「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

引越前日、我が家の変遷

 
e0034554_1816467.jpg


  窓から手を振る長女。二女たち。



 思えば・・・・

 
e0034554_18173841.jpg


 兄ちゃんが生まれ、姉ちゃんが生まれ、2階の一室に学習机を置いて、親子みんなが2段ベットで寝ていたときはよかったのだが、2000年に朱鷺がやってきて。

 「部屋が足らん!」

 ということで作ったのがこの建物。

 今から12年前。

 石垣を前年に積んで、土を落ち着かせ、ようやく着工にこぎつけたんだよ。

 さて。

 部屋ぎめは、くじ引きとしたため、姉ちゃんの部屋が一番日当たりがよく、次ににいちゃん、西日の部屋が朱鷺だった。
 今回、長女の転出に伴い、兄ちゃんの部屋にいた朱鷺がようやく一番いい部屋に行くことになり、

 「いままで、使わせていただいたつもりで、きれいにして明け渡せ」

 長女に。

 「わかっちょるわいー」

 ということで、きれいさっぱりに片付けられている長女の部屋である。

 3部屋とピアノのある洋室一帯は、3人のうちの一人が独占する状態になった。

 おいらは。

 旅のつもりで、空いている部屋に泊りに行きたいと思う。

 
 参考までに。 

 
e0034554_18291453.jpg


 昭和の初め、となりの板井村から引き取られてきた土蔵は、屋根がいたんだため、子どもたちの部屋をつくって2年後ぐらいに、屋根外装を修繕した。

 修繕したはいいものの、中に入っているのは空気とがらくた。

 次の世代に、いらんものを修理したなあ・・・おいららしくないなあー・・・とも思いつつ、あのころはまだ親父が介護状態ながら生きていて、歩行器使って縁側を歩き、庭を眺めるたびに、土蔵がいたんでるてばなーと言われ、
 「おれ半分、おめ半分でやっつけっかー」

 といって、100万づつ持ち寄って直した仕事なのである。

 
 
 さらに。ちなみに。

 
e0034554_18324592.jpg


 この格納庫は、20年ほど前の作品で。

 あんまり農機具が多すぎて、道具も含めて入れ替えたり片付けたりしている時間がかかり過ぎていて、600万円で新調した。

 こいつは、おいらの初めての作品で、えらくできの悪い建物になった。


 ちなみに。

 
e0034554_18353912.jpg
 

  土蔵の修繕も、子ども部屋も、この若かりし頃の、当時は父のもと、若衆として大工をしていたけんじ大工の作品であり、この写真は、昭和56年、わが家が取り壊されて、新しい骨組の建物が、無事上棟式を終えたばかりの写真である。

 
e0034554_1839599.jpg



 
e0034554_18402072.jpg


  昭和55年までは、この建物に住んでいたおいら。

  田舎暮らしにあこがれるうだあ・・・・・・

  おいらが。そんなばかなことを言う世代ではないことがわかる。

  
  ちなみにこいつは。
  明治の初め、中蒲原郡俵柳村の旧家を移築したものということである。

  解体作業を覚えている。
  親戚兄弟が集まって、
  「さーの、さーの」「せーのせーの」とロープをかける棒がしらいて、みんなで引っ張って、解体していく作業だった。
 ちなみにおいらは高校3年生で、この作業には関わっていない。
  というよりも、ぐれていて、自宅にはあまり関心が無く、長男だからということで、上棟式のみ参加した、させられたのみである。

  こんなふうに。ちょっとのおいらのことと。
  
  こんな我が家の変遷を語ってみた。

  当然。 この間、当主が入れ替わり、嫁いできた人たちがいて、多くの子どもたちが育ち、巣だっていって。
  ちいさな家という歴史がある。

  たぶん。

  明日の娘の旅立ちは、ちいさな我が家の歴史になるのだと思う。


 .
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-03-30 18:27 | 家や家族のこと

連日の飲み会

 
e0034554_6585115.jpg


 火曜日の歓送迎会。地元の料理屋さんで。

 感想。

 お店へ
 料理のお品書きに、最高級和牛とか、極上カンパチとか、いちいち修飾しなくてもよい。だからどうしたであるから。
 よって、この料理屋には興味がくなくなった。

 幹事さんへ
 セレモニーをしつかりコーディネートしてください。


 次に。
 水曜日のある会合。とある温泉旅館で。

 感想。

 お店へ
 たけのこ、せり、豆乳の鍋、おいしかったよ。

 おいらへ
 半分程度の気を使って、座敷を一周して、ほんと御苦労さんだね。
 
 
 
e0034554_659284.jpg


 さあ、逃げ出そう!

週末に向かって。

 引っ越し街道まっしぐら、北陸道、京都にいくぞ!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけの写真

 1.お品がき
 2.人のトンネル
 3.男性同士の抱擁

 
e0034554_19522537.jpg


 
e0034554_19523559.jpg


 
e0034554_19524766.jpg


.

.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-03-29 07:09 | どうでもいいこと

かみつき・・がめめ!


四月になると。
 
 大根を打ち上げたい国がいる。

 あたらず、泣かず飛ばず。

 くだらんことしないで、はやく国民に安心して暮らせる食料を。

 北の国へ。かみつきがめへ。

 じゃがいもつくりに、いってやるからさ。

 
(前回のばかたれ仕事はこちら)

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-03-27 23:14 | いきどおり意見広告

2012.03.25・・・夜のセッション

 
 
e0034554_20391367.jpg


 
 3.25はにいちゃんの20歳の誕生日。

 今日は記念すべき日、当然ちゃー当然迎える日なんだが。

 パスポート10年分を取得しに行って。そして夕餉である。


 帰省した息子がいるといないとでは、多少料理の意欲が違うようである。(◎◎妻の様子から推察して)

 にいちゃんとねうえちゃんは、意外となかがよい。(先輩後輩という感じ)

 ばあちゃんはにいちゃんに甘い。にいちゃんもばあちゃんに甘い。(帰省のたびに、こずかいがもらえる)

 朱鷺子は、そんななかで、虎視眈眈、育っている。

 おいらは。家族ウォッチしながら。

 淡々と飲んでいます。

(おおみそかの晩はこちら)

 (ある日のだんらんはこちら)


  昨晩のことを書きました。過去完了形でした。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-03-26 20:38 | 家や家族のこと

2012.03.25・・・4GBeach

 
 本日南西の風、オフぎみ秒速12.3メートル、セイルサイズ4.0から4.4

 おいらは、陸上でカメラマン。

e0034554_16574544.jpg


e0034554_16575638.jpg


e0034554_1658918.jpg

 


 空の先達

 
e0034554_16583288.jpg


 かめも

 もとい、かもめ。 


 その弟子

 
e0034554_16585791.jpg


 翼をもって、陸地を歩く、W杉鳥。


 おまけ

 
e0034554_1792651.jpg


 なまマッコリルの樽に見えたのは、おいらだけではないだろう。


 .
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-03-25 17:10 | どうでもいいこと

がんぱっていこー


 
e0034554_17315245.jpg


  春らしい天気がやってこない。

  ぜんぜん、地球温暖化じゃない。

  窓の外はみぞれ雪である。

  このところ。週末になるとダメ天気。

  さっぱりモチベーション上がらず。


  いっぽう娘は。
 
  
e0034554_17312765.jpg


  いずれの希望もかない、意気揚々である。


   寒くて、庭を散歩して、写真ネタを探して、ありきたりの2つをのせる。

 
  そしてテーブルにある、こいつ。

  
e0034554_17492680.jpg


  娘のアパートに住む住人に配る、笠原豆店の花まめ。

  本日調達完了。

  ついでに言えば、本日いらなくなった教科書を廃品回収でだして、もらったトイレットペーパーも準備した。


  おいらも。新しい土地で勉強したくなった。

  唐の都長安でお経を習うとか、天竺まで、ありがたいお経をとりに行くとか。

  
   
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-03-24 18:06 | どうでもいいこと

おいらと伊藤園

 
e0034554_20341622.jpg


 伊藤園のお茶は、1980年に始まったらしい。

 思い起こせば高校3年。松田聖子の「青い35升」がヒットしていて、おいらのパチンコの腕も、そうとう上がっていたころだ。
 タバコはキャビンが新発売されたころだった。

 そんなんはどうでもよい。

 そんな伊藤園のボトルを使って、娘たちが引っ越し準備をしている。


 つめたかよーい!

 もとい。 つめかたよーい!

 
e0034554_20342949.jpg


 こうやって、冷蔵庫に保存する算段である。

  なかなか、手間がかかる。

 普通の紙袋でいいのではないか。

 ま。結論からいえば、引っ越しまでの準備を家族で楽しんでいる・・・のである。

 10万円で打ち止め予算って決めたときから、その金、そつくり娘に渡したときから、節約が始まっている・・・・のである。



 おまけ

 
e0034554_20361464.jpg


 娘の携帯のなんとかサイトで撮影してもらい、コラージュしてもらったら。

 こんなふうになり、「おばちゃんだー」といわれ。

 姉とそつくりな自分に、えらく驚いている。


  そんなんは、どうでもよい。

  おまけなので・・・・・。

 
  楽しみを倍増するために、京都歳時記などを、ネットで見ているおいらであった。



.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-03-22 20:50 | 家や家族のこと

よっこらショット

 先日の村普請、泥上げ現場で。

  
 
e0034554_7251583.jpg



  首を伸ばして。

 
e0034554_7253684.jpg



  もとどおり。

 
e0034554_7255112.jpg



  このあと、彼は。

  おいらの手によって、水のなかに投げこまれ。

  また寝することになろだろう。


 寒い。まだまだ寒い。

 明日は、朱鷺子の卒業式。

 早い。いつのまにかに、早い。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-03-22 07:30 | どうでもいいこと

村普請2012

 
e0034554_1211142.jpg


 村の泥上げ。

 どんなに機械が進歩しても、最後はこいつ、人間の手。

 橋の下に入って、器用に仕事できるのは、われわれか、福島1号機に入っているハイテクロボットしかあるまい。

 ただし。ロボットは日に日に進化するが、我々は日に日に年々老化する。

 しかし我々にも。世代交代という武器があるではないか。

 この村に婿にきて、お前いけと言われたもの。

 じじが呆けたので、出てきたもの。

 親が腰おこしたので、でてきたという、若者後継者・・・・・・・・・。

 今年から、百姓やめたっ・・・ていう宣言したものは、もう来ないし。

 いいのか、悪いのかね。

 
e0034554_12104070.jpg


 
e0034554_12105328.jpg



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
e0034554_12255422.jpg


 
e0034554_12112692.jpg


  寄ったかって、春を待っていたのに、長靴の住み家ごと、陸に上げられた魚たち。

 「農地・水環境政策ならば、こいつらも大事にされるのだろに・・・」

  おいら。

 「もどしてやろかー」

  わごろう。

 「さぎやカラスが、こいつらを食うのも、また自然ー」

  おいら。

 「ま、もどそう」

 っていうことで。

 
e0034554_12155490.jpg



  春が、少しづつ始まる。

  昨日はYもと妻から、ふき味噌がとどいた。

  初モノのふきはほろ苦く・・・香りまたよしである。


 さて。話は戻る。
 村普請の後は、慰労会である。

 午後1時再集合。
 これからまた、力仕事をして飲むだけだ。


  お昼に帰ってきて、酔っ払う前に、ブログを書き終える。

 (昨年はこちら)

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-03-18 12:20 | 木場のこと

今年度の目標

 
e0034554_15311799.jpg


 農業部門

 直播栽培に挑戦、省エネ、ロー設農業の自由研究


 お勤め部門

 第2の人生に向けて人脈づくり

 
 家族部門

 単身学生生活の二名への支援、つまりズバリ金銭的救援 


 自分部門

 旅また旅、海・山、未開の地に


 
e0034554_1551017.jpg

 

 今年は単車ででろんでろん、しようっと。

 つていうことで、エンジン始動。セル3回、最後の1分に初爆あり。ほっ。

 外は重馬場あいにくの雨、5分ほどエンジン回してまた眠らせる。

 農業機械も、順に手入れして春がくる。




 (おまけ)

 
e0034554_15511394.jpg


 おいらが一番ほしいのは、おまえだ。

 ヨンボ!
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-03-17 15:48 | 自分のこと