祭りの日に稲を刈る人


 
e0034554_8353194.jpg


  祭りの前に稲を刈ると、ろくなことがない。

  ・・・・・・と、村人は言う。

 そうだよなあ。

  ・・・・・・とおいらも思う。

 お祭りに、朱鷺子を連れてゆく。

 ゆかたを着て、ともだち3人で待ち合わせということだ。

 おいらも神様の前で祈る。

 社本殿にて、五穀豊穣家内安全大願成就

 忠魂社にて、ご先祖様たちありがとう

 白龍様にて、商売繁盛無病息災

  最後に。
 祭りの日に稲刈りをしてしまいました・・を報告し、五穀豊穣コメの等級と値段を祈る。


 
e0034554_8354842.jpg



  追伸

 村の演歌歌手、愛123さんに加え、村から出た人の娘さんがアイドルになって東京で旗揚げし、村祭りに登場した。
 近藤網さんという。
 それをちら見にステージに向かうと、埼玉のおじさんがいるではないか。
 明日、北海道いくからおばさんのところに来た・・という。

 そういえば、 前にそういってたな。
 しかし、偶然。

 「おまえも、村の顔なら酒ださんねんかー」

 「はーい」

 テントの中の、見かけた顔に、

 「埼玉からおじさんが来た、もともと木場もんだから、お神酒2つ頼むさー」

 しばらくすると、本殿から一升瓶がとどいた。

 「いやーありがとうございます」

 顔がたった。

 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2011-09-04 08:52 | 木場のこと
<< 日本中の濁流を見ていて 台風前、稲刈り前 >>