村の普請2009



 日曜日。
 村人こぞりて人海戦術の人民軍、村普請でした。
 昨日の二日酔いもあっという間に吹き飛ぶ重労働、どんなに言葉を並べても「なんぎさ」はわからないので、写真だけ並べて終わります。

 
e0034554_20511981.jpg
 

  「眠そうな かわず起こして 春は来る」

  この写真を、わが社3階の歌姫に送ったら、たちまち詠んでいただいた一句です。

   のつそりと手足を伸ばした後、まだまだ寝ていたいという訴えのまなざしです。
   
  村人Aから、
  「くのすけや、もいっぺん戻しておいてやれやー」
  ・・・・はーい。


  
e0034554_20581413.jpg


  いぶし銀の古老。
  姿かたち、しぐさふるまいがすべて出来上がっている。
  午前10時の一服にて。



  
e0034554_20595090.jpg


  3号クリークにて作業中の面々。



  こうして今年の一大イベントのひとつが終わった。
  集会場での慰労会も例年通り、ぐだぐだと終わった。


  
 
[PR]
by kbmn37gnkds | 2008-03-17 20:57 | 木場のこと
<< たいして期待はしてないけれど。 PTAの卒業旅行 >>