺子に続くことになるが。

  とりあえず、ファーストタッチダウン。

 

  (写真は2012年、元旦・・・保管してた写真が役に立ったと思う)
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-02-11 16:24 | 家や家族のこと

雪深し・・・・


 我が家の「右」

 
e0034554_8574017.jpg


 我が家の「左」

 
e0034554_8572979.jpg



 我が家の勝手口

 
e0034554_8593032.jpg
 

 我が家の上空

 
e0034554_8595320.jpg


 昨晩のおつまみ

 
e0034554_901843.jpg


  先週の動き

 火曜日・・小学校の芝生化会議
 水曜日・・特務的教育機関の会議
 木曜日・・晩酌
 金曜日・・特務的教育機関の密命により会議と酌婦、もとい酌夫。

 今日、土曜日。・・・親戚の法要。天気よし、昼酒か。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-02-11 09:03 | どうでもいいこと

寒冷前線とともに


 寒冷前線とともに、やってきたもの。

 坐骨神経痛。

 ホッカイロを、ひらめ貼りしても、ままならず。

 後姿はプラス10歳。

 「ごーん うぃず ざ すのう」

 「雪とともに去りぬ」

 希望的観測ながら、今年は豪雪らしく、長引くに違いない。

 雪やこんこん あれらはこんこん

 右足じんじん、腰はつんつん

 ていき検診で、内蔵ほか体調はいいのだが、いかんせん。

 おいらのぼでぃー、項羽の言葉をかりていえば、

 スイいかず・・・・・

 四面、楚の歌だらけー・・・・

 ぐやぐやという姫もいない・・・・・


  ま、ぼやいてどうもならないし、飲んで寝るさ。

  帳の外では、消雪パイプのチューチュー音が元気よく聞こえている。

  英語でいえば、サウンズ グッドッというところか。


 
e0034554_20282917.jpg


  こっちは、チューチューじゃなくて、ちゅーですが。

  こいつもひさびさ登場。

  今朝一番に、友人から電話があって、犬が死んだんだけど、御社で対応できるかと聞かれ、

 「できるけど、できるけども、人情的には埋めてやるか川に流せ」という指示を出しておいた。

 ごみじゃないんだからよ。

 法的にまちがっているという指摘も、重々承知ながら。

 なにしろ話を戻せば、おいらは神経を病んでいるからさ。



 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-02-09 20:35 | 自分のこと

いただいた命の定期点検

 
e0034554_17333123.jpg


  トンネルを抜けると雪国だった。・・・・川端康成くんだったかな。

  てな的な光景。病院の10階から。


 
e0034554_17334697.jpg


  断食が終わるとご馳走がまっていた・・・・おいら。

  朝飯食えずにひがんでいる、ラマダン初心者の嘆き。


 さて。

 今日は、1年に一度の定期点検の日。

 検査会場の雰囲気を多少は伝えておく。
 

 <シーン1>

 「最初は、検尿からですよー」・・・看護婦さん。

 カップに入れてトレイのところに持っていくと。
 
 「何これ、サービスエリアのお茶サーバーかいっ」

 先客たちのサンプルは、つわもの級で、番茶や麦茶の濃いやつから、コーヒーかあってやつも。
 どっかの人は、持つところまで、並々入れてるし。

 「こりゃ、全員病人だな」・・・おいら以外は。


 <シーン2>

 恒例のお祭り囃子、肺活量検査のおねえさんは。

 「吸ってすってすってすって、ぱふゅー・・・・・・・・さいごまで吐いてはいてはいてーっ」

 おまけに、

 「最後さいごまでふんばってー・・・ふうっ、お・つ・か・れ・さまー」

  って、わびさびの後のショボンとした声まで演出してくれて、

 「こっちこそ、お疲れ様でした」って。

 ほんとここでは。

 円ひろしーズが、同じ言語を繰り返し繰り返し、歌ってますね。


 さて結果。

 血糖値、血圧、正常。ちなみに125/77で。
 ガンマGTPが二桁になって、肝臓異常なし。
 悪玉コレステロールが3分の1も減って、ほめられて。
 それこそ、おいらのシッコは、宇治茶なみの1等級。

 なんたって、体重が3キロ落ちて、ウエストが3センチ縮んだこと。

 しかし。卵の食べ過ぎに注意といわれたのを、多少加減したとしても、まったく努力していないのにだ。

 まったくもって、ご先祖からいただいた命の種類、こんな構造体に感謝である。

 反対に、先日検査入院から出てきたY婦は。

 「お酒飲むのが怖くなったー」

 精進の違いさよって。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 お昼の、ミックスフライ定食にひとこと。

 人間ドックにはお食事がついているので、当然10階レストランのメニューの中から、一番高いものを頼む、しかも大盛りで。
 しかし、既製品のタルタルソースはいただけないなあ。
 えび君が、かりっぱりっして、意気込んでいるのにさー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 マークスの山について説明しておく。

 2年ほど前に、100円で買ってきて、次はこいつといいながら、ハードカバーのくせに、上下2段のびっしり活字タイプの推理物で、酒をちびりちびりの国内汽車の旅では持て余し、書庫に眠っていたもの。

 我が家のことでいうと。

 この15日から、上海に家族で出かける予定にしていて、昨日行程表が届いた。

 「なにこれ、格安とはいえね、移動時間たっぷりバス監禁事件じゃん」

 初夢バーゲン24,800円に飛びついたおいらもおいらだが。新潟からも池袋までは高速バスで移動するし。

 ということで、車中の読み物を用意するっつー必要ありということで、紐といた次第。

 検診中に読んでたら、職場の先輩がいて、

 「いまごろ読んでんかー、マークス」

 といわれ、

 「近頃、あれはいいという評が多くて、読んでみようかと・・・・・・・・・」

 おいら、
 「そっちこそ、坂の上の雲読んでいる上で、日本の外交、中国漁船の体当たり、語ってるんでしょうねー」

 ・・・とは、安易に言わないにせよ。

 おいらは。

 名作文学というものに、読み時、旬はないと思う。

 旬という時系列の設定は、むしろ自分にあると思う。


 尿の「濃淡」からはじまった本日の戯言ざれごとは、美しくまとまったところで終えておく。

 なにしろ今日は、定期点検を終えて、晩酌天国なのだから。

 ビバとっくり!

 ボーリングのピンに酒詰めて徳利に。

 10本倒してストライクー!

てな銚子で、もとい、というふうな調子でね、今宵は乾杯。


 
e0034554_18561768.jpg

 
 昔なら。
 雪があるゆえ隣国から攻められず。
 のんびりと暮らしていたに違いない、越後勢。

 我が家から5.600メートル先、73郎、松4郎(ともに屋号)付近の様子である。

 

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-02-06 18:16 | 自分のこと