なしをぶつ相手

 旅に出るということは、出会いを求めるということだ。

 たとえば。


 
e0034554_2056052.jpg


 開店前の道の駅。

 だんこを見て、きれいだと思い。

 ついでにキムチ売りのアガシ(いや、おばさんか)と世間話をして、韓国釜山の話をして。

 「おくさん、このひと、1人で釜山行かせたら絶対、ため」

 「男たち、悪い遊びしかしない」

 ・・・・アガシ嬢。

 「そうかなあ、釜山って、そんなにいいところなんだー」

 ・・・・おいら。

 
e0034554_21102487.jpg


 たしかに、ソルビンさん臭さと塩辛くないキムチはうまかったよ。
 
 

 たとえば。


 
e0034554_2112192.jpg


 
e0034554_2112295.jpg



 野草を凝視したり、背景に気を使ったりしながら、散歩を楽しみ。

 ついでに、田んぼ仕事しているばあちゃんに話しかけて。

 「そんげ、難儀な仕事、機械に任せればいいがんねー」

 畔際のべとをはねている様子を見て、おいら。

 「昔からのくせらんさ、しねばしねで、いんだれも」

 「おめさん、写真とって、なんかのコンテストに出すんねー」

  ばあちゃん。

 「いや、そういう人は、桜の木と汽車の写真撮ろって、寄ったかってるがね」

 「おれ、百姓がひまで、温泉に入りに来たんさ」

 しばし、世間話。


 「おめさん、白根あたりらかねー」

 「どきっ」

 「そのとなりらへん」

 「わかるもんらかね」

 おいら。

 「村ね、白根から嫁に来たのがいてさ」

 ばあちゃん。

 「人間、縁があればどこでもらね、あははははー」


 
e0034554_21224329.jpg





 またまた、たとえば。

 
e0034554_21231271.jpg



 
e0034554_21232838.jpg



  石碑を見て、看板を見て、歴史を感じて、旅というのは。


  なしをぶつ、話をする相手探しなのである。


  比較的、おいらは、話し相手に恵まれる方である。


  すきだらけの構えであるから・・・なのである。


 (緑の日のこと)


 (さて去年の今ごろは)

  
[PR]
by kbmn37gnkds | 2013-04-30 21:29 | どうでもいいこと
<< 鬼平に、見張られそうな、しのぎ 草でも食わせるさっ >>