「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2014 年賀



  
e0034554_1025226.jpg




   バイクにまたがり近県を荒らしまわること、風のごとく。

   田んぼに出没すること、トドのごとく。

   酒場を放浪、飲み歩ること、うわばみのごとく。

   アジア大陸、朝鮮半島に出かけること、やじきたのごとく。

   家にいること、酔鯨のごとく。


   衰えた関節には、CRCスプレーを吹き付けて。

   とろけた脳みそには、電気ショックを入れてやる。

   絆創膏で治らなければ、ガムテープを貼ってやり。

   それでもだめなら、溶接工場にいってくる。

   五臓六腑、キャブ(肺、心蔵)、排気管(腸、肛門)が壊れたら、よろこんで鍛冶屋にいって治してもらう。


   前半は、風林火山を、後半は、賢治をパクってみた。


   今年もよろしくお願いします。



          越後国いかのあし
  

   

.

   
[PR]
by kbmn37gnkds | 2013-12-31 23:50 | 家や家族のこと

万国・放置民の旅5・・・ぐっもーにん、ベトナム

 年明けからは、ベトナム編。

 エネルギッチゅなスクーター軍団。



e0034554_17304995.jpg


  「おんな、月光仮面」



 
e0034554_1732162.jpg



  「すは、△〇派、よど号のグループか」



 
e0034554_17332853.jpg



 「あおだいと書いて、アオザイと読む」

 これは、青罪ではないね。



 
e0034554_17462666.jpg


  「デカ夫婦か」

  「だいもん軍団の弟子か」



 
e0034554_17351822.jpg



 「ただ今、とり乗り中」

 トリプルという意味で、トリ乗り。

 5台に2台はだぶ乗り、とり乗りである。


 
 
e0034554_17395531.jpg



 「あさ読書」

 大事ですね。


 
e0034554_1740958.jpg



 「買わないよー」

 ちなみに、ベトナムでのあいさつは、

 「しんちゃーん」

 である。



 おまけ

 
e0034554_1749964.jpg
 

 

 うまし、散歩後の朝食。

 「ぐっもーにんぐ ベッナム!」

.
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2013-12-31 18:08 | 茶がらけ日記

万国・放置民の旅・・・顔顔顔

  ガンガンガンではない。

  旅のかおである。


  サワディカップ!

  シンチャン!

 外人風に、ヘロー!

          これで、十分である。


  
e0034554_1259621.jpg



   山本リンダ的目線で、挑発するお姉さん。



  
e0034554_12595114.jpg



   メガネスーパーバンコク支店のお姉さん。



 
e0034554_1304196.jpg



    コーナリング中の女学生さん。



 
e0034554_1312854.jpg



   子どもを使って、財布売りをはじめるおっ。かさん。


 

 
e0034554_1313622.jpg



   写真1枚、1000円だというおやじさん。




 
e0034554_1322955.jpg



  ゆで卵風メガネをかけて、踊っているおじさん。



  
e0034554_1351078.jpg



  「しつかりしろっ!」

  若い力。原動力。


   アジアのまなざし。


  
[PR]
by kbmn37gnkds | 2013-12-31 15:59 | 茶がらけ日記

万国・放置民の旅4・・・旅のちり、芥 アットバンコク

  バンコクの夜。

  バンコクの早朝。

  今回は、そんな写真である。



  
e0034554_15555019.jpg


  バンコクの夜。

  屋台のコーラ。


 
e0034554_167265.jpg



  バンコクの夜。

  屋台を開いている間、少年はテレビを見ている。


 
e0034554_16114252.jpg


  
  バンコクの夜。

 トコトコが、おいらを客にしたいと、熱い目線をおくってくる。

 それでは、ご希望にこたえて。

 バンコクの最後の夜、おいらたちは、近所のスーパーまで、みやげ物あさりののち、トコトコ乗りに挑戦した。

 作戦はこうだ。

 荷物もあるから2人づつ別れて、トコトコに乗る。

 ぼられないように、各組独自で、値段交渉をして、帰還すること。

 「宿まで歩いても10分、トコトコゲット開始!」

 「最初は、いくらからはじめるか?」

 Iりやまさんが聞いてきたので、

 「おれは40バーツ、約120円から」

 しかししかし。  
 
 2台止めても、敵の言い値100バーツから、いっこうに値が下がらない。

 Iりやまチームも、さっぱり駄目のようである。 

 「野郎ども、意外と強気らなー」 

 「よしっ」

 「勝負だっ」

 Iりやまチームが捕まえたトコトコに、

 「40バーツ、40バーツ、あわせて80バーツ、人間も4人乗せろ!」
 
 おいらは、バナナの皮をむくように、20バーツ紙幣を目の前で数えてやり、ホテルの名前をいっても通じないので、

 「おーけーおーけー、あいてぃーち ゆー ざうぇい とぅー」

 といい、勝手にのりこんで、

 「とにかく、みんな乗って!」

 なんとか、動き出した。

 大人3人が目いっぱいの客席に詰め込んだので、Iりやまさんは、消防隊員風の乗り方である。

 もっとも、Iりやまさんは、わが社勤務の出だしは消防隊員だったので、鉄の取っ手につかまる姿もそこそこで。

 曲がる場所では、大声を出して、手を指し出して。

 ホテルの入口に到着したときは、いちどう大拍手。

 「よくやった、青年」

 「ぐっとじょぶ、わんだふる」

  Iりやまさんは、チップとして、ポケットの2バーツコインを渡してやり。


 しかし実際の所、本当の値段は、いくらなのだろうか。

 地元の人が、80バーツ240円でタクシーに乗るとは考えにくいし。

 まあいい。

 トクトクなの、そんそんなのか、宿まで歩かずに戻れたのだから。


 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 朝の風景。

 ホテル近くのバンコク中央駅まで、散歩にゆく。

 5時過ぎ、まだ暗い。


 
e0034554_16583340.jpg


  バイクの人。


 
e0034554_16594841.jpg



  汽車をみがく人。


 
e0034554_1702438.jpg



  行き先の看板を見て。

  乗りたいなあー。

  マレー鉄道の終着駅バンコク。

  駅前の風景をインプットした。

  駅の構内をインプットした。

  駅前の、立ち食いそばも食べた。

  30バーツ。

  「サワディーカップ」

  あいさつも、普通にできるようになった。

  この一言と、両手を合わせるしぐさで、この国の人は、どんな人でも純真にもどることを知った。


  「今度は、マレー鉄道に乗ってバンコクじゃ」


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  おまけ。

 

 
e0034554_17115531.jpg


 
 「サワディーカップ」

 駅前食堂の娘さん。


 
e0034554_17133520.jpg


 
 「サワディーカップ」

 あげはん、油条のおじさん。


 
e0034554_17141635.jpg



 「サワディーカップ」

 たこやきやさん。


 
e0034554_17145034.jpg



 「サワディーカップ」

 女学生さん。


 
e0034554_17151749.jpg



 「サワディーカップ」

 親子なのか、へんな組み合わせ。

 みんな、「サワディーカップ!」




.
  


 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2013-12-30 15:33 | 茶がらけ日記

わが家の掃除・・今年編

  
e0034554_18472933.jpg


  妻殿が、お伊勢様、式年遷宮にいってお札をもらってきたので、お札おお入れ替えを実施した。

  したがって、数々の苦難を、なんとか乗り越えることができたお守りも、いっそひと思いに、切り替える。


   大宰府あんど北野天満宮。

   浅草、高野山のお寺タイプ。

   上杉神社、新潟県護国神社。


  ほんとうに、ありべでるち。

  わが家、本日大掃除。

  
  妻子は、京都で正月を過ごすため、おいらとばあちゃんが、質素におごそかに、年を迎える。


 ・・・・・・ベトナムにいってきたくせにと、神様、家人近隣たちが、口をそろえていうのが目に見えているので、黙って、喪に服す。

 

  


  
e0034554_1847584.jpg


  

  昨日、餅をついた。
  
  本日、餅を切る。

  娘の友だち2人が泊っているので、もたせてやる。

  年越しのもちだぞー。

(昨年あたりはこんな感じ)


(そのまた前、こちらへ)
[PR]
by kbmn37gnkds | 2013-12-29 18:54 | 家や家族のこと

万国・放置民の旅3・・・ステイ、インバンコク

 バンコク、市内観光。

 さてと。

 
e0034554_13142782.jpg



 
e0034554_13143945.jpg



  仏のあし、いかのあし。

  金の靴下をはいたやつ、イオンの靴下をはいたやつ。

  この、チャオプラヤ川の匂いは、鎧潟を源流にした農業用排水河川と、匂いも漂着物もそっくりである。

  「渡し船にのってぽー、ワットポー!」

 などと、だじゃれぬーぼーを発している、おいらである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 
e0034554_13295284.jpg



  仏像を盗る人、もとい捕る人、またもとい、撮る人。

  欧米、列強の人。


 
e0034554_1332730.jpg



  みやげものやに捕まる人。

  女子大卒業旅行に参加したお2人組み。

  毅然たる態度で、社会に立ち向かってほしい。

  経済の基本は、だます人とだまされる人しかいないのだ。



 
e0034554_13333186.jpg



  おいらのタブレットに、wifiパスワードを入れてくれた現地の娘さんたち。

 何度も、手間かけたー。

  Rかな変換になっていたので、うまくいかなかったということが、後でわかった。




 
e0034554_13435787.jpg



  神経痛なので、となりに若い青年がいたので、という二つの理由で、腰かけた。

  あやしげな、英語を駆使して、オーストリアのウイーン北部から来た、クリスチャンセンという青年だと分かった。

  はぶあないすでい。

  握手をした。


 写真を整理してみると、つくづく、観光地の観光施設を撮影した写真がない。



 なので、 おまけ。

 
 
e0034554_13484986.jpg



 
e0034554_13492580.jpg



  
  こんな、目線でありたい。

  本日、犬から猫へ。

  モノから人へ。




.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2013-12-29 16:11 | 茶がらけ日記

万国・放置民の旅2・・・アライブド、アットバンコク

 
 いよいよ、開始である。

 寝て起きて、1日目は、アユタヤ遺跡までの観光である。

 さて、めぼしい写真はっていうと・・・・・。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昼の部、アユタヤにて。


 
e0034554_12412074.jpg



   蓮の花。20バーツ。献花用。

   寝て、お金をかせぐ仏像にて。


 
e0034554_12435145.jpg
 


   その前で、寝ている犬。

   真似して寝ているだけか。

   「ご利益がある犬か、なんか、いいことがあるのか」

   なっしんぐ。


 
e0034554_1244321.jpg



  塔があると、登ってしまう、哀しい日本人。

  合掌までしてしまう、門徒的、新潟県人。

  なんにも意味がない、なっしんぐ。


 
e0034554_12483117.jpg



 「苦悩してまっかー」

 「それとも、かなしばりでっかー」

  やはり、寝て過ごしている犬。

 
 
e0034554_12455618.jpg



 「なんかー、あんかーおい」

 ちょつとだけ、楽天のマーくんに似ている犬である。



 
e0034554_12532688.jpg



  少しは、説明をきけっ!

  その前に、寝ている犬である。


 
 
e0034554_131443.jpg


 姉妹で参加し、積極的に社会科を学ぶ人たち。

 年齢、わが家の兄ちゃんと同じ、妹は、朱鷺子と同じである。

 大と中、つまり大学生と中学生の姉妹である。

 国際的マナーを是非学んでほしい。

 
e0034554_1332362.jpg

 




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 バンコク、夕方の部。

 ひとり、街歩き。

 
e0034554_1232036.jpg


 金の玉を祭っているのかなあ―・・・


 
e0034554_124033.jpg



 トコトコノ、ウンテンシテミタイナア・・・・



 
e0034554_1243023.jpg



 魚というものは、丸ごと、塩を振って、口の中、腹の中に草をつめて、アブルのかー・・・・


 
e0034554_12304350.jpg



 あじあ人、あいかわらずイージーな運転スタイルだのし・・・・・


 などなどと。


 庶民を見ながらの散歩は、ホントに楽しいのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そしていよいよ、なうれっつ。

 「よしっ、ここに、はいるひっとらー!」

 「暗号名は、トラトラトラ」

 この日のために、日本では床屋に行かずに我慢してた。

 鏡の前で、パシャッ!

 「70バーツ、210円で散髪顔そり、完成なり、まあまあ うっとり」

 アジアでは、床屋に行くことにしている。

 けして、トラトラトラ刈りにはならないと、保障する。

 
e0034554_12165681.jpg



 (前回、ふりぴんの床屋はこちら)




 夜の部にて。

 タイの民俗舞踊ショーに連れられて行く。

 格安ツアーの宿命というべき、強制連行。

 それでもそこそこ、楽しまねばなるまい。



  
e0034554_11351598.jpg




  
e0034554_11334023.jpg

 

  「かもなじょいん あす!」

  みんなが、ステージに上がれという。

  踊りだし、佐渡おけさのような流れで、手足を動かして。

  酔っ払いの、農業視察団体のように、ふるまう。  



  踊れといえばおどり、笑えといえば笑う。

  少しは恥ずかしがればといわれれば、そうだなあとつぶやく。

 
  人間、常に、からになれ。

   簡単に、踊りだせる人でありたい。

  「さんきゅーえぶりわん!」

 ステージで、簡単に、最後の謝辞を述べられる男でありたい。




  おまけ。

   
e0034554_11485130.jpg


 日中、アユタヤの遺跡にて、さてバスからおりるとパシャリ。

  戻ってくると、皿になっているおいらたち。


   ふーいずひー?

   ひーいず 笑っている

笑いの進行形、実践中のおいらである。


.
.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2013-12-28 17:40 | 茶がらけ日記

万国・放置民の旅1・・・出発の夜は

 
e0034554_939279.jpg



  おっとっと。

  こんな写真は、まだ早い。


  旅の始まりは、京都から。

  なんたって、新潟、大阪伊丹、京都宿泊後、わざわざ関空という日程なのだから、まだ、彼地、駅前の立ち食い食堂の写真は、いささか早い。

 さてと、何から手をつけるべきか。
 


 
 
e0034554_9421335.jpg



   まずは、こんな人たちと、こんなお店で。

   60歳の今年、わが社退職者、Iりやまさん、

   わが社はるか退職者、mやまさん、77歳。

   場違いにうるさいので、今回あまり記事にしたくないのだが、とりあえずKはらさん。

  (以前の登場はこちら、釜山のKはら)


  (以前の登場、フリピンのMやまさんの写真から)


 

 ということで、鹿島立ち、その前に、とことん、和食をきわめる写真から。

 
e0034554_9484423.jpg



 
e0034554_949275.jpg



 夜の〆、寿司屋では、新鮮なネタとともに、地酒。

 酒は、豪快。

 ・・・・などと、徳利に書いてあるが、伏見工場、松・竹・梅の庶民向けをいただいている。

 
 寿司とか、豪快日本酒といっているが、実は経費節約のため、最初の1軒目は王将にいって、一同、腹ごしらえをしてからなので、出費は少ないのである。

 「王将の社長、撃たれちゃったし、犯人まだだし、喪に服し、おれたちも、静かに乾杯すべし」

 と、いいつつ、1時間も酒盛りをしてしまったおいらたちだった。

 すこし、わちゃわちゃと、声を出してしまった。

 反省である。


 また下の写真。

 京都市内の うにぞーホテルの朝食はというと。

 バイキング方式なので、通常のおいらは、洋食→和食と攻めるのだが、質素にもパレットには和のみ。

 ただし、ライスは豪快なてんこ盛り。

 「ホワイトライス、ホワイトハウス、こちらチェックメイトキングツー」

 「旅は始まった、繰り返す、旅は始まった」

 「了解」

 旅の気分を高めるために、「洋抜き」をするのである。

 ただし、言語は鼻っから多国籍にあやつりたいので、この時点で、おいらはでたらめ英語を使い始めているのである。



 おまけ。


 
e0034554_9461639.jpg


 錦市場の、害人向け、もとい外人向けディスプレイ。

 国際観光都市ゆえに、ごったがえす場所。

 中国系、韓国系が多いこと、わちゃわちゃ。

 ま、ありがたい観光客ではある。

 ここ錦は、京に向かうと、なぜか、おいらまでも、行きたい場所である。
  


.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2013-12-27 17:37 | 茶がらけ日記

アジア歴訪から帰宅

  
e0034554_2012761.jpg




  
e0034554_2011242.jpg



  かんばつく ひあー


  日本酒、漬け物、日本語。


  などをおなかに入れながら、写真を整理中。


  兎に角、帰ってきました。


  トクトクのエンジンは、アジアの純真・・・ですね。


 ベトナムホーチミン、タイバンコク。


 決定的な違いは、街にクラクションがあるかないか。

 イギリス領か、フランス領だったか。 

 途中に共産、コミュニケーション課程を経たか否か。


 いろいろとある。


 とりあえず、一時帰宅しました。



e0034554_20145520.jpg



  ちゃおぷらや川の、いかのあし。




.    
[PR]
by kbmn37gnkds | 2013-12-26 20:17 | 茶がらけ日記

脱日者となります。

 万国、放置民、いすせれもアジアの中心都市を訪ねてきます。


  帰宅は木曜日。

 例によって、探さないでください。

 (2010年正月の脱走はこちら)
[PR]
by kbmn37gnkds | 2013-12-21 07:31 | ブログ運営管理