<   2012年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

悲願達成

 
e0034554_12403824.jpg


 悲願なる 田んぼの刺客 くれないの

          ねずみの家に だんご届けん

 
e0034554_12405323.jpg


 2年越しの、彼岸花移植プロジェクトが実った。

 この地下茎、球根に大量の毒があって、ネズミが逃げていくらしい。

 この田んぼ、毎年ねずみの被害にあっているのだ。

 「毒だんご作戦」・・・・失敗、まつたく、へとも思わない。

 「トラバサミ作戦」・・・・・・・・・失敗、かかるのは鳥だけ。

 「ねずみトンネル遮断作戦」・・・・失敗、無限大に掘られていく。

 「厚厚畔作戦」・・・・・まったく効き目なし。

 この可憐な妖艶な花を持って、せん滅すべし。

 (むだな抵抗)

 (いつかのあぶり出し作戦)

 
 

 

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-09-30 18:40 | 農作業日記

隣村板井の校舎イベント

 
e0034554_13201666.jpg


 今日から、隣村板井の校舎で、イベントが始まりました。

 閉校して何年経つかなあー、新潟大学の学生さんがコラボして、いろいろと飾りつけをしてくれました。

 校長先生の写真を切り貼りして、コラージュをつくるなんて、素敵です。


 少し、風景を載せておきます。

 
e0034554_13235624.jpg


 村内に住む古女性たち。

 ある教室は、喫茶室になっていて、牛乳、コッペパンを食べることができます。学生たちが給仕してくれます。

 
e0034554_13262819.jpg


 階段の上に、オブジェがすわっています。

 少年の目でしょうか。

 目玉おやじではありません。

 
e0034554_1327553.jpg



  ふるいアルバムを見ています。

  おやまあ、居酒屋ろくべいのおかあさんが写ってました。


 
e0034554_13295813.jpg


 窓際にも、少年がたっています。

 バケツはもっていませんでした。


 
e0034554_13312894.jpg
 
 

 2階は電車線路のいたずらがあります。

 過去未来につづく道でしょうか。


 
e0034554_1415250.jpg


  ここで、何千人という少年が、金をぶつけたと思います。

  これだけは、公民館で保管してほしいと思います。

  この心柱だけでも。


 
 
e0034554_13341770.jpg


 こんな、おしゃれなアートもありました。

 ほしいです。

 
e0034554_1335398.jpg

 
 校庭とグランドの真ん中には、砦が組まれています。

 来週の日曜日は、盆ダンスがおこなわれます。

 わたしも、八分の一、板井村の血が混ざっているので、踊りに行きたいと思います。


 
e0034554_13383528.jpg


 我が家から出品した、いろはのランドセルが、飾られてました。


 いい企画です。

 お金かけず、手間かけて、あるものを使って、あーとする。

 ただ、解体するだけじゃあ、へにもなりません。

 教育にもなりません。


 隣村のイベントなのですが、多くの人に見てもらいたいなあと思いました。

 (参考までに無残なわが村の校舎

 (もひとつ、無残なわが村人の情


.

 (おまけ)

 
e0034554_13563633.jpg


  板井で生まれた赤ん坊。

  この子は、半分木場もん、半分、いてもんです。


 
e0034554_13574381.jpg


  この娘は、板井で生まれました。

  半分は、大野もん、半分いてもんです。ハーフです。

  ちなみに、今度は、板井の血をもって、来年角田山ろくに嫁ぎます。

  校舎には飾られていませんが、板井の、「動くオブジェ」です。


 (おまけのおまけ、昔の記事から


 .
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-09-29 13:41 | 木場のこと

糸はない


 
e0034554_703621.jpg


 絵には、別に、意図はない。


 
e0034554_712787.jpg


 別に、どうってことないが、下からの太糸1本で、やつの住宅兼猟場がつくられていて、ただそれを断ち切るだけである。

 諸行無常である。


 
e0034554_74206.jpg



 あさのスタバにいって、本を読み。

 第1回魚釣島沖放水合戦、台湾と倭国の競り合いを見て。

 野田首相の国連演説をきいて。やっぱり頭でっかちな感じだと思い。

 安倍さんが自民党総裁になって、外交力が少しはつくかなとも思い。

 北もそうとう飢えているらしく、拉致被害者の会もいましかないと思っていて。

 すずしい秋がやってきて、国を想う時間ができた。

 断固。

 勝手におれんちに、クモの巣を張るやつは、許さん。

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-09-27 07:12 | どうでもいいこと

いわきまで・・残りの風景

 
e0034554_9355061.jpg


 ある看板。

 会津街道、大戸あたり


 
e0034554_9363942.jpg


 ある看板。

 臨終山かあ、しゃれてるなあ。


 
e0034554_9374613.jpg



 ある塔

 旧街道の集落で。



 
e0034554_93827100.jpg


 ある石碑

 昭和17年、村からでていく出征兵士のため武運長久を願い建てられたという。



 
e0034554_9395031.jpg


 あるお墓

 江戸の終わりころ、飢饉か干ばつか、小さい命が石になって並んでいる。


 
e0034554_94368.jpg


 あるランチ

 生きていることに、旅ができることに、感謝の一膳。

 「ここのマスターは、中華出身ですかー」

 「洋食が主と、あとは見よう見まねでー」

 「いや、うまい」

 山間にしては、失礼ながら、めずらしいと思った。

 感謝。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-09-24 23:34 | 茶がらけ日記

焼酎が届いたよ


 
e0034554_18343418.jpg


 こいつを材料にして。

 できたらしい。

 近所の農業委員がもってきた。

 ま。

 話題性だわな。

 行政補助金とか、組合からお金出てんだろうなあ。

 箱だけでも、相当するだろうなあ。



 
e0034554_18344962.jpg


 今日は、枝豆を食べながら、健全な晩酌にしたいと思う。

  昨日は、板井でやりすぎたー。

  おとといは、小名浜で偏食酒しちゃったし・・・・・

 

 
e0034554_18473336.jpg


  ふくれてダウン・・・の図
 
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-09-24 18:49 | どうでもいいこと

いわきまで

 
e0034554_8485219.jpg


 ぽっかりあいた、この土日。

 バイクで出よう。

 甲子トンネルができて289号が走れるなあ。
 湯岐温泉で湯治してくるかあ。

 山間の旧街道を走り、農家を眺めて。

 たどり着いた街は、小名浜港。

 1日目。のんびりぷらぷら。
 2日目。土砂降りでぬれねずみ。

 ま、青春だもの。

 
e0034554_910344.jpg


 農家関係者全員集合!

 何でかというと、この10分ほど前に、田んぼにトラックが転落しそうになっていて、おいらも含めて引き上げに参加したの。

 「新潟からねー」

 「うちの父が、新潟角田の五ケ浜出身で、よく行くんですよー」

 塙町に、婿さんに行かれたんだそうだ。

 またまた、身近な話である。

 
e0034554_9161260.jpg


 「ゴマ葉枯病がでていますねー」

 おいら。

 「2回も予防してさ、肥料も加減してまいてるけどさ、イモチも出るしさー」

 おじさん。

 「山手の米つくるのは、管理も含めて手間がかかりますねー」

 おいら。

 「今年は、このへんも放射能検査だー」

 おじさん。

 「新潟も全部検査しましたよ、大丈夫ですよ、いざとなったらぜんぶ食べればいいんですからー」

 おいら。

 ※ゴマ葉枯病は、肥料の欠乏で稲が弱ると発生する。
 ※イモチは、肥料過多によって菌感染で拡がる病気。

 (そういえば去年の山間は、こちら


 
e0034554_927945.jpg


 一方、平場の農家では。

 ごっこごっこと刈っている。

 こっちの風景を見ていると、大規模ゆえに、経営が成り立っているのかなあと心配になる。

 見た目で、豊作ということがよくわかる。

 穂が長い。

 色がよい。

 
e0034554_9303662.jpg


 ま。

 農業は、眺めている分には、大変よいのだ。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-09-24 09:25 | 茶がらけ日記

手土産もって、豊作を祝う

 
e0034554_2010293.jpg


 農家というのは、敬虔なクリスチャンに似ていると思う。

 台風大雨、干ばつ、飢饉、虫攻めに、恐れおののいて、神様仏様にすがり。

 ようやくとれてみれば、今度は、ありがたいっていって、収穫されたものを、共有しあう。

 
 なので、おいらの今日は、こんな感じ。

 
 精米したコメ5キロ袋を、楽運上洛号に積みこんで、よもやまの用事をたしにゆく。午前9時出発。

 朝一番に。
 銀行、自転車屋、郵便局に行って、あらPTA仲間のT田女史に、偶然出会う。

 「またあったなあ、これ、ひとつやるからー」

 「おやー、ご馳走様、午前中、中学校にいるから、よかったら顔出しにくればいいさー」

 はいよ。

 出だしから、番狂わせだが、秋を満喫してくれる仲間ならば、それはそれでよい。

 次に、せがれの同級生、行きつけの前田酒店に行って。

 「そっちのせがれのところに、新米、よかったら送ってやってー」

 ほらよ。

 しばし、自動車屋さんも交えて、世間話。

 その後、誘われたように、中学校の校長室で世間話、コーヒー1杯ごちになり。

 お昼に自宅に帰ると。

 おばさんが遊びに来ていて、世間話。

 「これ、半端だからもってってー」

 だいぶ減ってきたぞ。

 午後からは。

 巻在住の恩師佐藤さん宅に行って、2時間も世間話。

 お返しに、麒麟山1升甁をもらい。

 その足で、今回、県議に立候補した城西大学先輩の選挙事務所に行って、激励の口上を述べて。

 世間話をしばし、してからに。

 最後に1個のこったなあ・・・・・・・・。

 そうだ。

 夕方。

 プールに入ってぼっーとした後。

 来月のブログ仲間会合に参加する、Y女史にもっていって、宴会会場の打ち合わせをして。

 完売、もとい、完配。

  本日、6袋、6人のところに、いっしょに秋を味わってもらうことができた。

 また。
 
 配達途中に。

 集荷場にいる密偵から、めーるあり。

 「ぜんぶ1等米、安心せよ」

 ほつほつほっと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・しました。
 

 おまけ。

 
e0034554_20102812.jpg


 選挙事務所で。

 大学合気道部のOB先輩たちが、陣中見舞いに駆けつけられたとのこと。 

 おいらも、なんとか気持ちは間にあったようた。

 同じ釜の飯を食うというのは、家族の次に大事な事だと思う。


 さてと。

 明日は、ちょつと時間が空いたので、旅に出たいなあー・・・・・・・・・・・・

.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-09-21 20:32 | どうでもいいこと

どうか1等になりますように


 
e0034554_845438.jpg


 生徒番号1102

 いっ とう に ・・・なりますように。

 
e0034554_8451712.jpg


  検査を待つ。

  今年のコメは、出来がよい。

  登熟が完ぺきで、未熟米がほとんどなく、収獲量も多かった。


  これから、顔出しがてら、子袋に詰めた米をもつて、あちこち出かける。
  
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-09-21 08:51 | どうでもいいこと

ゆるんでやがったよ。


 気の緩み、こころの緩み、ベルトのゆるみ。


 稲刈りが終わったといって、気が緩んでいる。

 家族が農業を手伝ってくれて、心が緩んでいる。

 ビールと枝豆が進み過ぎて、おなかのベルとが緩んでいる。

 最後だけは違う。

 
e0034554_1394735.jpg


e0034554_1310677.jpg
 

 おいらは、ベルトを貼り替えているのだ。

 そして、オイルを交換しているのだ。

 こういう仕事も楽しいのだ。

 本日、コメリに行ったり、農協に行ったり。

 ネットで機械科の授業を受けてみたり。


 生涯、学習でさぁ!


.

 

 

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-09-20 13:12 | 農作業日記

50歳からの朝学習

 
e0034554_825142.jpg


  はなつる、いるいっさー、

  しぷぺくちょんまん・・・・・・

  朝から語学にうちこむ、おいらーえくすぷれす。


 
e0034554_83517.jpg


  スタバの高速側ガラスにて思う。カメラはしゃ!。


  
  スタバの陰で泣いている。

  和意・・・ 朝起きて、しつかり勉強に励んでも実を結ばないありさま


  草葉の陰で泣いている。

  和意・・・・死んでいった人たちに申し訳ないことをしたときに、戒めとして使う


 そんなことを学んでいるのではなく。

 ガラスに映ったおいらーえくすぷれす。

 もとい、ウィラーエクスプレス。

 このすばらしいピンク色旅客バス商売は、どんな発想から始まったのか。韓国フェリーともコラボしているし。
 もうけの神様、おいらにも、 おぼし飯を。


 このあとバスは、6時10分にパーキングを出発した。市内到着は6時半というところか。

 寝苦しいバスの旅は、いまいちだと思うが、テレポーテーションがいまだ出来ていない現代において、地点移動のみの手段は、これがえらく安い。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて。

 にいちゃんがトンキンから帰ってきて、農業の手伝いをしている。えらく助かる。

 来年の、黒中での教育実習のお願いついでの帰省。

 お願い先、実習担当の先生とは。

 聞けば、朱鷺子の担任。

 来年は、兄がまねまね教員で、妹が授業を受ける人になるかもしれない・・・ということだ。

 多少は面白い話だと思う。
[PR]
by kbmn37gnkds | 2012-09-19 08:16 | 木場のこと