「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

手に酢


 
e0034554_19541657.jpg


 平成24年7月29日

 新潟市市営ニワタマ場。

 もとい、庭球場。

 1年生デビュー大会。


 
e0034554_200275.jpg



 
e0034554_19564112.jpg



 判定は・・・・・。




 
e0034554_1957628.jpg


 にこにこしすぎてねーかー?

.
.

.
 
e0034554_19571687.jpg



 勝っちゃった・・・・・。

 ハイタッチ。

 やったね。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 つくづく、親墓゛だね。

 ほんと、いい年なんだわ、おいら。
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-07-30 20:03 | 家や家族のこと

流派は・・・・

 
e0034554_81241100.jpg


 またも、ひまわり。

 ただし。畑にあらず。

 いずこに。
 
 
e0034554_8121237.jpg


 家主は、最近、上洛したらしい。

 聞けば、嵐山、嵯峨野あたりにいって、風流風雅・わびさびを学んできたらしい。

 らしいって。

 そのお点前は。


 
e0034554_8125478.jpg


 「傘立流」

 よみかたは、読者の好きにすればよい。

 
 注文を付けるなら。

 花瓶のかわりに、かさたてで代用したから、

 「かさたてりゅう」

 風流な音読みでいえば、

 「さんりりゅう」

 さんりゅうと言い直すのもまた風雅でよし。
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-07-29 08:12 | どうでもいいこと

サンフラワー2012


 てけてけてけてけ・・・

 ひまわり

 
e0034554_7503337.jpg


 コメリ、1キロ500円のりすのえさ。

 ・・・で、花畑となる。


 
e0034554_7524675.jpg


 こっちは、農協のハイブリットタイプ。

 共通点は、ヒマワリという名の通り、ぜんぶがぜんぶ、太陽の方角を向いている。


 
e0034554_7541695.jpg


 うまいかー。


 ご近所に、ゴッホでもヤッホでも、絵描きがいたら、いい場所だと思う。

 さしん家さんもいたら、いい感じで撮れると思う。

 なんたって、国策で休んでいる、いわゆる休耕田だから。


 おまけ。

 
e0034554_7574720.jpg


 
e0034554_7575912.jpg


 昨日。

 土用の丑。

 お詫び程度のうなぎあり。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-07-28 08:00 | どうでもいいこと

上洛・・・4

 
 京都も、よろりとネタ切れ。

 それぞれの京都の楽しみ方を伝える。


e0034554_3275466.jpg


 1.自転車で京都。・・・おいら。



 
e0034554_3281815.jpg


 2.ゆかたで京都。・・・キャピキャピたち。



 
e0034554_3304456.jpg


 3.鴨川、オープンデッキで京都。・・・リッチマンたち。


 
 
e0034554_342154.jpg


 4.本願寺の縁側で昼寝をする京都・・・越後人たち。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 1.自転車で京都

 嵐山の観光スポット、嵯峨野竹林あたり、午前6時過ぎ。観光人力車の一番の収入源地帯を、自前でこぎ抜ける。
 この日は、松尾神社、嵐山、嵯峨野大覚寺あたりをうろつく。ただただ、よい。


 2.ゆかたで京都
 
 観光地の中の観光地、清水あたりをゆかたで出歩く娘ごたち。若ければ、こんなんもよい。ゆかた姿のチャイニーズもおおかった。
 ゆっとくが、まつたくおいらに関係のない通行人である。


 3.鴨川、オープンデッキで

 土曜日の午後7時過ぎ。川風というのは意外と涼しく、こんなリッチで、魅惑的な風景はない。
 同行の娘に、
 「働いてお金をためて、おれたちを京都旅行につれてきてくれや」と頼んだ。

 
 4.本願寺の縁側で昼寝

 ほんとに、このあと3人で寝た。
 涼しくて、落ち着いて。

 京都のお寺は、ほぼ拝観料があって、簡単に入れない。ここ東本願寺は世界遺産ではないし、全国から悩み多き者どもがお金を運んでくるから無料でやっている。
 すくなくとも、また行きたいと思う場所であれば、拝観料などはやめにして、浄財箱とお札などでよいのではないかと思う。
 午後の日差しを避けて、シエスタできるお寺はそうないと思う。

 (過去の訪問はこちら)
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-07-26 18:26 | 茶がらけ日記

上洛・・・3

 
e0034554_208982.jpg


 
e0034554_2082223.jpg


 飲み、食い。

 京都、西院院のこーちゃんにて。




 
e0034554_2084591.jpg


 
e0034554_2085556.jpg


 またままた、飲み、食い。

 西院の蕎麦屋にて。



 
e0034554_2093877.jpg


 
e0034554_2095293.jpg


 やっぱり。 飲み、食い。

 西院の焼き鳥屋にて。



 
e0034554_20103175.jpg


 
e0034554_20104216.jpg


 これでもか。

 食い。

 餃子の王将にて。

 近江木ノ本の駅前食堂「福田屋」にて。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 食べること、飲むことをなくして、人間は語れない。

 今回の旅で。

 清酒を飲み比べて、「やはり」を感じ。

 ばってらとサバ寿司の違いを学び。

 ギョーザの王将が、いかに挑発的か、田舎の駅前食堂が、いかに魅惑的かを感じ。

 もっとも。

 京都に上洛といっても、娘の所に行くわけで。

 毎度毎度の3食など、とうていあてもなく、自前で用意するか、さっとアパートで炊くか、食べに行くか、これしかないわけで。

 そんな遊び方も、えらく楽しいわけである。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 追伸、追記

 今、妻が帰宅。

 伊勢丹地下食のさば寿司が、安価で届いた。

 「うまい」

 この上洛で。

 帰り道、武生市(福井)のスーパーで買ってきたすしよりも、10倍うまい。

 ・・・全部、食べてしまうぞ。

 ・・・・・もとい食べてしまいそうだ。

 いいきると、やってしまう癖がある。

 いま、風呂の蓋を閉める音がした。


 キッチンから退場せねば・・・・・・・・・・・
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-07-25 20:11 | 茶がらけ日記

上洛・・・2

 
e0034554_20312767.jpg


 京都は、朝と夕だ。

 朝は、泥棒に間違われない時間であれば、早ければ早いほどよい。

 夕方は、昼間の観光客相手とか、あきんどさんが、よしっ閉店っていう間詰めがいい。

 静かな京都を知らなければと思う。
 
 観光客に寂しさを、感じさせる時間帯があってもよい。

 かといって、のっけからアイスをほうばる写真では、京都通には失礼だが。

 夕方。

 とりあえず、喉が乾いたら、アイスだと思う。

 清水の舞台からダイブ下、もといだいぶ階段を下りたほうに、客寄せの階段が多数あって。

 アイスを食べた。


 
e0034554_20414763.jpg
 

 
 祇園の入口で。

 出前の自転車にあって。

 絵になるドスエーって、写真を撮った。

 それでも。

 うじゃうじゃと。

 
e0034554_205234.jpg



 夜の、京都の観光客は、うじゃうじゃと、歩いているだけなんじゃないのー。

 おいらの疑問もとい擬音、祇園界隈、花町の様子を見る限り、自宅が暑いのでただ、外に出て歩いている風景に似ている。

 
 おまいり。

 
e0034554_2115862.jpg



 
e0034554_2123096.jpg


 年をとると。

 あれこれ、神様仏様に、注文が多すぎる。

 たかだか、50円かそこらで、山ほどの御祈りをする。

 ぼんのうだらけ。

 朱鷺子は、手を合わせても、手を叩いても、お祈りすることがそんなになくて、神仏の前にあっても、すぐに事が終わる。
 パンパン。2礼2拍手いっぱい
 邪念が多い人は、タイムラグがあって、いつまでも未練たらたら、さい銭の分以上に、いっぱいお参りするものである。

 ただし、若い人にとって、おみくじは、うれしいようだ。

 1枚目の写真:八坂神社にて。

 2枚目の写真:滋賀長浜木之本、北国街道沿いの宿場町にて。


 つづく。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-07-24 21:12 | 茶がらけ日記

上洛・・・1


 
e0034554_2251422.jpg


 よっ!

 いつもの、魚サン。

 清水付近の坂道で。

 さては、であるきやがつたか、いかのあし、げそやろう。


 
e0034554_22535169.jpg



 まさか。

 娘と一緒かい?

ああ、そうさ。

 つれあいもいっしょさ、いいだろ。


 
e0034554_22551912.jpg



 こりゃあぁあ、渡月橋じゃあねーか。

 ああ。

 早起きして。そんでチャリで散歩してきたよ。

 娘のアパートが、くそ熱くて。

 ゆっとくが、あえて、この熱いを使うよ。

 京都は、暑いなんてもんじゃあ、ないよ。


 サンダルが、まずは語る、京都日記でした。



  本日、帰宅して飲むのが精いっぱい。
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-07-23 22:59 | 茶がらけ日記

上洛する


 
e0034554_4244633.jpg


 いよいよ、楽運上洛号にて、京都へ。

 2.3日はブログを休刊。

 京都のせみ、聞いてきます。

 京都のまずいもの、食ってきます。

 児の様子、見てきます。

 車のタイヤ、交換してきます。

 大家に、枝豆届けます。

 では。

 例によって、探さないでください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

 
e0034554_4245869.jpg


 いにしえのクラウン1号と、子どもたち。

 このこらも、18年前かあ。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-07-21 04:28 | 家や家族のこと

手をかけるということ

 
e0034554_6463539.jpg


 日々。庭木の剪定に追われている。

 木なんぞ、なければいいものを。切ってコンクリート敷いてしまえ。

 悪魔がささやき、世間のずくなしは言いよる。

 祖父の代、父の代、俺の代。とりあえず、庭を守ってゆくさ。


 
e0034554_6501613.jpg


 
 いっぽうで。

 手をかけず。

 かつこつければ、オーガニツク。

 昆虫学者ナチユラリスト風に言えば、てふてふ、ちょうちょうを育てている。


 手をかける、手塩にかける、目をかける、様子をうかがう。

 いろいろと付き合い方もあるものだ。

 さて。

 週末。おいらが飼育、もとい養育している3人の子孫のうち、京都にいる娘の所に行く。

 なにごとも。

 手間暇がかかるということだ。


 
e0034554_658348.jpg


 あの手。

 この手。

 忍びよる手。

 見えざる手。

 あじさいに手をかけてみた。

 ばかか。
 
 キャベツとあじさいで、今朝を表現してみた。


.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-07-20 06:59 | どうでもいいこと

風鈴を聞きに行く


 
e0034554_2222285.jpg


 
e0034554_22221978.jpg


  風鈴の音を聞きに、休み時間をもらって、いってきた。

  といっても。

 おいらの目的は、この仕掛けのもとになった作者と、その学校の校長と、風土を見たかったから。

 ということで、上の階にいるN元校長から同行してもらい、何の断りもなく、書道の授業を眺めたり、地域ルームを見学させてもらい。


 記事にはこう書いてある。

 
e0034554_22224176.jpg


 仕掛け人の男。

 おいらの近所の柏陶芸家。

 勤務先で、べとで、風鈴つくって、地元から短冊書いてもらって。

 ブラ下げたということだ。


 「楽しまなきゃあ」

 「なあ」

 「ああ」
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-07-19 06:21 | どうでもいいこと