「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

韓国訪問2014・・・その5 しめの写真集


 
e0034554_711076.jpg



  乾杯!

  橋をくぐったので。

  という理由。



 
e0034554_72933.jpg



  乾杯!

  釜山の食堂で飯が食えたので。

  という理由。



  
e0034554_734166.jpg



  乾杯!

  デッキのテラスで、ぜいたくな時間を過ごせたので。

  という理由。




 
e0034554_745059.jpg


  乾杯!

  京都の町でまたまた、飲めたので。

  という理由。


 なんだかんだで、そんなおやじである。

 こんなおやじである。


 
e0034554_754974.jpg


 京都四条河原町にて。


 今回の旅。

 夜行高速バス京都へ
 パンスターで釜山へ
 京都から青春18で

 胃袋には、
 京都で朝昼、帰りの京都で昼夜
 船の中で朝夜朝夜
 釜山で昼夜朝昼
 汽車で朝
 金沢で昼
 
 ざつと5万円の旅だったな。


 (おわり)

.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2014-07-30 07:11 | 茶がらけ日記

アッチェ


 
e0034554_713135.jpg



  あっちぇーなー




 
e0034554_715814.jpg



  水難事故防止とたまには沐浴ということで、どぼん。

  きもちいーろがー

  毛が生え換わり中であるため、新旧の毛でふさふさしている。。
 
  勝手な理由であるが、チューを川に投げ込んだ。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・


 
e0034554_735042.jpg


 仏具磨きをした。

 ときこにさせていたが、丁寧なのですすまない。

 おかあさんには、庭掃除という労働を与えた。

 ドラム缶から、すこしでも汗をかかせるためだ。


 勝手な理由であるが、我が家、お盆を迎える準備中である。


 画像中央に、あさはら風の裸体が、カメラ向けているのが見えるだろうか。

 不謹慎ながら、まっぱで仏間をうろうろした。


 
e0034554_772825.jpg


  なむだぶつ・・・



.

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2014-07-29 07:10 | どうでもいいこと

韓国訪問2014・・・その4 上陸後の目線

 
e0034554_7533286.jpg


 「釜山の人にみんなが助けられたんだー」

 「わたしより若い者は、みんなそんなことを忘れている」

 船で出会ったウーさんの話。

 60年前、朝鮮戦争で北朝鮮と中国連合軍に追い詰められて、韓国人の多くが避難して暮らした街。

 「釜山は、みんなの心のふるさとさー」

 ウーさんは元公務員だったが、パククネさんの父親が暗殺されて、ガラリと民主化宣言されたときにクビを切られたという。1979年のこと。
 その後は紆余曲折、いまも・・・・・・。

 さて、そんな話をもって釜山では。


  
e0034554_756191.jpg


  はたらくクルマ、はたらくヒト。


  
e0034554_7571068.jpg



   はたらくバイク、はたらくヒト。

  過積載の貨客船の原点は、ここにあると思う。



  
e0034554_7581634.jpg



  
e0034554_7585653.jpg


  屋台を引いている人、くだものを買う人。

  魚屋さん店頭よりは、多少しずかな交渉風景である。

  しかし、向き合って物を売る男性の顔つきでは、けしてないような気がする。




 
e0034554_804569.jpg


 
 
e0034554_81195.jpg

 
 大好きな、ザバ食堂。

 このおねえさんに、ふりかえられて、にらまれて、

 「はい、うむをも言わさず、ご入店ーん」

 おいら。

 なにしろ、両腕に、ウエスタンラりアートする準備している。

 
e0034554_824116.jpg



 
e0034554_83483.jpg



 生きたまま送られてくる鮮魚、これはまちがいなくさしみ。

 カチンコチンを道に投げつけて、割られてフライになる魚。



 
e0034554_851575.jpg


 
e0034554_855085.jpg


 
e0034554_862366.jpg


 胃袋に入る食材たち。


  元気・活力供給源 釜山に乾杯。




 参考までに、うーさん。

 
e0034554_7542866.jpg




 参考までに、宿屋でのんびり読書の、おいら。

 
e0034554_754061.jpg



 .
[PR]
by kbmn37gnkds | 2014-07-27 08:08 | 茶がらけ日記

韓国訪問2014・・・その4 胃袋のえさたち



 多少、汚いけれど、食べたもんをのせておく。


 
e0034554_651249.jpg


 まずは、おしながき。

 チャガルチで。



 
e0034554_6515269.jpg


 京都、三条、外人が多いパン屋のモーニング。

 かつこいいー。 あさめしではなく、あさパン。



 
e0034554_653144.jpg



  船内。下品な晩酌。

  枝豆、なす漬け、地酒持参、たらたらと飲み続ける。


 
 
e0034554_6535698.jpg



  甲板。下品な夜食。

  腹に詰められるものとして、投入する。

  ノンダクレルてるからこんなもんだ。



 
e0034554_6554612.jpg
 


 
e0034554_655593.jpg


 釜山上陸、ウエルカムランチ。

 サバていしょ、4000ウォン。しょっぱっ。




 
e0034554_6574721.jpg



 豪華、ディナー、国際市場の食堂にて。
 
 売店なーコーナーのあるじが、通りの客を眺める風景がえらくよい。

 
 
e0034554_702477.jpg


 てんぷらを買う人たち。

 

 
e0034554_712846.jpg


 この日のしめの冷麺。



 こけこっーこー夜が明けて。



 
e0034554_722413.jpg


 がっつり朝定食。

 市場労働者が食べる食堂で、6000ウォン。

 食いきれねー、おれさえも。



 
e0034554_744089.jpg



 
e0034554_754014.jpg


 釜山最後のランチは、血の池冷麺。

 なんぽどんの手打ち蕎麦屋にて。

 したの写真のにいちゃんがコックさん。

 まさに、おいらの麺が、煮えた湯の中に打ち出されるところ。

 この写真で、本場手打ちということがわかる。





 場面変わって、最後ははんなりる。


 
e0034554_783567.jpg



  京都、建仁寺おく。

  割烹料理、店主。

  友人金太の後輩である。

  酔う前にいかなきゃあ・・・・・・・


 (釜山の人間たちにつづく)


 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2014-07-25 18:50 | 茶がらけ日記

韓国訪問2014・・・その3 風景を思う

 
e0034554_2222372.jpg



 最初の橋。

  カメラ目線、まだ、飲んでいない。


 
e0034554_2223142.jpg



  2番目の橋。

  ほろよい横町になってきた。



 


  
e0034554_22295360.jpg


  3番目の橋。

  酔いが回っている。

  どうでもよい。


 
e0034554_22241337.jpg


  4番目の橋。

  撮影不能。

  夜に対応する元気がない。

 

 
e0034554_22244767.jpg



 釜山の橋。

 東京湾にかかる橋の真似か、べブリッジ。





 はしはしはし。

 こんな豪華な航路、ないんじやないの。

 北海道航路も佐渡航路も、橋をくぐるなんてことがなく。


 おまけ。

 
e0034554_2227652.jpg


 血の池の箸。


 最後はどうでもいいとして。




 
 弘法大師の予言をかなえたいと思った人が、こんなにかけちゃったのよと、自慢したいのか。


 まあ、風景に事欠かない船である。

 そうかといって、船旅に興味がない人からみれば、片道19時間の航海は、後悔の何ものでもない。


 飲んで。

 しゃべって。

 寝て。

 風呂に入って。

 こりゃあ、現代の湯治だね。



つづく

.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2014-07-24 18:46 | 茶がらけ日記

韓国訪問2014・・・その2 船上カメラマン


  日本と韓国を行き来して、見たこと感じたこと。


  
e0034554_21334964.jpg



  なぞの目線で。


  
e0034554_21342618.jpg


  
 なぞのハワイアン。

 船で、フラダンス講習会を開催していた連中。

 いでたちがハワイアン。

 よくわからんが、ふらふら、もといフラを教えていながらも、旅を楽しんでいた。



 
e0034554_2136550.jpg


 謎の女。

 謎すぎて、話しかけず。なんたって、黒装束。


 
e0034554_21364461.jpg


 謎の女、帰りの船で、おんなじ人。

 こんどは、白装束。

 と、おもいきや、翌朝には、ストッキングが、右足が白、左足が黒。


 ツートーンで歩き回っていた謎の女である。




 
e0034554_21385586.jpg


 なぞのインド人。

 お金持ちそうなインド人である。

 勝手に、インド人と決めつけている。


 
e0034554_2139555.jpg



  謎の男。

  100円で買ってきたサングラスをして、違和感を醸し出している。


 
e0034554_21423942.jpg



  謎の男。

  足である。

  今回は、幸せの黄色いサンダルをはいている。


 ところで。

 謎の男は、人間観察が趣味らしい。

 謎の男は、風呂場で、韓国人と日本人の決定的違いを発見した。


 風呂から上がった後、脱衣場でのこと。
 
 韓国人は、なんと、ドライヤーをチン毛に向けて、ふわふわあてた後、またを開いて、下から玉あぶりをはじめたではないか。

 「けつ毛乾かしてんのかー・・・」

 「まじかよー」

 不思議に思い、謎の男は、次の韓国人を観察した。

  頭の毛を乾かした。

  そのドライヤーを脇毛に持ってきた。

  「ブヒャー」

  しばらく見とれていた。
 

  韓国人のドライヤー使用時間は、倭人の倍である。

  ありとあらゆる毛を乾かすのである。

  ゲストハウスのカーテン越しに、隣の青年ときたら、やたらシャワーが長い。

  「こいつも、あぶり玉やろーだなっ」

  謎の男は、誓った。

  「ドライヤなんぞ、くそくらえ」

  なんたって、謎の男は、タオルではなく、旅用には、台ふき用の正方形のふきんしか持っていないのである。

 
  なので、すぐ乾くから、邪魔にならないのである。

  なので、背中は洗えないのである。


  それでも謎の男は、旅慣れしていると、自負しているようである。



 
e0034554_21563772.jpg


 休日の親子らしい。

 背の高さがちょうどよくて。

 「そ・ふぁ・み・・・れどー」

 れどーで、シャッターを切って、橋をくぐる瞬間を楽しんでいる。



  謎の男は、船上カメラマンを楽しんでいるようだった。

 こんなことをして、写真を張り付けていくと、ブログも霧がないので、やめておく。



 つづく。

 そふぁみれどー・・・・



.
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2014-07-23 22:00 | 茶がらけ日記

韓国訪問2014・・・その1


 
e0034554_22354276.jpg



  今回の韓国訪問を連合赤軍風の言葉、総括していえば、


  のんびり湯につかり。

  昼と朝に入浴したので毎日2回、身を清めたので、湯治的な足袋、もとい旅。




 
e0034554_22381219.jpg



 
e0034554_22375324.jpg


 おかで飲んで、船で飲んで、読書で飲んで、人と飲んで。

 などの、ノンダクレル足袋、もとい旅。




 
e0034554_2239952.jpg




 
e0034554_22391980.jpg


 京都を起点に、大学生の娘とモーニングをして出発し、帰国後は京都の友人と飲み。

 人の様子を見に行く足袋、もとい旅。


 
 
e0034554_22453481.jpg



 
e0034554_22455023.jpg



 
e0034554_22461094.jpg



  あかとうがらしに、どっぷり浸かり。

  なんだかんだ、散歩してきたーという旅であった。



 (とりあえずダイジェスト、以降に続く)





.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2014-07-22 22:47 | 茶がらけ日記

ちまたから逃げ出すやつ。

 
 
e0034554_18522089.jpg



 「なんだあー」

 田んぼの水の落とし口に、異物。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  「新潟県弥彦村にカミツキガメが・・・・」

 「凶暴な外来種なので、見つけたら警察に届けるように」

  ニュース報道とともに、上記などなどのお達しがでている。


  からか。




 
e0034554_18533855.jpg



 
e0034554_18534980.jpg


 「ばかか」

 「おまえは、ただのくそがめじゃんか」

 「逃げ隠れしなくともよい」


  「あまりにも、もっこりしているから、ガラパゴスゾウガメかと思ったよ」

  「たしゅけてやるよ、はいドボン」

 排水路の泥の中に、松坂様、もとい、まっさかさまに突き刺さっていった。


       ♪ 昔々浦島は、助けたカメに連れられて

                   竜宮城に行ってみれば

                          天にも見えない美しさ ♪


  今晩から、京都大阪釜山の旅に出る。

  「おまえ、助けたんだから、しっかり旅を楽しませてくれよな」


 ・・・・・・・・・・ということで、いつもの文句。

   探さないでください。



 (カメラが9年前の機種ゆえ画像は二の次)


.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2014-07-17 19:00 | どうでもいいこと

7.15ひょろのび

  
e0034554_6565817.jpg


  生育状況。

  分けつはほどほどによし。

  ひょろけた葉が伸びてきた。元肥料追肥料一発タイプの追肥がきいてきた。

  やばい。緑色が濃い、つぶれる。(昨年はこちら)


  昨年やられたイネツトムシの成虫が1匹飛んでいた。

  やばい。葉っぱ食われる。(昨年はこちら)

 
 ふたつのやばいが襲ってきた。

 草との戦いは、休戦条約をむすび、田んぼを精いっぱい干す。



 

 
e0034554_6571042.jpg


  農道を走る、おいらのバイク。

  農業経費に入れるべきか。

   あほか。

.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2014-07-16 07:06 | 農作業日記

はにかむ構造、農業について



  
e0034554_2164797.jpg



  思うに。

  農業にかかわる予算というのは、常に「二の次」である。

  輸出の花形、クルマでもハイテクでもなく、国内向けの高齢者施策の内需しかなく、常に、余った予算とかを見込んで、
 「なんとなく雨降らし」予算を使っているようだ。

 内情を多くは語れないのはこれ、おいらにとっては職業柄なのだが、あまりにも、できの悪い上から下への、間違ったユートピア施策に見えている。

 写真のイメージ、♪ でいえば、おゆうぎ。


「そっとのぞいてみてごらん」「そっとのぞいてみてごらん」

 「みんなでお遊戯しているよ」

 的に、食い物作る人と買う人側の真中にいると、茶番、お遊戯に見えてしまう。
 



  
e0034554_217565.jpg



  整然と、はにかんでいる。

  ハニカムという語源は、ハチの巣・・・らしい。


  予算がついたら工事するからという、品物がKひらかたの田んぼに届いていた。



.
[PR]
by kbmn37gnkds | 2014-07-14 21:20 | いきどおり意見広告